うざすぎ! 自粛に飽きた「昔のオトコ」からの自宅召喚LINE

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-05-20 13:56
投稿日:2020-05-20 06:00
 季節は初夏、お出かけにはもってこいの季節ですが、今は我慢の時期ですね。多くの人は外に出たい気持ちをぐっとこらえて外出自粛しているというのに……なぜか最近、自粛に我慢しきれない男性たちから「かまってちゃんLINE」がたくさん来る! という女性が急増中です。

外出自粛で会えないはずなのに送られてくる謎LINE

こんな時間に迷惑すぎる (C)コクハク
こんな時間に迷惑すぎる (C)コクハク

 すでに緊急事態宣言が解除されたところもありますが、まだまだ外出には気を使いたいタイミング。それなのに、最近はなぜか過去にひと悶着あったような男性たちから「暇アピール」なLINEが届くんだとか……。

 暇を持て余した男性たち。大切な人には会えないからって、どうでもいい昔の女と良からぬことをしたい、なんて考えている人も多いのかも。無料でできるマッチングアプリにも暇アピールな男子は増殖しているようです。

 久々だからと連絡をとっても、彼らは当日アポイントで暇を潰したいだけ。当然、不要不急の男とのデートは控えるべきでしょう。

飲食店がやっていないのをいいことに…

行くわけないし… (C)コクハク
行くわけないし… (C)コクハク

 多くの飲食店や商業施設は、まだテイクアウト営業や時短営業をしていることもあり、誰かと会うと言っても、なかなか外でデートする場所を見つけるのも大変です。

 という状況をいいことに、現在「どこも行けないなら宅飲みしよう!」と誘ってくる男も急増中です。家の中で二人っきりというのは、結局そこそこ密なはずなんですけどね……。それに、家に遊びに行くために電車に乗ったりするなら、感染リスクがないわけではありません。

 彼らはこの状況で、都合よくそこそこどうでもいい女を自宅召喚したいだけ。濃厚接触を迫られても困るので、今は相手にしない方がいいでしょう。

「家でアマプラ見よう」も常套手段…

男の家にいってまで見たくない (C)コクハク
男の家にいってまで見たくない (C)コクハク

 最近はほとんどの人がサブスク動画サービスに加入しているため、ここ数年よく「うちで映画を見よう」「お笑い見よう」などといった誘いも常套文句と化していますが、コロナ禍の真っ只中ではそんな「動画で自宅召喚」男子もさらに急増しています。

 サブスクの動画サービスくらい今や女子だってほぼ誰でも登録しているので、別に男性の家まで行ってみたいかと言われるとそうでもないんですけどね。

 本当に家が近くて、かつ映画などの趣味の合う友人ならいいですが……久々に連絡してくる男と、わざわざ見たい映画やお笑いがないなら控えるべきかも。夜の時間帯ばかり指定してくるのも、ちょっといやらしくてムカつきますしね。

不要不急な男からのLINEに注意!

 いつも連絡を取っているような男友達ならいいものの、現在増えているのは昔やらかしちゃった男や、ポイ捨てされた経験のある男からの、謎の久々LINEです。

 こんな時になってやっと連絡してくるような男のLINEなんて、高確率でロクなことがなさそうです。不要不急な雰囲気の男からのLINEは、届いてもそっと左スワイプして「削除」がベストかも。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ