女性がムラムラするのはどんな時?困った時の5つの対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-10 06:00
投稿日:2020-06-10 06:00
「ムラムラする」と聞くと、男性をイメージする人は多いでしょう。でも、人間ですから、女性だってムラムラするのは当然のこと。女性の性欲はデリケートな問題なので、誰にも相談できずに悩んでいる女性も多いことでしょう。
 そこで今回は、女性がムラムラする瞬間や対処法をご紹介します。自分の体としっかり向き合って、あなたにピッタリの対処法を見つけてくださいね。

女性がムラムラするのはどんな時?

女性にだってムラムラしちゃう時はある(写真:iStock)
女性にだってムラムラしちゃう時はある (写真:iStock)

 まずはじめに、女性がムラムラするタイミングを見ていきましょう。ムラムラするタイミングは人それぞれですが、当てはまるものがあるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

生理前や生理後

 生理前や生理後、排卵日は女性ホルモンバランスが崩れやすい時期だと言われていますが、なぜかこの時期にムラムラを感じる女性は多いようです。

 ホルモンバランスは自分でコントロールするのが難しいため、一種の「生理現象」だと思っても良いかもしれませんね。

好きな人と一緒にいる時

 好きな男性ができると、彼とのことをあれこれ妄想してしまう女性も多いはず。そして妄想しているうちに、当然、ムラムラしてしまうこともあります。

 その気持ちは妄想時だけにとどまらず、一緒にいる時にも起こる可能性があります。「この先付き合うかも」「体を重ねることがあるかも」と考えると欲求が高まり、ムラムラしてしまうのです。

酔っぱらっている時

 個人差はありますが、お酒を飲んで酔ってしまうとムラムラするという女性も多いよう。その理由は、お酒を飲むことでカラダがほてり、性欲が強くなるからだと言われています。

 普段は消極的な女性であっても、酔うとつい大胆になってしまうこともあるでしょう。とはいえ、酔った勢いに任せてしまうのは危険ですので、注意が必要です。

ストレスを感じている時

 仕事や人間関係などで強いストレスを感じた時も、ムラムラしやすい瞬間だと言えます。これは男性も女性も共通。ムラムラが解消されると同時に、「ストレスが解消した」と感じる人は多いようです。

 しかし、ストレスが性欲と切っては切れない関係だとしても、いつもこの方法でストレス発散するわけにはいきません。ストレスを感じた時にムラムラを感じる人は、下記でご紹介する対処法を試してみてくださいね。

男性から好意を感じた時

 今まで意識していなかった男性が自分に好意があることがわかると、ついその人を意識してしまうことがあります。

 その男性が自分のことをどう見ているのか、あれこれ考えているとムラムラしてしまうことも。でも、男性の好意やフェロモンを感じた時にムラムラしてしまうのは、人間として自然なことだと思います。

ムラムラして困った時の5つの対処法

おうちでエクササイズ(写真:iStock)
おうちでエクササイズ (写真:iStock)

「女性もムラムラしてしまうのは当然」と分かっていても、胸を張って言えることではありませんよね。できることなら、「ムラムラを抑えたい」と思っている女性も多いのではないでしょうか。そこで次に、ムラムラを抑える対処法をご紹介します。自分に合う方法があれば、ぜひ実践してみてくださいね。

1. 運動して汗を流す

 ムラムラを感じた時は、運動して汗を流すとすっきりします。もちろん、自分に合った無理のない程度の運動でもOKです。ほどよく汗をかくことで、ストレス発散もできますよ。

 生活に運動を取り入れることは、健康面や美容面でも良いことがたくさん。疲労感から、ムラムラを感じることなく、ぐっすり眠れるようになるはずです。

2. 友達と遊びに行く

「ひとりでいるとムラムラしがち」という人は、友達と遊びに行く予定を立ててみましょう。友達と他愛もない会話をしたり、ショッピングに行ったりすることで、ムラムラした気持ちを忘れられます。

 また、大人数で大騒ぎできるカラオケもおすすめ。大きな声で歌っているうちに、ムラムラした気持ちだけでなく、日頃の疲れを忘れることができるでしょう。

3. 好きなことに没頭する時間を作る

 好きなことに没頭している間は、気が紛れてムラムラしなくなります。今一度、自分の好きなことを再確認してみましょう。

 好きな映画を見たり、好きな音楽を聞いたり、とにかく集中できるものを見つけましょう。

4. 好きなものを食べる

人間の三大欲求は「性欲・食欲・睡眠欲」ですが、実は、性欲が高まっている時に別の欲求を満たすと解消できることがあるそうです。
 一番簡単なのは、大好きなものを食べて「食欲」を満たすこと。美味しいものを食べて満足感を味わえた時、自然とムラムラした気持ちを忘れることができるでしょう。

5. 自分で“してみる”

 成人女性の9割以上が、自慰行為をしたことがあるというデータがありましたが、ムラムラを抑えられない時は自分で“してみる”のも一つの方法です。我慢のしすぎは、ストレスの原因にもなってしまいます。自分に合った方法で解消することは自然なことであり、決して恥ずかしいことではないですよ。

【あわせて読みたい】幸せになれるラブグッズ

女性だってムラムラするのは当然!上手に付き合っていこう!

自分の性欲と上手に付き合おう(写真:iStock)
自分の性欲と上手に付き合おう (写真:iStock)

 男性と違って、女性はムラムラしていることを表に出すことはできません。その分、どう対処して良いのかわからずに、一人で悩んでいる人もたくさんいるようです。

 でも、女性だってムラムラするのは当然のこと。性欲と上手に向き合い、自分に合った方法で解消してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ