離婚を防ぐには? やってはいけない5つのNG行動&対策方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-30 06:14
投稿日:2020-04-30 06:00
 好きな人と結婚したら、「最期まで一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、突然相手から離婚を突き付けられるなど、あなたの思いと反することが起きることもあります。離婚を防ぐためにやってはいけないNG行動と対策をご紹介します。

離婚を防ぎたい時にやってはいけない5つのNG行動

配偶者から離婚を突き付けられた(写真:iStock)
配偶者から離婚を突き付けられた (写真:iStock)

 相手から突然「離婚したい」と言われれば、驚きますし動揺もするでしょう。もし、あなたに離婚の意思がなければ、回避するための努力が必要です。まずは、離婚を防ぎたい時に注意したいNG行動をご紹介します。

1. 感情的になって話をする

 女性は男性と比べると、喧嘩のたびに感情的になってしまう人が多いでしょう。その場の勢いで、ひどいことを言ってしまう人もいるはず。しかし、相手が離婚したいと迫ってきている時に感情的な対応をしてしまえば、余計に相手の気持ちを冷めさせてしまいます。

2. 距離を置こうと別居する

 離婚したいと考えている男性の中には、「まずは別居して、距離をおいて冷静に考えよう」と提案してくる人が少なくありません。「いったん冷静に考える」というのは悪いことではありませんが、別居という形はNG。

 なぜなら、別々に生活をすることで、余計に離婚が現実的になってしまうため。もちろん、中には別居から修復できる夫婦もいますが、一般的には別居は避けた方が無難です。

3. 子どもを理由に離婚を拒む

 離婚を切り出された人の中には、お子さんがいる人もいるでしょう。そんな人は、突然の離婚話に「子どもがいるのに……」と、お子さんを理由に離婚を拒む人が多くいます。

 確かに“子はかすがい”と言いますが、離婚したいと思っている相手には逆効果。「子どもをだしにするなんて」「結局、子どもでしか繋がっていない」と思わせてしまう可能性があります。

4. 相手の考えを否定する

 離婚したいと言われれば、「どうして?」と理由を聞くことになるでしょう。相手からは、この時とばかりに溜まりに溜まった不満をぶつけられることになります。

 その時、多くの人は、「自分だって、こんなところがあるでしょ?」と腹立たしく思うはずです。しかし、ここで相手を否定すれば、さらに離婚したい気持ちを加速させてしまうことになるでしょう。

5. 暴言や暴力で抑え込む

 突然、理不尽な離婚宣告をされれば、腹が立つ人もいるでしょう。「我慢しているのは、お互い様でしょ?」と、喧嘩腰になってしまう人もいます。

 しかし、どんなに納得いかないからといって、暴言や暴力で抑え込むことはできません。場合によっては、裁判でその暴言や暴力が離婚原因と認められ、そのまま離婚に突き進んでしまう可能性もあります。

離婚を防ぐための5つの対策方法

プロへの相談も選択肢に(写真:iStock)
プロへの相談も選択肢に (写真:iStock)

 離婚したいと言われた人の中には、「青天の霹靂」と思っている人もいるでしょう。そんな時には焦らずに、離婚を防ぐための行動を意識しましょう。

1. 相手の考えを受け入れる

 結婚してから今まで喧嘩もなく、相手の不満ひとつないなんていう人は稀。多くの人は一つや二つ不満やストレスを抱えているでしょう。

 しかし、離婚を突きつけられたとなれば、今までのあなたの言動を見つめ直す必要があります。相手の言い分にイラっとするのではなく、まずは相手の気持ちを受け入れることが必要です。

2. 自分の悪かった部分を反省し改善する

 相手が「離婚したい」と思うということは、それなりの理由があるということです。どんなに尽くしたと思っていても、相手に届いていなければ意味がありません。

 これを良い機会ととらえ、相手に対する言動を見直してみましょう。そして「悪かったな」と思う点があれば、改善する努力が必要です。

3.「離婚したくない」という気持ちに固執しない

 前触れもなく、突然相手から「離婚したい」と言われると、多くの人は戸惑うはずです。同時に「離婚したくない」という気持ちが大きくなるでしょう。

 もちろん、別れたくないというあなたの気持ちは大切ですが、そこに固執してしまうと不自然な振る舞いになってしまいます。それよりも、付き合い立ての頃を思い出して、相手を大切に思う気持ちで接しましょう。

4. 第三者に相談する

 離婚問題を抱えた時、「恥ずかしくて、人に知られたくない」と思う人もいます。しかし、一人で抱え込んでしまうと余計にドツボにはまってしまうため、第三者に相談してみましょう。

 家族や友達に知られたくないのであれば、無料の法律相談などを利用するのもおすすめ。プロに相談することで的確なアドバイスがもらえるかもしれません。

5. 互いに納得できるまで話をする

 離婚は一方の気持ちや意見だけでできるものではありません。互いが納得しなければ、成立しないでしょう。

 そのため、まずは相手と納得いくまで話をすることが大切。これから先も夫婦でいたいと思うのであれば、なおさら、この機会に思っていることを伝えてみましょう。

一人で抱え込まないで! 相談することで糸口が見つかるかも

本当にもうやり直せないのか?(写真:iStock)
本当にもうやり直せないのか? (写真:iStock)

 誰だって、相手から「離婚したい」と言われればショックなものですし、そのことを「人には知られたくない」と思うでしょう。

 しかし、離婚という重たい問題を一人で抱え込むのは辛すぎます。NG行動に注意し、対策を取り入れながらも、誰かに相談して解決の糸口を見つけてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-25 17:28 ラブ