可愛い系女子と綺麗系女子ってどっちがモテる?特徴を検証!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-16 06:00
投稿日:2020-06-16 06:00
 世の中の女性を大きく分けると、顔立ちやしぐさ、性格などから「可愛い系女子」と「綺麗系女子」の2パターンに振り分けられるでしょう。
 では、そんな可愛い系の女子と綺麗系の女子は、ズバリ、どっちがモテるのでしょうか? それぞれの特徴を見ながら、どっちがモテるのかを検証していきましょう。

可愛いと綺麗ではどっちがモテる? それぞれの特徴とは

守ってあげたくなっちゃう(写真:iStock)
守ってあげたくなっちゃう (写真:iStock)

 可愛い系女子と綺麗系女子では、それぞれ雰囲気が異なります。芸能人でいうと、可愛い系女子代表には広瀬すずさんや橋本環奈さんなど、少し幼く活発な印象を与える女性が挙げられます。

 逆に綺麗系女子といえば、北川景子さんや佐々木希さんなど、大人っぽいイメージの女性が多い傾向にありますね。

 どちらもモテる女性に見えますが、実際のところ、男性目線ではどちらが魅力的に見えるのでしょうか? まずは、それぞれの特徴を解説していきます。

可愛い系女子の特徴1.:守ってあげたいタイプ

 可愛い系女子の特徴の1つ目は、守ってあげたいタイプであること。しぐさや行動などがどこか幼く感じさせるため、男性は「自分が守ってあげないと!」という気持ちになるようです。愛嬌があるタイプや、小柄で童顔の女性だと、さらに守ってあげたいという気持ちが働くでしょう。

 また、可愛い系女子は内面も素直な性格の持ち主が多いため、そんな純粋な心に惹かれてしまう男性も多いのではないでしょうか。

可愛い系女子の特徴2: 一緒にいて元気になれるタイプ

 一緒にいて元気になれるタイプが多いのも、可愛い系女子の特徴でしょう。常に笑顔で心を明るくしてくれる女性は、男性にとって太陽のような存在に見えるかもしれません。

 仕事での失敗や疲労を覚えた時、くったくのない笑顔で出迎えてくれたり、話を聞いてくれる女性に「癒し」を感じる男性は多くいます。笑顔が多い女性は同性から見ても魅力的に映りますが、男性が「可愛い」とつい思ってしまう気持ちも分かる気がしますね。

可愛い系女子の特徴3: 親しみやすいタイプ

 可愛い系女子は、真っすぐさと親しみやすさも人気のポイントでしょう。男性にとっては、気を張らずに接することができる相手のため、ありのままの自分でいることができて楽なのです。

 男性によって好きなタイプのタイプはさまざまですが、特に仕事で気を張っていることが多いタイプは、親しみやすい可愛い系女子を好む傾向にあるようです。

ミステリアスな部分が…(写真:iStock)
ミステリアスな部分が… (写真:iStock)

綺麗系女子の特徴1:安心できるタイプ

 綺麗系女子に共通するポイントといえば、安心感を持っているタイプが多いこと。何かと目の離せない可愛い系の女子に対して、綺麗系女子は肝が座ったタイプが多いため、安心してそばに置くことができるのかもしれません。

 綺麗系女子の持つ、何もかも包み込んでくれるような安心感や、落ち着いた雰囲気を好む男性は多いでしょう。

綺麗系女子の特徴2:女性らしい魅力がある

 綺麗系女子には、女性らしい魅力を持っている方が多くいます。しぐさや雰囲気から上品さを感じることができるため、男性から見ても眩しく感じる魅力があります。また、スラッとした身長とスタイルの良さを持っているのも綺麗系女子のポイントと言えるでしょう。

 さらに、綺麗系女子には、人には見せてないミステリアスな部分も垣間見えます。どこか連れない女性は男性にとって「手に入れたい」と思わせる存在でもあり、「他人には見せない顔を見てみたい」という好奇心も掻き立てられることでしょう。

綺麗系女子の特徴3:男性を立てるタイプ

 男性にとって隣にいる女性が美しいというのは、一種のステータス。それだけではなく、場をわきまえて男性を立てられるタイプが多いのも、綺麗系女子の特徴でしょう。

 自分を立ててくれる女性はプライドが高い男性にとって、居心地が良い存在。これも、綺麗系女子が持つ魅力的なポイントです。

男性目線では可愛い系女子の方がモテやすい!?

たった一人に深く愛されたい(写真:iStock)
たった一人に深く愛されたい (写真:iStock)

 可愛い系女子と綺麗系女子、それぞれの魅力的な特徴をチェックしたところで、実際に男性にとってはどちらのタイプと付き合いたいと思う方が多いのかについても、リサーチしてみました。

 街角での口コミなどで多いのは、「可愛い系女子の方が良い」という回答。実は、この結果には、男性が持つ潜在的な特徴が関係しているようです。

 男性は、女性よりも上に立ちたいと思う傾向があります。そのため、なんでもできてしまう綺麗系女子に対して、「プライドが傷つけられる」と、劣等感を抱く男性も少なくありません。

 つまりは、「自分がいなくちゃダメだ」とか、「守ってあげたい」と感じるタイプに、男性は魅力を感じやすいのです。そのため、世の中的には可愛い系女子にモテの軍配が上がるでしょう。
可愛いも綺麗も魅力はそれぞれ!男性の好みを知ろう

 一般的には、可愛い系女子の方がモテる傾向にあると言うことがわかりましたが、もちろん綺麗なタイプがモテないというわけではありません。

 男性によっても好みのタイプはそれぞれですが、自立した魅力的な大人の男性の中には、なんでもこなせる女性のほかでは見せないような部分を引き出すことができる男性もいます。

 たくさんの人に愛されるのも良いですが、たった一人の男性に深く愛される魅力的な女性を目指したいものですね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ