離婚を防ぐには? やってはいけない5つのNG行動&対策方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-30 06:14
投稿日:2020-04-30 06:00
 好きな人と結婚したら、「最期まで一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、突然相手から離婚を突き付けられるなど、あなたの思いと反することが起きることもあります。離婚を防ぐためにやってはいけないNG行動と対策をご紹介します。

離婚を防ぎたい時にやってはいけない5つのNG行動

配偶者から離婚を突き付けられた(写真:iStock)
配偶者から離婚を突き付けられた (写真:iStock)

 相手から突然「離婚したい」と言われれば、驚きますし動揺もするでしょう。もし、あなたに離婚の意思がなければ、回避するための努力が必要です。まずは、離婚を防ぎたい時に注意したいNG行動をご紹介します。

1. 感情的になって話をする

 女性は男性と比べると、喧嘩のたびに感情的になってしまう人が多いでしょう。その場の勢いで、ひどいことを言ってしまう人もいるはず。しかし、相手が離婚したいと迫ってきている時に感情的な対応をしてしまえば、余計に相手の気持ちを冷めさせてしまいます。

2. 距離を置こうと別居する

 離婚したいと考えている男性の中には、「まずは別居して、距離をおいて冷静に考えよう」と提案してくる人が少なくありません。「いったん冷静に考える」というのは悪いことではありませんが、別居という形はNG。

 なぜなら、別々に生活をすることで、余計に離婚が現実的になってしまうため。もちろん、中には別居から修復できる夫婦もいますが、一般的には別居は避けた方が無難です。

3. 子どもを理由に離婚を拒む

 離婚を切り出された人の中には、お子さんがいる人もいるでしょう。そんな人は、突然の離婚話に「子どもがいるのに……」と、お子さんを理由に離婚を拒む人が多くいます。

 確かに“子はかすがい”と言いますが、離婚したいと思っている相手には逆効果。「子どもをだしにするなんて」「結局、子どもでしか繋がっていない」と思わせてしまう可能性があります。

4. 相手の考えを否定する

 離婚したいと言われれば、「どうして?」と理由を聞くことになるでしょう。相手からは、この時とばかりに溜まりに溜まった不満をぶつけられることになります。

 その時、多くの人は、「自分だって、こんなところがあるでしょ?」と腹立たしく思うはずです。しかし、ここで相手を否定すれば、さらに離婚したい気持ちを加速させてしまうことになるでしょう。

5. 暴言や暴力で抑え込む

 突然、理不尽な離婚宣告をされれば、腹が立つ人もいるでしょう。「我慢しているのは、お互い様でしょ?」と、喧嘩腰になってしまう人もいます。

 しかし、どんなに納得いかないからといって、暴言や暴力で抑え込むことはできません。場合によっては、裁判でその暴言や暴力が離婚原因と認められ、そのまま離婚に突き進んでしまう可能性もあります。

離婚を防ぐための5つの対策方法

プロへの相談も選択肢に(写真:iStock)
プロへの相談も選択肢に (写真:iStock)

 離婚したいと言われた人の中には、「青天の霹靂」と思っている人もいるでしょう。そんな時には焦らずに、離婚を防ぐための行動を意識しましょう。

1. 相手の考えを受け入れる

 結婚してから今まで喧嘩もなく、相手の不満ひとつないなんていう人は稀。多くの人は一つや二つ不満やストレスを抱えているでしょう。

 しかし、離婚を突きつけられたとなれば、今までのあなたの言動を見つめ直す必要があります。相手の言い分にイラっとするのではなく、まずは相手の気持ちを受け入れることが必要です。

2. 自分の悪かった部分を反省し改善する

 相手が「離婚したい」と思うということは、それなりの理由があるということです。どんなに尽くしたと思っていても、相手に届いていなければ意味がありません。

 これを良い機会ととらえ、相手に対する言動を見直してみましょう。そして「悪かったな」と思う点があれば、改善する努力が必要です。

3.「離婚したくない」という気持ちに固執しない

 前触れもなく、突然相手から「離婚したい」と言われると、多くの人は戸惑うはずです。同時に「離婚したくない」という気持ちが大きくなるでしょう。

 もちろん、別れたくないというあなたの気持ちは大切ですが、そこに固執してしまうと不自然な振る舞いになってしまいます。それよりも、付き合い立ての頃を思い出して、相手を大切に思う気持ちで接しましょう。

4. 第三者に相談する

 離婚問題を抱えた時、「恥ずかしくて、人に知られたくない」と思う人もいます。しかし、一人で抱え込んでしまうと余計にドツボにはまってしまうため、第三者に相談してみましょう。

 家族や友達に知られたくないのであれば、無料の法律相談などを利用するのもおすすめ。プロに相談することで的確なアドバイスがもらえるかもしれません。

5. 互いに納得できるまで話をする

 離婚は一方の気持ちや意見だけでできるものではありません。互いが納得しなければ、成立しないでしょう。

 そのため、まずは相手と納得いくまで話をすることが大切。これから先も夫婦でいたいと思うのであれば、なおさら、この機会に思っていることを伝えてみましょう。

一人で抱え込まないで! 相談することで糸口が見つかるかも

本当にもうやり直せないのか?(写真:iStock)
本当にもうやり直せないのか? (写真:iStock)

 誰だって、相手から「離婚したい」と言われればショックなものですし、そのことを「人には知られたくない」と思うでしょう。

 しかし、離婚という重たい問題を一人で抱え込むのは辛すぎます。NG行動に注意し、対策を取り入れながらも、誰かに相談して解決の糸口を見つけてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ