男性からのLINEの好き避け&嫌い避けサイン12の特徴!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-30 06:07
投稿日:2020-06-30 06:00
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性の中には彼の本心に気づかず、間違った行動をしてしまう人もいるようです。
 ここでは、LINEで見極める好き避け行動、嫌い避け行動の特徴をご紹介します。

勘違いしやすい! 男性からのLINE 好き避けサイン6つの特徴

短文LINEでもがっかりしない(写真:iStock)
短文LINEでもがっかりしない (写真:iStock)

「好き避け」とは、好きなのに冷たい態度を取ったり、避けてしまったりなど、思っていることと裏腹な行動をしてしまうことを言います。男性のLINEの反応に、「これって、脈なしかも?」と悩む女性は多いと思いますが、もしかしたら好き避けサインかもしれません! そんな好き避けサインの、6つの特徴をチェックしていきましょう。

1. 返信が遅い

 好きな人からのLINEは嬉しいもの。内容をチェックして、すぐにでも返信しようと思う人は多いでしょう。

 しかし、男性の中には好きだからこそ「おかしな返信はしたくない」と思い、文章を考えるのに時間がかかってしまう人もいます。そのため、返信速度で脈なしだと決めつけてしまうのは、早計かもしれません。

2. そっけない返事がくる

 好きな人に勇気を出してLINEをしたのに、相手からそっけない返事がくるとがっかりしてしまいますよね。そして、「これは、私に気がないってことかな」と思ってしまう人は多いでしょう。

 でも、男性の中には好きゆえに、「嬉しい」という気持ちを隠そうとする人もいます。「気持ちを悟られたくない」と、気のないそぶりをしてしまうのです。

3. あえて絵文字を使わない

 女性はLINEをする際、絵文字を使っている人も多いでしょう。とりわけ、好きな男性にLINEするとなれば、可愛らしいものを選んで送っていませんか?

 しかし、男性からの返信はというと、「。」や「、」だけ。絵文字がないと、「なんだか事務的だな」と感じてしまいますが、これは好意を抱いていることがバレないための、彼なりの対策の一つかもしれません。また、普段から絵文字を使わないタイプの人もいるため、絵文字がないからといって過度に落ち込む必要はないでしょう。

4. やり取りを自分で終了させる

 男性とLINEのやり取りをしていると、せっかく盛り上がっているのにも関わらず「じゃあ、今日はこの辺で」と、切り上げられてしまうことがあります。そんな時、「つまらなかったのかな」と心配になる人もいるかもしれませんね。

 でも、実はこれは女性側から終了されるのが怖いからかも? 好き避け行動として、自分から切り上げる人が多い傾向にあるようです。

5. 内容が短文

 何かを伝えようとする時、ついつい長文LINEになってしまうことがあります。それに対し、相手から短文で返事がくると「興味がなかったのかな?」と心配になるでしょう。

 しかし、男性の中には「嫌われたくない」という思いから短文になってしまう人もいるようです。「面倒な人」だと思われたくないため、あえて短いLINEを心がけていることもあるようです。

6. 既読スルーや未読スルーする

 好きな男性にLINEをして、既読スルーや未読スルーをされると悲しいもの。同時に、「嫌われているのかな」と感じてしまいます。

 でも、この行動の裏には、相手の気持ちを探ろうとしている気持ちがあるのかもしれません。スルー期間が長く続くようであれば脈なしサインである可能性もありますが、数時間程度のスルーであれば好き避け行動であることもあるため、上手に見極めましょう。

嫌われているかも? 男性からのLINE 嫌い避けサイン6つの特徴

未読スルーしてるのに…(写真:iStock)
未読スルーしてるのに… (写真:iStock)

「好き避け」に対して、「嫌い避け」という行動もあります。これは文字通り、“嫌いで避けている”行動のこと。

「これって好き避けだから、もうちょっと頑張ろう♪ 」なんて思ってアプローチし続けていると、取り返しがつかないことになってしまうかもしれません! そんな男性からの嫌い避けサインについても、見てみましょう。

1. スタンプのみの返信がある

 一般的に男性は面倒臭がりな人が多く、LINEなどのやり取りも「できるだけ、最小限で終わらせたい」と思っている人が少なくありません。しかし、相手が聞いてきたことや誘ってきたことに対しては、ちゃんと返信をするものです。

 だからこそ、LINEで誘ったり何かを質問した時、スタンプだけで返事が来る場合には嫌い避けサインである可能性があるでしょう。

2. 質問をしてこない

 誰だって、好きな人のことは「何でも知りたい」と思うでしょう。相手があなたに好意を抱いているのであれば、LINEのやり取りでもあなたへの質問が増えるはずです。

 そのため、何度もLINEのやりとりをしているのにも関わらず、相手からの質問が一切ない場合には、あなたに興味を持っていない証拠かもしれません。

3. 最低限のあいさつで終わってしまう

 男性は興味がある女性に対しては一生懸命に接しますが、興味のない女性に対してはあからさまに態度に出てしまう人がほとんどです。

 そのため、LINEを送っても最低限のあいさつ程度しか返信がない場合には、嫌い避けの可能性が高いでしょう。

4. 自分のことを話そうとしない

 男性に限ったことではないですが、好きな人ができると自分のことを「もっと知ってほしい」と思うもの。

 そのため、相手がプライベートや自分のことを話そうとしない場合には、あなたに「知ってもらいたい」という感情がないことが伺えるでしょう。嫌い避け行動の1つかもしれません。

5. 向こうからのLINEはない

 好きな男性とLINEでやり取りをする時、いつも自分からのスタートという場合にも注意が必要。

 もちろん、「好きだから恥ずかしくて送れない」というオクテの男性もいるかとは思いますが、ある程度親しくなっているのに「彼からLINEが来ることはない」という場合には、残念ながらあなたを恋愛対象として見ていない可能性があります。

6. 既読スルーや未読スルーが3日以上続く

 既読スルーや未読スルーは、上記でご紹介した“好き避け行動”の一つともなっているため、「彼も、私に興味があるんだ」と期待している人もいるでしょう。

 しかし、3日以上返信がない場合には、嫌い避け行動の可能性が高いです。好意を抱いている女性であれば「嫌われたくない」という思いが強いですから、数日返信が開くことは、まずないでしょう。

好き避けor嫌い避け? LINEの特徴から慎重に判断しよう

誤ったアプローチ法で残念な結果になることも(写真:iStock)
誤ったアプローチ法で残念な結果になることも (写真:iStock)

 LINEでのやり取りは、相手の隠れた本心を探ることができます。しかし、その本心を間違えて捉えてしまうと、うまくいくはずのものもうまくいかなくなってしまうでしょう。関係を発展させるためには、好き避け、嫌い避けの行動を慎重に判断し、アプローチ方法やタイミングを見極めることが肝心!

 ただし、LINEは所詮、文字だけのつながりということも忘れてはいけません。相手からのLINEだけで一喜一憂しすぎずに、実際会った時の態度と併せて考えてみると、より相手からの脈ありサインをキャッチすることができるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ