男女の性愛ってナニ?虚構と真実に迫る花房観音著「愛の宿」

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-06-24 06:00
投稿日:2020-06-24 06:00
「愛の不時着」にドハマりしている方も、そうでない方も、映像以上に想像力を掻き立てられる文字で綴る“愛の世界”に浸りませんか? 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介するコクハク発のエンタメ情報。今回は、小説「愛の宿」(花房観音先生)です!

舞台は京都 ワケありカップルの物語

登場人物の心情を活写した1冊(写真:iStock)
登場人物の心情を活写した1冊 (写真:iStock)

「もし、あの夜、あのホテルに泊まらなければ――」

 性愛と情念の名手・花房先生が紡ぐ6篇は、この書き出しから始まります。舞台である京都の繁華街にひっそりと佇むラブホテルに、ワケありカップルが事件に巻き込まれて足止めされてしまうのです。

 カップルたちの事情は不倫や初体験、出会い系、元恋人との再会など奇抜な設定ではありませんが、心情の描き方に説得力があるのでグイグイ引き込まれていきます。独特のテンポがいいリズム感で書かれているので、ページを繰る指を止められませんでした。

「花房先生は、ご取材をされたのかしら。それとも今まで読書で得た知識や経験で書いたのかしら」

 どの篇でも思いましたが、筆者がとくに感じたのは「嘘の宿」。既婚男性である佐川修二と、独身女性である片山邦恵の不倫物語です。いつもならチェックアウトをしたらサヨウナラするはずなのに足止めされてしまい、邦恵は修二が「家庭を大切にしている」事実を目の当たりにしてしまいます。そして、「今まで修二と交際してきた自分の人生は何だったのか」と考え始めるのです。

――子どもが大きくなったら結婚しよう、妻を女と思ってない、お前が一番いい女だから、別れたくない。妻とはもう冷めているけれど子どもたちが大切だから家族でいるだけだ――私には、そう言ってたくせに、嘘じゃないか。

 不倫男が言い放つ、常套句のオンパレード! 既婚男性に口説かれている、あるいは関係を持っている女性は、絶対にこれらの言葉を信じてはいけません。あなたに本気で誠実であろうとする男性は、言葉とともに必ず行動も伴うはずだからです。

自身のラブホ経験も思い出しながら楽しめる

梅雨のおこもり読書に(写真:iStock)
梅雨のおこもり読書に (写真:iStock)

 筆者の知人に、一度きりでキッパリと不倫を卒業した30代の女性がいます。彼女いわく、「ホテルに入るまではすごく優しかったのに、コトが終わった途端、私の身支度が終わる前に、急いで先に帰ろうとした姿を見て急激に冷めた」とのこと。あの芸能人不倫ではありませんが、不倫をしても離婚はしない男性の大半は、これが本音なのかもしれません。

 作品に話を戻しますと。個人的にもっとも面白かったのは5篇目の「母の宿」。カップルの話ではなく、ラブホテルの経営者である55歳の鈴木久里子と、65歳の従業員、鷲谷冨美代を軸にした物語です。「この2人を中心に話を展開すれば、次作も上梓されるかもしれないし、ドラマ化もされるかも!?」と、心温まりながら拝読しました。

 ラブホテルの利用経験者であれば、自身のエピソードも一緒に思い出してしまう本作。筆者はコロナ禍以前に、夫と利用した日が頭に浮かびました。「夫婦でラブホテル?」と驚かれますが、ジェットバスに入りたかったのです。もちろんいたすことも想定内でしたが、ジェットバスに入って極上の眠り心地を手に入れて、気づけばチェックアウト時間を超過。夫は「どうせ延長料金を払うのであれば」と、再度、入浴を楽しんでいました。本作を読むと、みなさんも過去がよぎるかもしれません。

要チェック!

 花房先生は官能小説の第一人者として著名な作家名を冠した「第1回団鬼六賞」の大賞を受賞してデビューされているので、官能作家としてくくられがちですが、本作は官能というよりは恋愛要素が色濃く描かれています。過激すぎる性描写もないため、少しだけエロティックな気分を味わいたい人はぜひ一読を。真相が暴かれる、ラストの「愛の宿」まで一気読みできますよ。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い
 SNS上では「#ふてほど」のハッシュタグも登場し、ヒットの法則と言われる“四文字略語”が定着し始めている金曜ドラマ「不...
2024-02-27 17:03 エンタメ
「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方
 1月期ドラマの中で圧倒的に話題を集めている『不適切にもほどがある』(TBS系)。宮藤官九郎のオリジナル作品で、コンプラ...
2024-02-27 17:03 エンタメ
タナケン「業界」発言に違和感 喜劇界でも演劇界でもないワードチョイス
 タナケン(生瀬勝久)が入院したと聞き、山下(近藤芳正)とスズ子(趣里)は、タナケンの見舞いに行くことにする。  ...
桧山珠美 2024-02-27 15:05 エンタメ
TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明
 “失われた25年”は取り戻されるのか。宮藤官九郎脚本の連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)の第5話に、元関...
2024-02-26 17:03 エンタメ
NHKさん、スーパー家政婦・大野さんのレシピ本出版のご予定は?
 大野(木野花)が家政婦としてスズ子(趣里)の家に来て半年、愛子(小野美音)はニンジンを食べられずにスズ子を困らせていた...
桧山珠美 2024-02-26 16:00 エンタメ
広末涼子「独立」で有村架純×髙橋海人の結婚遠のく "事務所の抜けた穴"を埋めるためにフル稼働
 ダブル不倫騒動を経て2度目の離婚、無期限活動休止中だった女優の広末涼子(43)が、デビュー当初から所属していた芸能事務...
2024-02-25 17:03 エンタメ
芦田愛菜が少し嫌いになりそう…「さよならマエストロ」本筋以外が楽しみ
 イケメンの息子はやっぱりイケメンです。TBS日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」を見ながら、確信...
橋本環奈"写真集対決"で有村架純に敗れても心配無用 「新CM女王」にロックオン!
 有村架純(31)と橋本環奈(25)の"写真集対決"の結果に芸能界が一瞬ザワついた。  橋本は今月3日、自身3作目で5...
2024-02-24 17:03 エンタメ
恐るべし、大野さん! おてんば愛子を“瞬殺教育”、白い割烹着は信頼の証
 茨田りつ子(菊地凛子)の紹介で、大野晶子(木野花)がスズ子(趣里)の家政婦として働くことになる。  この日のスズ...
桧山珠美 2024-02-24 13:55 エンタメ
錦戸亮“主演抹消過去”もバネに復活!山ピー、平野ら民放地上波で続々躍動
 2月23日、「不適切にもほどがある!」(TBS系、以下「ふてほど」)に錦戸亮(39)がゲストで登場し、大反響を巻き起こ...
こじらぶ 2024-02-24 16:04 エンタメ
森山直太朗×内田也哉子 NHK「オチビサン」主題歌制作秘話【特別対談/後編】
森山 也哉子さんとはほぼ同い年で、とても親近感がありますね。僕の周りも老眼の話が出てくるようになりました。 内田 一番...
2024-02-23 17:03 エンタメ
オードリーが「ラジオ界の覇王」と呼ばれるまで…異常人気の理由「気密性」とは?
 オードリーの若林正恭(45)と春日俊彰(45)が“真のラジオモンスター”となった。ニッポン放送の深夜ラジオ「オードリー...
2024-02-22 17:03 エンタメ
NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言
 NHKは春の番組改編で旧ジャニーズ事務所(現・SMILE-UP.)の所属タレントが出演する、Eテレ「バリューの真実」(...
2024-02-22 17:03 エンタメ
痛快すぎるりつ子のひと言、“眼鏡会計ババア”でざわつかせた女優登場!
 スズ子(趣里)は、羽鳥善一(草彅剛)に新曲にはブギの歌を書いてほしいとお願いする。  はじめは、ブギが続けば面白...
桧山珠美 2024-02-22 15:05 エンタメ
門脇麦「厨房のありす」に「セクシー田中さん」問題が重なる不運…難役続き《普通の演技見たい》の声も
 門脇麦(31)が主演を務める「厨房のありす」(日本テレビ系)が、世帯視聴率5%台と伸び悩んでいる。門脇が演じるのは、コ...
2024-02-21 17:03 エンタメ
SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁
「SMAP×SMAP」や「笑っていいとも!」など人気番組を手がけ、13日に54歳で亡くなったフジテレビの編成制作局バラエ...
2024-02-20 17:03 エンタメ