男性からの脈なしLINEの特徴! この恋、諦めた方が良い?

コクハク編集部
更新日:2019-11-02 06:00
投稿日:2019-11-02 06:00
 気になる男性とのLINEのやり取りって、ドキドキしますよね。でも、そんな男性のLINEになんとなく脈なしの雰囲気を感じてしまうと、返信を重ねていいのか、好きな気持ちを封印した方が良いのか迷ってしまうことも。そこで今回は、男性からの脈なしLINEの見分け方をご紹介します。

男性からの脈なしLINEの6個の特徴

LINEが気になってスマホを手放せない(写真:iStock)
LINEが気になってスマホを手放せない (写真:iStock)

 好きな人にLINEをすると、返信が来るまで何度も履歴をチェックしたり、スタンプ1個でも連絡があれば嬉しくなってしまったりと忙しい乙女心。でも、返信があったとしても、実は脈なしサインを醸し出されている場合があるので要注意!特徴を見ていきましょう。

1. 既読スルー、未読スルーが2日以上続く

 既読スルーや未読スルーが続くのは、脈なしである可能性がかなり高いです。

 自分に置き換えて考えてみると分かりますが、少しでも気になる相手からのLINEであれば早めに返信しようと思いませんか?これは男性も同じ。(駆け引きとして数時間置くという方はいるかもしれませんが……)

 ただし、大人であれば、仕事やプライベートで忙しい可能性もあります。その限度はギリギリ2日。

 ただ、その場合には、「遅くなってごめん」や、遅れた理由を述べたりというフォローが入るはず。ふと思い出したかのようにポツンと返信が来る場合には、脈なしだと思っても良いでしょう。

2. 具体的に日程を決めてくれない

 食事などに誘った時、具体的に日程を決めてくれないのも脈なしのサインかもしれません。興味がない相手と2人で食事をするのを避けようとするのは、女性も男性も同じですから。

 妙に忙しいアピールをする男性にも要注意。「時間ができたらこっちから連絡するよ」なんて言って、徐々に距離を置こうとするケースもあります。

3. そっけない返信が多い

「うん」「分かった」「そうだね」など、そっけない返信が多い場合にも脈なしである可能性が高いでしょう。

 どんな話題を振ったとしても、リアクションが薄いため、女性からしてもLINEをしながら不安になってしまうケースも多いでしょう。

 でも、LINE自体があまり好きではなく、重きを置いていない男性もいます。この場合には、普段会っている時の対応で判断するようにしましょう。

あなたばっかり質問してない?(写真:iStock)
あなたばっかり質問してない? (写真:iStock)

4. 質問をしてこない

 気になる人ができた時、「相手のことをもっと知りたい!」と思うのが世の常。

 逆に考えると、相手が質問や話題を振ってこない場合、あなたのことをそこまで気になっていないということが考えられます。そっけない返信ばかりが続くようであれば、早くやり取りを終わらせたいと思っている可能性も。

 でも、そんな時に逆にあなたから質問ばかりしてしまうと、温度差は深まるばかり。面倒だと思われる可能性もあるため、少し距離を置いて様子を見たほうが良いかもしれません。

5. スタンプでいつも会話が打ち切られる

 スタンプでいつも会話が打ち切られている、というパターンも脈なしを疑って良し。

 特に気を遣える大人の男性の場合、興味がなくてもなんらかの返信をしないと……と思う時に、手軽なスタンプで返信をすることもあるようです。

 ちょっと可愛いスタンプを使ってくれていたとしても、要注意。会話が自然に終わりますし、不自然さや失礼な印象も与えないため、利用していることもあるのです。チェックしてみましょう。

6. SNSの更新はマメなのに返信なし

 気になる人のSNSを見るとマメに更新をしている。それなのに、LINEの返信が来ない。そんな場合にも、残念ながら脈なしであることが多いかも。

 SNSの更新よりも、LINEで返信をする方が簡単。つまりは、時間がなくて返信ができないというわけではないのです。興味がないからこそ、後回しにされている。その事実を受け止めた方が良いかもしれません。

脈なしLINEに落ち込まず、会って勝負もあり!

悩むより会って勝負!(写真:iStock)
悩むより会って勝負! (写真:iStock)

 男性からの脈なしLINEの特徴をお伝えしました。でも、立場を逆転させて考えてみると、自分も自分にとっての脈なし男性に対してこんな対応をしていませんか?

 でも、LINEは所詮「ただのツール」です。会うとイメージが変わることも、もちろんあるのです。「脈なしLINEだから恋を諦めよう……」と早合点せずに、会って勝負してみるのもありだと思いますよ♪あなたの恋がうまくいきますよう

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、...
ミクニシオリ 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
 せっかく告白をするなら、誰だって「OK」をもらいたいものでしょう。告白に成功するためには、どんな伝え方をするかも重要。...
恋バナ調査隊 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ