令和を幸せに元気に過ごす!「赤」の名言集をお守り代わりに

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-01-29 06:08
投稿日:2020-01-29 06:00
 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介するコクハク発のエンタメ情報です。今回は書籍、「心を元気にする赤い花と名言 赤の言の葉」です!

「赤い色」がもたらす心の効果とは

「赤い言の葉」より
「赤い言の葉」より

 左側には毎ページ異なる色鮮やかな赤い花が、右側には名言が一言のみ記されている「赤い言の葉」。パラパラとめくって好きなページを読める構成なので、いつでも気軽に目を通すことができます。

 赤には、以下のような心理的効果があるそうです。

・エネルギッシュで、やる気をみなぎらせ、気持ちを前向きにする。
・情熱的に行動的に、また外向的になる。
・落ち込んでいるときには元気づけてくれる

 気のせいかもしれませんが筆者は、赤い色のアイテムを眺めると元気がチャージされるような感覚になります。終日原稿を書くデスクワークで疲れたときに、机上に置いてある赤いプリザーブドフラワーを見ていて感じました。今はこの書籍も手元に置いて、リフレッシュしたいときに読んでいます。

偉大な女性による女性のための名言70選

「赤い言の葉」より
「赤い言の葉」より

 本書の右側には、歴史上の人物から21世紀のアーティストまで、70人の偉大な女性による女性のための、心に刺さる名言がズラリと並んでいます。抜粋して、いくつかご紹介します。

◎「わたしたちは年々老いていくのではなく、日々新しくなっていくのです」
(エミリー・ディキンソン/詩人)

 19世紀世界文学の天才詩人と呼ばれていますが、作品が評価されたのは没後だそうです。北米の小さな町の屋敷から出ることなく生涯を終えた彼女の人生は、『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』という作品名で映画化されています。主演は彼女の詩の愛読者で『セックス・アンド・ザ・シティ』のミランダ役で有名な、シンシア・ニクソンが務めています。

◎「決意した女性に不可能はありません」
(ルイーザ・メイ・オルコット/作家)

 名作『若草物語』で知られる彼女は、ほかにも「人間の顔は、彼の持っている徳の一部である」などの名言も残しているそうです。顔に生き様が現れるというのはよく知られている説なので、納得する人も多いのではないでしょうか。

◎「感謝の日記をつけ続け、毎晩、あなたが何に感謝したかを5つ、リストアップしましょう。そうすればあなたの一日と人生に対する考え方が変わり始めます」
(オプラ・ウィンフリー/テレビ司会者)

 冠番組の、『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、「世界で最も有力な女性」と称された女性です。シングルマザーの貧しい家庭に育ったそうですが、かつては世界唯一の黒人の億万長者であり、2018年にはゴールデングローブ賞で功労賞にあたるセシル・B・デミル賞を黒人女性で初めて受賞する功績を残しています。

 ほかにもヘレン・ケラーや、ココ・シャネル、マザー・テレサ、オードリー・ヘップバーン、ダイアナ元公妃など、名だたる女性が発した名言がオンパレードの本書。筆者は一読して思い出しました。大切な人からもらった言葉を。

 筆者がつらい体験をして、恨みに近い感情を捨てられずにいる時期でした。母が「わたしの言葉ではないけれど」と前置きして、こう言ったのです。

「かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め」

 確か、「かけた情けは水に流せ」を「恨みは砂に書いて流せ」と言い換えてくれた記憶があります。目を閉じて海の波と砂を想像したら、ネガティブな感情がスーッと消えていき、久々に本来の自分に戻ったような感じがしました。

 昔の知人から、「自分に文句を言ってくる他人が、自分の人生に責任をとってくれるわけじゃないから気にしなくていい」という言葉も脳裏に蘇ったため、読むと大切な人からの言葉を思い出せるかもしれません。お守り代わりに身近に置いてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


人見知り必見! 気になる人との距離を最短で縮める方法とは
 男女問わず「なんかこの人、誰とでもすぐ親しくなるなー」って人、周りにいませんか? 私はどちらかといえば人見知りなので、...
首をかしげて考え中 “にゃんたま”に学ぶ「あざとカワイイ」
 きょうは、猫の『あざとカワイイ』について考えます。  まず、猫は「うまくいかなかったにゃ」と失敗を誤魔化す時の、...
我流♡サーティワンアイスクリームの楽しみ方 2021.4.22(木)
 こんにちは。サーティワン愛好家のアラサー女子です。家族全員、サーティワンが好きで、物心が付いたときにはサーティワンを食...
せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...