忍び寄る「新型コロナ離婚」 彼はあなたを守ってくれますか

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-05-12 04:16
投稿日:2020-03-21 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この3月11日で、東日本大震災から9年という月日が経ちました。歴史的な大災害を乗り越えて絆を深めた夫婦がいる一方で、パートナーの男性に失望した女性も少なくありませんでした。そんな状況を受け、一時的にグーグル検索ワードの上位に上がったのが、「震災離婚」です。

 人は、極端な環境の変化や極限のストレス状態に置かれると、ホンネや本性が現れます。苦難を一緒に乗り越えようとする強い男性の姿に惚れ直す女性もいましたが、信頼感を欠くような男性の言動があると、女性の失望は大きく、パートナーとの関係を見つめ直す女性もいて、震災離婚が起きたのです。

 その点を踏まえると、気になることが。新型コロナ騒動による夫婦、男女の溝が深まらないかということ。そう、「新型コロナ離婚」です。

家事をしない在宅勤務夫への不満

仕事と育児だけで手いっぱいなのに夫の世話まで…(写真:iStock)
仕事と育児だけで手いっぱいなのに夫の世話まで… (写真:iStock)

 一部に再開の動きがあるにせよ、全国ほとんどの小中高校が休校に。大手企業を中心に在宅勤務も広がっています。休校と在宅勤務で、家族全員が自宅にこもっているのです。

 コロナ騒動がなければ、長期休暇に入った子供は友達と出かけたり、部活があったりして外出しますし、病気の子供の看病などで、夫婦のいずれかが在宅勤務をしたとしても、もう一人は出社します。

 家族全員が自宅にいるというのは、きわめて異例かもしれません。今は、毎日がお正月みたいなものです。家庭がある女性にとって、お正月は朝昼晩、家族の食事の用意に追われ、休む暇がありません。そんな状況が今なのです。

 子供はともかく、「在宅勤務」をタテマエに、夫に「お腹すいたな。簡単なものでいいから、チャーハンとかさ。申し訳ないけど、お願いしていい?」なんて言われたら腹が立ちます。

「簡単なら自分で作ればいいでしょ。申し訳ないと思うなら、自分でさ。私だって在宅勤務なんだから!」

 常連の相談者が先日、そんなふうにグチっていました。夫婦とも40代前半で、小学生の娘が一人います。夫婦はともに在宅勤務で、条件は同じなはずです。ところが、料理が苦手な夫は、しれーっと食事の要求をするそうです。

「フィフティーフィフティーで家事と育児を夫婦で分担している家庭があるなら、見てみたいですよ」

 その相談者の夫は、昼に娘の勉強を見る程度で、自分の役目を果たしたと思っているらしく、「オレは仕事があるから」とリビングでパソコンに向かうそうです。「私も仕事があるんだけど」と相談者がムッとするのは無理もありません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ
FILM
 同棲を始める時には、誰だって幸せな生活をイメージするものです。中には、結婚前提で同棲をスタートさせる人もいるでしょう。...
恋バナ調査隊 2020-07-27 06:00 ラブ
FILM
 メリ様こんにちは! いつもSNSやブログ、そして、何度も本をリピ読みさせていただいております! 私もひとつご相談をさせ...
神崎メリ 2020-07-26 06:00 ラブ