忍び寄る「新型コロナ離婚」 彼はあなたを守ってくれますか

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-05-12 04:16
投稿日:2020-03-21 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この3月11日で、東日本大震災から9年という月日が経ちました。歴史的な大災害を乗り越えて絆を深めた夫婦がいる一方で、パートナーの男性に失望した女性も少なくありませんでした。そんな状況を受け、一時的にグーグル検索ワードの上位に上がったのが、「震災離婚」です。

 人は、極端な環境の変化や極限のストレス状態に置かれると、ホンネや本性が現れます。苦難を一緒に乗り越えようとする強い男性の姿に惚れ直す女性もいましたが、信頼感を欠くような男性の言動があると、女性の失望は大きく、パートナーとの関係を見つめ直す女性もいて、震災離婚が起きたのです。

 その点を踏まえると、気になることが。新型コロナ騒動による夫婦、男女の溝が深まらないかということ。そう、「新型コロナ離婚」です。

家事をしない在宅勤務夫への不満

仕事と育児だけで手いっぱいなのに夫の世話まで…(写真:iStock)
仕事と育児だけで手いっぱいなのに夫の世話まで… (写真:iStock)

 一部に再開の動きがあるにせよ、全国ほとんどの小中高校が休校に。大手企業を中心に在宅勤務も広がっています。休校と在宅勤務で、家族全員が自宅にこもっているのです。

 コロナ騒動がなければ、長期休暇に入った子供は友達と出かけたり、部活があったりして外出しますし、病気の子供の看病などで、夫婦のいずれかが在宅勤務をしたとしても、もう一人は出社します。

 家族全員が自宅にいるというのは、きわめて異例かもしれません。今は、毎日がお正月みたいなものです。家庭がある女性にとって、お正月は朝昼晩、家族の食事の用意に追われ、休む暇がありません。そんな状況が今なのです。

 子供はともかく、「在宅勤務」をタテマエに、夫に「お腹すいたな。簡単なものでいいから、チャーハンとかさ。申し訳ないけど、お願いしていい?」なんて言われたら腹が立ちます。

「簡単なら自分で作ればいいでしょ。申し訳ないと思うなら、自分でさ。私だって在宅勤務なんだから!」

 常連の相談者が先日、そんなふうにグチっていました。夫婦とも40代前半で、小学生の娘が一人います。夫婦はともに在宅勤務で、条件は同じなはずです。ところが、料理が苦手な夫は、しれーっと食事の要求をするそうです。

「フィフティーフィフティーで家事と育児を夫婦で分担している家庭があるなら、見てみたいですよ」

 その相談者の夫は、昼に娘の勉強を見る程度で、自分の役目を果たしたと思っているらしく、「オレは仕事があるから」とリビングでパソコンに向かうそうです。「私も仕事があるんだけど」と相談者がムッとするのは無理もありません。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ