大人の“両思いあるある”7選♡思いが通じると得られる効果

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-01 18:17
投稿日:2020-05-26 06:00
 好きな人との距離が縮まると、「あれ?これってもしかして両思い?」と感じる瞬間があります。しかし、確信がないと不安に感じてしまうこともありますよね?そこで今回は、大人の“両思いあるある”をご紹介していきたいと思います!

大人の“両思いあるある” 7選!気になる彼はどう?

何気ないメッセージってうれしいよね(写真:iStock)
何気ないメッセージってうれしいよね (写真:iStock)

 恋を成就させるためには、今の恋が両思いかどうかを見極めることが大事なポイントです。まずはじめに、大人の両思いあるあるを見ていきましょう。あなたと大好きな彼が「両思い」なのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

1. 頻繁に連絡が来る

 大好きな人とは、時間を問わずいつでも連絡を取りたいと思うもの。もし、彼から頻繁に連絡が来るのであれば、あなたのことが気になっている証拠です。

 メールやLINEの内容が「おはよう」や「何してる?」など、他愛のないものだったり、電話でのやり取りが増えている場合は、なおさら気になっている可能性大でしょう。

2. 二人で会う約束が増える

 大人数で遊びに行くよりも、好きな人と二人きりで会った方が距離が縮まるものでしょう。誰にも邪魔されず、ゆっくり過ごすことができますよね。

 両思いで恋人になりつつある男女は、自然と二人で会う約束が増えていきます。誘うよりも誘われたいと思う女性は多いですが、時には思い切って自分から誘ってみるのも◎。

微妙な距離感にどきどき(写真:iStock)
微妙な距離感にどきどき (写真:iStock)

3. よく視線が合う

 好きな人が職場などの共通の場にいる場合、ついつい目で追ってしまうことがあります。それは男性も同じ。あなたのことが気になっていれば、自然と目で追ってしまうものです。

 お互いが同じ気持ちになっていれば、目が合う回数も増えるはず。「あれ?今、目が合ったかな?」と思う場面が増えれば、それは両思いのサインかもしれません。

4. 話をする時の距離が近い&ボディタッチが増える

 惹かれ合う男女は、会話する時の距離が縮まっていくものでしょう。当たり前ですが、好きではない異性であれば、たとえ相手から近づいてきても距離を置いてしまうものです。

 また、ボディタッチが増えるのも、両思いあるあるの代表でしょう。好きな人だからこそ、「触れてみたい」と思うのは男性も女性も同じです。

5. 呼び方が変わる

 社会人になると、親しい友人以外は基本的に「苗字」で呼ぶことが多いでしょう。でも、気になる異性のことは、下の名前や親近感のある“あだ名”で呼びたくなるものです。

「最初は苗字で呼ばれていたのに、急に名前で呼ぶようになった」など、お互いに呼び方が変わって二人の距離が縮まったと感じた時、「両思い」を確信する人も多いようです。

6. ヤキモチをやく

「ヤキモチ」も、両思いあるあるの代表!まだ恋人同士にはなっていなかったとしても、気になる人がほかの異性と仲良くしている姿を見れば、なんだか胸のあたりがモヤモヤしてしまいます。

「ほかの異性と話していたら、彼の機嫌が悪くなった」という経験がある場合、それは両思いのサインかもしれません。

7. 会話の内容が深くなる

 二人の会話の内容も、両思いかどうかを判断する大事な基準です。好きな人には「自分のことを知ってもらいたい」と思うため、距離が近づくほどにプライベートな内容の会話も多くなっていくでしょう。

 二人の会話の内容が深くなっているのであれば、両思いの確率もアップします。今一度、彼との会話の内容を思い出してみてくださいね。

“両思いあるある” がもたらすプラスの効果

キレイになってもっと好きになってもらいたい!(写真:iStock)
キレイになってもっと好きになってもらいたい! (写真:iStock)

 これまでご紹介してきた「両思いあるある」には、プラスの効果がたくさん!その効果は、「もしかして両思い?」と感じた瞬間から始まります。思いが通じることで得られるプラスの効果は、次の通りです。

毎日が楽しくなる

 好きな人と「両思いかも?」と感じる場面が多くなると、ワクワクして毎日がとても楽しく感じるようになります。恋愛が良い方向に進むだけで、仕事もプライベートも充実感に満ち溢れ、不思議なくらいポジティブな気持ちになれます。

自分に自信が持てるようになる

 片思いをしている時は、相手が自分のことをどう思っているか気になったり、好きになってもらえないことに虚しさを感じたり……と、彼の気持ちを考えるたびに不安になったりするものです。

 でも、相手も自分を好きだということが分かり、「両思い」を確信できると、自分に自信が持てるようになります。

さらに美意識が高まる

 好きな人ができると、女性は自然と「美意識」が高まる生き物でしょう。数々の両思いあるあるが重なるにつれて、「もっと好きになってもらいたい!」と、さらに美意識が高まります。

“両思いあるある” に気付いたら次のステップに踏み出そう!

もっと近付きたいから…(写真:iStock)
もっと近付きたいから… (写真:iStock)

 好きな人ができたら、なるべく早く恋人同士になりたいと思うのは当然のこと。恋愛成就のためには、相手の行動を観察して「両思い」なのかどうか判断することが大事なカギになります。

 今回ご紹介した「両思いあるある」で、「私、両思いかも!」と気づいた人は、是非「告白」という、次のステップにチャレンジしてみてくださいね。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ