男女の性愛ってナニ?虚構と真実に迫る花房観音著「愛の宿」

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-06-24 06:00
投稿日:2020-06-24 06:00
「愛の不時着」にドハマりしている方も、そうでない方も、映像以上に想像力を掻き立てられる文字で綴る“愛の世界”に浸りませんか? 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介するコクハク発のエンタメ情報。今回は、小説「愛の宿」(花房観音先生)です!

舞台は京都 ワケありカップルの物語

登場人物の心情を活写した1冊(写真:iStock)
登場人物の心情を活写した1冊 (写真:iStock)

「もし、あの夜、あのホテルに泊まらなければ――」

 性愛と情念の名手・花房先生が紡ぐ6篇は、この書き出しから始まります。舞台である京都の繁華街にひっそりと佇むラブホテルに、ワケありカップルが事件に巻き込まれて足止めされてしまうのです。

 カップルたちの事情は不倫や初体験、出会い系、元恋人との再会など奇抜な設定ではありませんが、心情の描き方に説得力があるのでグイグイ引き込まれていきます。独特のテンポがいいリズム感で書かれているので、ページを繰る指を止められませんでした。

「花房先生は、ご取材をされたのかしら。それとも今まで読書で得た知識や経験で書いたのかしら」

 どの篇でも思いましたが、筆者がとくに感じたのは「嘘の宿」。既婚男性である佐川修二と、独身女性である片山邦恵の不倫物語です。いつもならチェックアウトをしたらサヨウナラするはずなのに足止めされてしまい、邦恵は修二が「家庭を大切にしている」事実を目の当たりにしてしまいます。そして、「今まで修二と交際してきた自分の人生は何だったのか」と考え始めるのです。

――子どもが大きくなったら結婚しよう、妻を女と思ってない、お前が一番いい女だから、別れたくない。妻とはもう冷めているけれど子どもたちが大切だから家族でいるだけだ――私には、そう言ってたくせに、嘘じゃないか。

 不倫男が言い放つ、常套句のオンパレード! 既婚男性に口説かれている、あるいは関係を持っている女性は、絶対にこれらの言葉を信じてはいけません。あなたに本気で誠実であろうとする男性は、言葉とともに必ず行動も伴うはずだからです。

自身のラブホ経験も思い出しながら楽しめる

梅雨のおこもり読書に(写真:iStock)
梅雨のおこもり読書に (写真:iStock)

 筆者の知人に、一度きりでキッパリと不倫を卒業した30代の女性がいます。彼女いわく、「ホテルに入るまではすごく優しかったのに、コトが終わった途端、私の身支度が終わる前に、急いで先に帰ろうとした姿を見て急激に冷めた」とのこと。あの芸能人不倫ではありませんが、不倫をしても離婚はしない男性の大半は、これが本音なのかもしれません。

 作品に話を戻しますと。個人的にもっとも面白かったのは5篇目の「母の宿」。カップルの話ではなく、ラブホテルの経営者である55歳の鈴木久里子と、65歳の従業員、鷲谷冨美代を軸にした物語です。「この2人を中心に話を展開すれば、次作も上梓されるかもしれないし、ドラマ化もされるかも!?」と、心温まりながら拝読しました。

 ラブホテルの利用経験者であれば、自身のエピソードも一緒に思い出してしまう本作。筆者はコロナ禍以前に、夫と利用した日が頭に浮かびました。「夫婦でラブホテル?」と驚かれますが、ジェットバスに入りたかったのです。もちろんいたすことも想定内でしたが、ジェットバスに入って極上の眠り心地を手に入れて、気づけばチェックアウト時間を超過。夫は「どうせ延長料金を払うのであれば」と、再度、入浴を楽しんでいました。本作を読むと、みなさんも過去がよぎるかもしれません。

要チェック!

 花房先生は官能小説の第一人者として著名な作家名を冠した「第1回団鬼六賞」の大賞を受賞してデビューされているので、官能作家としてくくられがちですが、本作は官能というよりは恋愛要素が色濃く描かれています。過激すぎる性描写もないため、少しだけエロティックな気分を味わいたい人はぜひ一読を。真相が暴かれる、ラストの「愛の宿」まで一気読みできますよ。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2」の見どころを解説
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  ジャン=ポール・ベルモンドの作品(計5本)が見られる。5月12日からの新宿武蔵...
2021-05-14 17:03 エンタメ
スライム乳の小向美奈子はストリッパー歴12年 逮捕3回経て
 元グラビアアイドルで、現在、ストリッパーとして活動する小向美奈子(35)の近況を「NEWSポストセブン」が伝えている。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性
 今、“ポンコツ”を演じさせたら、松坂桃李(32)の右に出る役者はいないだろう。4月24日から始まったNHK土曜ドラマ「...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂慶子“30年の親子断絶”支えた 夫・高内春彦氏の献身愛
 GW前に古株の芸能関係者で話題になったのが、松坂慶子(68)のプライべートだった。女性誌に久しぶりに夫のジャズギタリス...
2021-05-14 17:03 エンタメ
虹コン・清水理子が初ソロCD発売「残るものは格別の喜び」
 虹のコンキスタドールの清水理子(24)が12日、初のソロデビューシングル「あなたへ」(キングレコード)をリリースした。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
カウンターの健サンが何と「サブちゃん、こっちこないか」
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#6 (前回から続く)  役者に成る! なんてユメは雲散霧消だなへへへのへだ、なんて自...
2021-05-14 17:03 エンタメ
“恋多き女”MALIA.「動物的なカン」で男性を選び4度の結婚
【芸能界「男と女のラブゲーム」の末路】#4 MALIA.(マリア)  芸能界の不倫・熱愛報道を家族問題評論家の池内ひろ...
2021-05-14 17:03 エンタメ
<37>この陽子が好き 幸せなときなのに孤独感が写っている
【天才アラーキー傘寿を語る】#37  5月17日は陽子の誕生日。この写真好きだね。この陽子、好きなんだよね。今、陽子の...
2021-05-14 17:03 エンタメ
成田凌は朝ドラの法則壊す?“クズの一平”のまま終わるのか
 杉咲花(23)主演の朝ドラ「おちょやん」が5月14日に最終回を迎える。主人公の竹井千代は「鶴亀新喜劇」の舞台に再び立つ...
2021-05-13 17:03 エンタメ
小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情
 今年9月で婚約内定から丸4年が経過しようとしている、秋篠宮家・長女の眞子さま(29)と小室圭さん(29)。4月8日に小...
2021-05-13 17:03 エンタメ
山崎育三郎「みんなのうたフェス」で輝く"エールロス"払拭
 NHK「みんなのうた」の放送開始60年を記念した特別生番組「みんなのうた60フェス」が5月8日生放送された。これまで大...
2021-05-13 17:03 エンタメ
コブクロ黒田ドロ沼不倫 出版差し止め請求で“恥の上塗り”
 国民的デュオに不倫スキャンダル発覚だ。コブクロの“大きいほう”黒田俊介(44)が、2017年秋ごろに飲み会で知り合った...
2021-05-13 17:03 エンタメ
EXIT兼近24時間配信は大盛況 メール漏洩のアクシデントも
 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)が、5月9日にYouTubeチャンネル『かねちーといっしょ』を開設。11日に...
2021-05-13 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか
「さすが生徒役も粒揃いですねえ」と、テレビ誌ライターが感心しきりなのが、阿部寛(56)主演のTBS系日曜劇場「ドラゴン桜...
2021-05-13 17:03 エンタメ
伊藤健太郎の“ミソギ謝罪”は大失敗…言い訳だらけに不快感
 俳優の伊藤健太郎(23)が先日、ひき逃げ事故後、インタビューに登場した。逮捕時の注目度に比べかなり反応は薄く、ネット上...
2021-05-13 17:03 エンタメ
Mr.ボールド 一輪車使って老若男女、外国人まで爆笑させる
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#48  Mr.ボールド  ◇  ◇  ◇  1990年代から2000代年にかけて...
2021-05-13 17:03 エンタメ