忍び寄る「新型コロナ離婚」 彼はあなたを守ってくれますか

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-05-12 04:16
投稿日:2020-03-21 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この3月11日で、東日本大震災から9年という月日が経ちました。歴史的な大災害を乗り越えて絆を深めた夫婦がいる一方で、パートナーの男性に失望した女性も少なくありませんでした。そんな状況を受け、一時的にグーグル検索ワードの上位に上がったのが、「震災離婚」です。

 人は、極端な環境の変化や極限のストレス状態に置かれると、ホンネや本性が現れます。苦難を一緒に乗り越えようとする強い男性の姿に惚れ直す女性もいましたが、信頼感を欠くような男性の言動があると、女性の失望は大きく、パートナーとの関係を見つめ直す女性もいて、震災離婚が起きたのです。

 その点を踏まえると、気になることが。新型コロナ騒動による夫婦、男女の溝が深まらないかということ。そう、「新型コロナ離婚」です。

家事をしない在宅勤務夫への不満

仕事と育児だけで手いっぱいなのに夫の世話まで…(写真:iStock)
仕事と育児だけで手いっぱいなのに夫の世話まで… (写真:iStock)

 一部に再開の動きがあるにせよ、全国ほとんどの小中高校が休校に。大手企業を中心に在宅勤務も広がっています。休校と在宅勤務で、家族全員が自宅にこもっているのです。

 コロナ騒動がなければ、長期休暇に入った子供は友達と出かけたり、部活があったりして外出しますし、病気の子供の看病などで、夫婦のいずれかが在宅勤務をしたとしても、もう一人は出社します。

 家族全員が自宅にいるというのは、きわめて異例かもしれません。今は、毎日がお正月みたいなものです。家庭がある女性にとって、お正月は朝昼晩、家族の食事の用意に追われ、休む暇がありません。そんな状況が今なのです。

 子供はともかく、「在宅勤務」をタテマエに、夫に「お腹すいたな。簡単なものでいいから、チャーハンとかさ。申し訳ないけど、お願いしていい?」なんて言われたら腹が立ちます。

「簡単なら自分で作ればいいでしょ。申し訳ないと思うなら、自分でさ。私だって在宅勤務なんだから!」

 常連の相談者が先日、そんなふうにグチっていました。夫婦とも40代前半で、小学生の娘が一人います。夫婦はともに在宅勤務で、条件は同じなはずです。ところが、料理が苦手な夫は、しれーっと食事の要求をするそうです。

「フィフティーフィフティーで家事と育児を夫婦で分担している家庭があるなら、見てみたいですよ」

 その相談者の夫は、昼に娘の勉強を見る程度で、自分の役目を果たしたと思っているらしく、「オレは仕事があるから」とリビングでパソコンに向かうそうです。「私も仕事があるんだけど」と相談者がムッとするのは無理もありません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ