ご飯作りを苦痛に感じる5つの原因&3ステップの改善方法!

コクハク編集部
更新日:2020-06-28 06:00
投稿日:2020-06-28 06:00
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、ご飯作りを苦痛に感じている女性は意外と多いようです。そこで今回は、ご飯作りに苦痛を感じてしまう5つの原因&改善方法をご紹介します。あなたに合った改善方法で、ご飯作りの苦痛を解消してくださいね!

ご飯作りを苦痛に感じてしまう5つの原因

キッチンに立つこと自体が苦痛(写真:iStock)
キッチンに立つこと自体が苦痛 (写真:iStock)

 女性にとって、毎日のご飯作りはとても大変なことでしょう。中には、「必ずやらなければならない」タスクになっている方もいるかもしれませんが、さまざまな理由からご飯作りを苦痛に感じてしまうことも。まずはじめに、ご飯作りを苦痛に感じてしまう5つの原因をひとつずつ見ていきましょう。

1. 仕事で疲れ果てている

 フルタイムで仕事をしていると、帰宅時には「仕事で疲れ果てて、ご飯作りをする余力がない」ということもあるでしょう。

 女性の1日は、仕事や育児、掃除や洗濯、買い出しなど、とにかくやることがたくさん。時間に余裕がないと、心の余裕もなくなってイライラ状態に。そのため、ご飯作りを苦痛に感じてしまうことが多くなります。

2. 献立を考えるのが面倒

「最近、気が付けは同じメニューの繰り返し……」なんて経験ありませんか? 毎日の献立は、メニュー以外に栄養のバランスも考えないといけないので、女性にとってはかなり大変な作業ですよね。献立を考えるのが面倒になると、どうしても毎日似たようなメニューの繰り返しになってしまい、結果的に「ご飯を作りたくない」という気持ちになってしまいます。

3. キッチンに立ちたくない

 そもそも料理が嫌いな人は、キッチンに立つこと自体に苦痛を感じることもあるでしょう。人間は無意識に「嫌いなことや苦手なこと」から自分を遠ざけたいと思うもの。そのため、料理が嫌いな人はキッチンに立つだけでストレスを感じてしまう場合があります。

 やりたくない料理をしていることに強いストレスを感じると、ご飯作りがつらく思えて、ついつい外食やお惣菜が多くなってしまいます。

4. 自分の料理に自信がない

「料理が嫌いなわけじゃないけど、自分の料理に自信がない……」という場合も、ご飯作りを苦痛に感じてしまう原因のひとつです。

 せっかく料理を作るのですから、できれば「美味しい!」と言ってもらいたいですよね。しかし、自分の料理に自信がないと不安ばかりが大きくなり、ご飯作りを苦痛だと感じてしまうでしょう。

5. 毎回料理に時間がかかってしまう

 忙しい女性向けに、「お手軽簡単◯分メニュー」など、料理本やネットには時短レシピがたくさん掲載されています。簡単にできると書いてあるメニューなのに、「なぜか何倍も時間がかかってしまう」という場合も、自分の要領の悪さから、ご飯作りを苦痛に思ってしまう傾向があります。

3STEPでご飯作りの苦痛を改善する方法!

まずはできることから始めてみる(写真:iStock)
まずはできることから始めてみる (写真:iStock)

 ご飯作りを苦痛だと感じてしまう理由は人それぞれありますが、できることなら改善して楽しく料理をしたいですよね。続いては、ご飯作りの苦痛を改善する方法をご紹介します。ひとつずつ、今の自分の心境を確認しながら読んでみてくださいね。

STEP1:なぜご飯を作りたくないのか確認する

 まずはじめに、自分がなぜご飯を作りたくないと思うのかを考え、メモに書き出してみましょう。この時、「献立を考えるのが面倒」「もっと自分の時間が欲しい」など、できるだけ細かく「苦痛だと思う理由」を明確にしていきます。

 メモに書き出すことで、自分が何に苦痛を感じているのかがわかるため、解決策が見えてきます。また、嫌なことを思い切り吐き出せるので気持ちも軽くなりますよ。

STEP2:将来的にどうなりたいのか目標を立てる

 次に、「将来的にどうなりたいのか」を同じくメモに書いてみましょう。「◯分で◯品作れるようになりたい」「ヘルシーでボリュームのある新メニューを開拓したい」など、細かく挙げていきましょう。ご飯作りを苦痛に感じる原因と、自分が今後どうなりたいのかを照らし合わせてみると、改善方法が見えてくるはずです。

STEP3:自分のできることからチャレンジしてみる

 自分の改善方法がわかっても、全て完璧に実践する必要はありません。はじめから詰め込みすぎてしまうと、かえって逆効果になってしまうので注意が必要です。

 まずは、自分にとって負担の少ないものから始めてみましょう。「ひとつクリアできたらもうひとつ」といった感じで、ゆっくり進めるのが成功のポイントです。

自分に合った方法で美味しいご飯を作ろう!

気づいたら上達してるかも?(写真:iStock)
気づいたら上達してるかも? (写真:iStock)

 女性にとって、毎日のご飯作りは本当に大変なことですよね。でも、「苦痛」だと投げ出す前にできることは意外とたくさんあります。

 自分がご飯作りを苦痛に感じる原因を明確にして、無理のないペースで自分に合った改善方法を試してみてください。きっと、少しずつ今の苦痛が解消され、「楽しい!」と思えるようになるはずですよ。

ライフスタイル 新着一覧


10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...
経験や資格じゃない!自分に向いてる道を見つける簡単な方法
 仕事でも家事でも「なんかこれ自分に向いてないかも……」と思ってしまう時ってありませんか? 私も少し前まではそんなことを...
「菜々緒ポーズ」みたい? “にゃんたま”の魅力たっぷりの1枚
 こんな写真が撮れたらガッツポーズ!  きょうは、私が一番好きな「にゃんたまωポーズ」です。  にゃんたまω...
最強の汎用性で大活躍!インパクト抜群の「ピンクッション」
 にゃんこの習性なんでしょうけれど……。お気に入りのものには、自分の頭や首を使って入念にスリスリと自分の匂いを付けるって...
肩車で張り合った夜…引け目を感じても「パパ」にはなれない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月4日~10月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中銀カプセルタワービル 2021.10.4(月)
 銀座8丁目の首都高速沿いに建てられている中銀カプセルタワービル。2022年3月以降に解体されることが決定し、ニュースに...