男女の性愛ってナニ?虚構と真実に迫る花房観音著「愛の宿」

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-06-24 06:00
投稿日:2020-06-24 06:00
「愛の不時着」にドハマりしている方も、そうでない方も、映像以上に想像力を掻き立てられる文字で綴る“愛の世界”に浸りませんか? 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介するコクハク発のエンタメ情報。今回は、小説「愛の宿」(花房観音先生)です!

舞台は京都 ワケありカップルの物語

登場人物の心情を活写した1冊(写真:iStock)
登場人物の心情を活写した1冊 (写真:iStock)

「もし、あの夜、あのホテルに泊まらなければ――」

 性愛と情念の名手・花房先生が紡ぐ6篇は、この書き出しから始まります。舞台である京都の繁華街にひっそりと佇むラブホテルに、ワケありカップルが事件に巻き込まれて足止めされてしまうのです。

 カップルたちの事情は不倫や初体験、出会い系、元恋人との再会など奇抜な設定ではありませんが、心情の描き方に説得力があるのでグイグイ引き込まれていきます。独特のテンポがいいリズム感で書かれているので、ページを繰る指を止められませんでした。

「花房先生は、ご取材をされたのかしら。それとも今まで読書で得た知識や経験で書いたのかしら」

 どの篇でも思いましたが、筆者がとくに感じたのは「嘘の宿」。既婚男性である佐川修二と、独身女性である片山邦恵の不倫物語です。いつもならチェックアウトをしたらサヨウナラするはずなのに足止めされてしまい、邦恵は修二が「家庭を大切にしている」事実を目の当たりにしてしまいます。そして、「今まで修二と交際してきた自分の人生は何だったのか」と考え始めるのです。

――子どもが大きくなったら結婚しよう、妻を女と思ってない、お前が一番いい女だから、別れたくない。妻とはもう冷めているけれど子どもたちが大切だから家族でいるだけだ――私には、そう言ってたくせに、嘘じゃないか。

 不倫男が言い放つ、常套句のオンパレード! 既婚男性に口説かれている、あるいは関係を持っている女性は、絶対にこれらの言葉を信じてはいけません。あなたに本気で誠実であろうとする男性は、言葉とともに必ず行動も伴うはずだからです。

自身のラブホ経験も思い出しながら楽しめる

梅雨のおこもり読書に(写真:iStock)
梅雨のおこもり読書に (写真:iStock)

 筆者の知人に、一度きりでキッパリと不倫を卒業した30代の女性がいます。彼女いわく、「ホテルに入るまではすごく優しかったのに、コトが終わった途端、私の身支度が終わる前に、急いで先に帰ろうとした姿を見て急激に冷めた」とのこと。あの芸能人不倫ではありませんが、不倫をしても離婚はしない男性の大半は、これが本音なのかもしれません。

 作品に話を戻しますと。個人的にもっとも面白かったのは5篇目の「母の宿」。カップルの話ではなく、ラブホテルの経営者である55歳の鈴木久里子と、65歳の従業員、鷲谷冨美代を軸にした物語です。「この2人を中心に話を展開すれば、次作も上梓されるかもしれないし、ドラマ化もされるかも!?」と、心温まりながら拝読しました。

 ラブホテルの利用経験者であれば、自身のエピソードも一緒に思い出してしまう本作。筆者はコロナ禍以前に、夫と利用した日が頭に浮かびました。「夫婦でラブホテル?」と驚かれますが、ジェットバスに入りたかったのです。もちろんいたすことも想定内でしたが、ジェットバスに入って極上の眠り心地を手に入れて、気づけばチェックアウト時間を超過。夫は「どうせ延長料金を払うのであれば」と、再度、入浴を楽しんでいました。本作を読むと、みなさんも過去がよぎるかもしれません。

要チェック!

 花房先生は官能小説の第一人者として著名な作家名を冠した「第1回団鬼六賞」の大賞を受賞してデビューされているので、官能作家としてくくられがちですが、本作は官能というよりは恋愛要素が色濃く描かれています。過激すぎる性描写もないため、少しだけエロティックな気分を味わいたい人はぜひ一読を。真相が暴かれる、ラストの「愛の宿」まで一気読みできますよ。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


元フジ大島由香里が衝撃SEXY! 初の写真集が発売2日で重版
 元フジテレビのアナウンサー大島由香里(37)の初グラビア写真集「モノローグ」(講談社)が、22日の発売後2日で重版が決...
2021-02-27 17:03 エンタメ
貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か
 花田優一氏(25)が突然、「週刊女性」(2月16日号)で、父親である元横綱・貴乃花の花田光司氏(48)からモラハラや暴...
2021-02-27 17:03 エンタメ
ゆりやんは38キロ減“コロナ痩せ”でお笑い界も健康志向に
 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(30)が体重38キロ減で話題になっている。ステイホーム期間中にパーソナルトレーナーの...
2021-02-27 17:03 エンタメ
二つ目に昇進した年にNHK新人演芸大賞受賞するも戸惑いが
【桂宮治 大いに語る】#4  2008年2月、31歳にして桂伸治に入門し、宮治という芸名で前座修業が始まる。 「30...
2021-02-27 17:03 エンタメ
記者にとって「雑談」は最重要…90年代の珍企画とその顛末
【芸能記者稼業 血風録】#132  コロナ禍の長い自粛生活で気が付いたことがある。人間には「雑談」が必要だ。仕事はリモ...
2021-02-27 17:03 エンタメ
渡部建は豊洲バイトより今こそ愚直に話術を学んでほしい
【芸能界ぶっちゃけトーク】  昨年6月から活動自粛が続き、年末の芸能活動復帰の狙いもうまくいかなかった渡部建(48)が...
2021-02-27 17:03 エンタメ
小室哲哉がKEIKOと離婚成立 不倫報道で払う慰謝料はいくら
 元音楽プロデューサーの小室哲哉(62)とglobeのKEIKO(48)の離婚問題にようやく決着がついた。2月26日に離...
2021-02-27 17:03 エンタメ
退所続出もSnow Man SixTONESら若手ジャニーズ爆売れの訳
 近年、あのジャニーズ帝国から退所者が続出し、事務所の行く末を心配する声があがっています。SMAP解散以降、木村拓哉さん...
こじらぶ 2021-02-27 06:00 エンタメ
高橋英樹が引退説完全否定!生涯現役宣言を裏付ける強みとその源は?
 俳優の高橋英樹(77)とフリーアナウンサーの高橋真麻(39)親子が24日、都内で行われたドン・キホーテ「情熱価格」リニ...
2021-02-26 17:03 エンタメ
DHC会長の差別発言で不買運動に発展 実は“夜の街”でも有名
 DHCグループの創業者である吉田嘉明会長が、人種差別的ヘイト発言や、社員の不当解雇疑惑などで炎上、不買運動が起きるなど...
2021-02-26 17:03 エンタメ
結婚披露宴で「会社、辞めます」と宣言して落語家の道に
【桂宮治 大いに語る】#3  宮治は1976年10月、品川区武蔵小山で生まれ育った。本名、宮利之。生家は武蔵小山駅近く...
2021-02-26 17:03 エンタメ
香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声
 元SMAPの香取慎吾(44)が俳優として、タレントとして正念場を迎えている。  現在、主演を務めるドラマ「アノニマス...
2021-02-26 17:33 エンタメ
踏んだり蹴ったり! 沖縄脱出の修学旅行なのに当日大寝坊
【スリムクラブ「僕らでもナンクルなりました」】#45  皆さんどうも、真栄田です。思春期の頃って、繊細で本当にちょっと...
2021-02-26 17:03 エンタメ
玉川発言が番組目玉 煽る報道は昔からメディアの常套手段
【芸能記者稼業 血風録】#131  新型コロナウイルス報道も1年が経つ。各番組、さまざまな角度からの報道が続くなか、常...
2021-02-26 17:03 エンタメ
<27>子どもの頃、遊び場は「投げ込み寺」遊女の墓場だった
【天才アラーキー傘寿を語る】#27  これは、三ノ輪(台東区)の実家の近くの浄閑寺で撮った写真なんだ。彼岸花だけどね。...
2021-02-26 17:03 エンタメ
「痛くない死に方」評判上々 宇崎と下元と高橋監督の結束
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  在宅医療の実情を描く「痛くない死に方」の評判がいい。在宅医療のスペシャリストで...
2021-02-26 17:03 エンタメ