この人とのLINE交換は嫌…!上手な断り方&NG対処方法

コクハク編集部
更新日:2020-04-05 06:00
投稿日:2020-04-05 06:00
 メールや電話よりも、LINEが主流の昨今。「LINE交換しよう」と、言われる機会も多いですよね。でも、相手によっては「この人とは交換したくない……」と、つい思ってしまうこともあるでしょう。そんな時、相手をできるだけ傷つけずに断る上手な断り方をお伝えします!

LINE交換の上手な断り方4パターン!

本当はLINE教えたくないんだけど…(写真:iStock)
本当はLINE教えたくないんだけど… (写真:iStock)

 LINEの交換を提案されるシーンでは、ほとんどが相手が目の前にいることが多いはず。うまい言い訳が思い浮かばずに、仕方なく交換してしまう方も多いでしょう。そんな時に思い出してほしい、上手な断り方を4パターンご紹介します。

「彼氏に悪いから」

「彼氏に悪いから」と言うのは、上手な断り方でしょう。男性の気持ちを無下に折ることもなく、「仕方ないか」と、一番納得してもらえる理由だと思います。

 ただしこれは、相手が自分のことをちゃんと好きだと分かってからのこと。「ただの友達」としてLINE交換をしようとしている場合には、「自意識過剰」だと思われてしまうかもしれません。

 また、「彼氏に怒られるから」と言ってLINE交換を断る女性もいるようですが、これはNG。大人の女性が人のせいにして断るなんて、人間性を疑われてしまいます。

「スマホのバッテリーが切れている」

 二度と顔を合わせない男性に対しては、「スマホのバッテリーが切れている」「手元にスマホがなくて」など、やんわりと断るのが◎。断る時の常套句ですので、ほとんどの男性が空気を読んで引き下がってくれるはず。

 しかし、それでも教えて欲しいと迫られたら、「連絡先教えてもらえたら、あとでこちらから連絡します」と伝えて、連絡をしなければ良いです。ただ、この断り方は今後も顔を合わせる人には使えません。注意してくださいね。

「LINEが苦手であまり見ない」

「LINEが苦手であまり見なくて」「面倒でやめてしまった」など、LINEの特性が自分と合わないという理由も、もっともらしくて良いでしょう。

「LINEが苦手」という人は、意外と多いです。もしもお断りがうまくいかずにLINE交換をする羽目になったとしても、「連絡をあまりしない」というイメージが付くため、後々トラブルにもなりにくいでしょう。

「会社で個人間の連絡を禁止されている」

 取引先の人やお客さんなど、仕事関係の人からLINEの連絡先を聞かれた時には会社を理由にするのが無難でしょう。「会社で個人間の連絡を禁止されている」と言えば、大抵の場合には納得してくれるはずです。

 それでもしつこい場合には、「会社用のPCアドレスにお願いします」と、あくまであなたが会社に対して忠実であることを見せると良いです。今後取引がある会社の方が相手だったとしても、気まずくなることもありません。

トラブルに発展するかも?NGな対処方法

対応次第ではトラブルにも(写真:iStock)
対応次第ではトラブルにも (写真:iStock)

 LINE交換を断る時にもっとも注意が必要なのは、相手のプライドを折ったりなど失礼な断り方をしてしまうこと。そこで、NGな対処方法も、併せて押さえておきましょう。

「LINEの調子が悪い」などスマホやアプリ機能のせいにする

 リサーチしたところ、「LINEの調子が悪い」「うまく起動しない」など、スマホやアプリ機能のせいにしてその場を乗り切ろうとする方も多いようですが、これはNG。

 このご時世、「LINEの調子が悪い」という事態は滅多にないため、嫌がっているのがバレてしまいますし、「じゃあメールか電話番号で」と言われてしまったら、逃げ場がありません。

捨てアカウントを使う

 面倒な付き合いを避けるために、中には「捨てアカウント」を作っている方もいるようですが、この対処にも注意が必要です。ID検索をしたのに相手からのレスポンスが全くないと、「ただの失礼な人」という印象を与えてしまうでしょう。

 ただし、合コンやナンパなどで知り合った「二度と会う機会がない&興味がない相手」に対しては有効な方法ですね。

交換直後にブロックする

 LINE交換の申し出を断りきれずにIDを教え、その直後にブロックするのもおすすめできません。二度と合わない相手であればまだしも、今後も会う機会がある場合には、ひとまずブロックせずにそのままにしておいた方が相手の動きが分かるため、対策を練ることもできます。

 ただし、興味がない男性からのアプローチの場合には、既読にしない、返信を遅らせる、などの対策が必要。真面目に返信をし続けると、脈ありだと勘違いされてしまうこともあります。

LINE交換を断る時の注意点!相手を傷つけずに断るポイント

きっぱり断ったほうがいいことも(写真:iStock)
きっぱり断ったほうがいいことも (写真:iStock)

 LINE交換を断る時には、相手を傷つけないことが最大のポイント!そこで、注意点についても、押さえておきましょう。

相手の男性の気持ちを考える

 LINE交換は、普段から誰とでも行う方もいれば、仲良くなってからではないと行わない方もいます。日常生活においてLINEがどれだけの割合を占めているかも、人によって違うでしょう。

 そのため、相手がどんな気持ちでLINE交換を申し出てくれているのかを考えるのも大切なこと。上記でもお伝えしましたが、「ただの友達」のつもりであったり、大勢での連絡先交換の際に、その場の流れで聞かれる場合もあるでしょう。

 明らかに自分に好意があったり、アプローチされている場合には断っても良いですが、友人や同僚などの場合には、教えた方が今後の人間関係もスムーズにいくこともあります。

嘘をつくよりきっぱり断った方が良い場合もある

 LINE交換を断る時、明らかな嘘をつきすぎるのは考えもの。断られた相手が傷付くのはもちろん、それが噂となり、巡り巡ってあなたの評判を落としてしまう可能性もあるからです。嘘をつく場合には、慎重にバレない嘘をつきましょう。

 ただし、初対面の男性にしつこくLINE交換を促されるような時や、後々トラブルに発展するような相手であれば、きっぱり断ることも大切でしょう。嘘をつくよりも、誠意が伝わるはずです。

LINE交換を断るのは失礼なことじゃない!断り方が重要!

しつこく聞いてくるほうが失礼(写真:iStock)
しつこく聞いてくるほうが失礼 (写真:iStock)

 LINEの連絡先を教えるor教えないは、もちろんあなたの自由です。たとえ、断ったとしても、失礼なことではありませんし、むしろ、初対面でしつこく連絡先を聞いてくる男性の方が失礼ですよね。

 でも、LINE交換を申し出てくれた相手は、少なからずあなたに対して悪い印象を抱いていないということも忘れてはいけません。無下に断ると後々のトラブルに発展したりと面倒が起こることもあるので、ご紹介したような断り方を使って、上手にその場を切り抜けるようにしましょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 パブスナック「どろんぱ」には、今日もたくさんの悩めるお客と女性がやってくる。ここで働くことになったモジョ子は、自信のな...
FILM
「さっき、お知らせがきてびっくりしちゃってさ……」  今日もそんなことをおっしゃりながら、ご来店なさるお客様がいら...
FILM
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐっ...
FILM
 すっかり朝晩冷え込むようになりました。猫も人間も、冷えと寝不足は万病のもと。  きょうは、温まった防波堤のコンク...
FILM
 朝活というと「睡眠時間が短くなる」「日中眠くなりそう」など、デメリットばかりに目が行きがち。仕事やプライベートが忙しい...
FILM
 仕事で疲れて帰ってきた時、嫌なことがあった時、お気に入りのお部屋が迎えてくれるとホッとするもの。自分の好きな物、落ち着...
FILM
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐっ...
FILM
 せっせとにゃんたまωのお手入れをしている男の子に出逢いました。  気づかれないようにそっとカメラを構えたつもりが...
FILM
 ここはビル街の袋小路――。その突き当たりの地下に店を構える「パブスナック どろんぱ」には、今日もたくさんの悩めるお客と...
FILM
「ねーさん、こいつはオススメだから今のうちに買っときな」  半袖を着ようか、長袖を着ようか迷うような頃。「本日、ワ...
FILM
 ママ友同士の間で、「◯◯くん、走るの速くてすごいね」とか、「◯◯ちゃんって、お人形さんみたいに可愛いね!」なんて、子ど...
FILM
 きょうは、カッコイイにゃんたまω様の漢(オトコ)の後ろ姿です。  女の子が惚れちゃう男の後ろ姿というのは、トラッ...
FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐっ...
FILM
 きょうは、海を見下ろすお宅の庭、昼下がりのデート中に失礼します。  この地域のマドンナである聡明で美人のサビ猫を...
FILM
 お花屋さんであるワタクシではございますが、毎日のお仕事の中で「あぁ!神様~!」と思ってしまう瞬間がございます。しかも、...