ご飯作りを苦痛に感じる5つの原因&3ステップの改善方法!

コクハク編集部
更新日:2020-06-28 06:00
投稿日:2020-06-28 06:00
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、ご飯作りを苦痛に感じている女性は意外と多いようです。そこで今回は、ご飯作りに苦痛を感じてしまう5つの原因&改善方法をご紹介します。あなたに合った改善方法で、ご飯作りの苦痛を解消してくださいね!

ご飯作りを苦痛に感じてしまう5つの原因

キッチンに立つこと自体が苦痛(写真:iStock)
キッチンに立つこと自体が苦痛 (写真:iStock)

 女性にとって、毎日のご飯作りはとても大変なことでしょう。中には、「必ずやらなければならない」タスクになっている方もいるかもしれませんが、さまざまな理由からご飯作りを苦痛に感じてしまうことも。まずはじめに、ご飯作りを苦痛に感じてしまう5つの原因をひとつずつ見ていきましょう。

1. 仕事で疲れ果てている

 フルタイムで仕事をしていると、帰宅時には「仕事で疲れ果てて、ご飯作りをする余力がない」ということもあるでしょう。

 女性の1日は、仕事や育児、掃除や洗濯、買い出しなど、とにかくやることがたくさん。時間に余裕がないと、心の余裕もなくなってイライラ状態に。そのため、ご飯作りを苦痛に感じてしまうことが多くなります。

2. 献立を考えるのが面倒

「最近、気が付けは同じメニューの繰り返し……」なんて経験ありませんか? 毎日の献立は、メニュー以外に栄養のバランスも考えないといけないので、女性にとってはかなり大変な作業ですよね。献立を考えるのが面倒になると、どうしても毎日似たようなメニューの繰り返しになってしまい、結果的に「ご飯を作りたくない」という気持ちになってしまいます。

3. キッチンに立ちたくない

 そもそも料理が嫌いな人は、キッチンに立つこと自体に苦痛を感じることもあるでしょう。人間は無意識に「嫌いなことや苦手なこと」から自分を遠ざけたいと思うもの。そのため、料理が嫌いな人はキッチンに立つだけでストレスを感じてしまう場合があります。

 やりたくない料理をしていることに強いストレスを感じると、ご飯作りがつらく思えて、ついつい外食やお惣菜が多くなってしまいます。

4. 自分の料理に自信がない

「料理が嫌いなわけじゃないけど、自分の料理に自信がない……」という場合も、ご飯作りを苦痛に感じてしまう原因のひとつです。

 せっかく料理を作るのですから、できれば「美味しい!」と言ってもらいたいですよね。しかし、自分の料理に自信がないと不安ばかりが大きくなり、ご飯作りを苦痛だと感じてしまうでしょう。

5. 毎回料理に時間がかかってしまう

 忙しい女性向けに、「お手軽簡単◯分メニュー」など、料理本やネットには時短レシピがたくさん掲載されています。簡単にできると書いてあるメニューなのに、「なぜか何倍も時間がかかってしまう」という場合も、自分の要領の悪さから、ご飯作りを苦痛に思ってしまう傾向があります。

3STEPでご飯作りの苦痛を改善する方法!

まずはできることから始めてみる(写真:iStock)
まずはできることから始めてみる (写真:iStock)

 ご飯作りを苦痛だと感じてしまう理由は人それぞれありますが、できることなら改善して楽しく料理をしたいですよね。続いては、ご飯作りの苦痛を改善する方法をご紹介します。ひとつずつ、今の自分の心境を確認しながら読んでみてくださいね。

STEP1:なぜご飯を作りたくないのか確認する

 まずはじめに、自分がなぜご飯を作りたくないと思うのかを考え、メモに書き出してみましょう。この時、「献立を考えるのが面倒」「もっと自分の時間が欲しい」など、できるだけ細かく「苦痛だと思う理由」を明確にしていきます。

 メモに書き出すことで、自分が何に苦痛を感じているのかがわかるため、解決策が見えてきます。また、嫌なことを思い切り吐き出せるので気持ちも軽くなりますよ。

STEP2:将来的にどうなりたいのか目標を立てる

 次に、「将来的にどうなりたいのか」を同じくメモに書いてみましょう。「◯分で◯品作れるようになりたい」「ヘルシーでボリュームのある新メニューを開拓したい」など、細かく挙げていきましょう。ご飯作りを苦痛に感じる原因と、自分が今後どうなりたいのかを照らし合わせてみると、改善方法が見えてくるはずです。

STEP3:自分のできることからチャレンジしてみる

 自分の改善方法がわかっても、全て完璧に実践する必要はありません。はじめから詰め込みすぎてしまうと、かえって逆効果になってしまうので注意が必要です。

 まずは、自分にとって負担の少ないものから始めてみましょう。「ひとつクリアできたらもうひとつ」といった感じで、ゆっくり進めるのが成功のポイントです。

自分に合った方法で美味しいご飯を作ろう!

気づいたら上達してるかも?(写真:iStock)
気づいたら上達してるかも? (写真:iStock)

 女性にとって、毎日のご飯作りは本当に大変なことですよね。でも、「苦痛」だと投げ出す前にできることは意外とたくさんあります。

 自分がご飯作りを苦痛に感じる原因を明確にして、無理のないペースで自分に合った改善方法を試してみてください。きっと、少しずつ今の苦痛が解消され、「楽しい!」と思えるようになるはずですよ。

ライフスタイル 新着一覧


“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...
モフモフが魅力!「フランネルフラワー」を長く楽しむ方法
 ワタクシがまだ、若かりしころ。習っていたお花の教室のお師匠さんは、控えめで物腰が柔らかい、とても美しく静かな女性でござ...
ダジャレが可愛い!鳩サブレーグッズの世界 2021.5.5(水祝)
 全国的かつ国民的銘菓といっても過言ではない鎌倉名物・豊島屋の「鳩サブレー」。我が家もおやつ貯蔵庫に常備しております。子...
ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、...
5月3日~5月9日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...