令和を幸せに元気に過ごす!「赤」の名言集をお守り代わりに

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-01-29 06:08
投稿日:2020-01-29 06:00
 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介するコクハク発のエンタメ情報です。今回は書籍、「心を元気にする赤い花と名言 赤の言の葉」です!

「赤い色」がもたらす心の効果とは

「赤い言の葉」より
「赤い言の葉」より

 左側には毎ページ異なる色鮮やかな赤い花が、右側には名言が一言のみ記されている「赤い言の葉」。パラパラとめくって好きなページを読める構成なので、いつでも気軽に目を通すことができます。

 赤には、以下のような心理的効果があるそうです。

・エネルギッシュで、やる気をみなぎらせ、気持ちを前向きにする。
・情熱的に行動的に、また外向的になる。
・落ち込んでいるときには元気づけてくれる

 気のせいかもしれませんが筆者は、赤い色のアイテムを眺めると元気がチャージされるような感覚になります。終日原稿を書くデスクワークで疲れたときに、机上に置いてある赤いプリザーブドフラワーを見ていて感じました。今はこの書籍も手元に置いて、リフレッシュしたいときに読んでいます。

偉大な女性による女性のための名言70選

「赤い言の葉」より
「赤い言の葉」より

 本書の右側には、歴史上の人物から21世紀のアーティストまで、70人の偉大な女性による女性のための、心に刺さる名言がズラリと並んでいます。抜粋して、いくつかご紹介します。

◎「わたしたちは年々老いていくのではなく、日々新しくなっていくのです」
(エミリー・ディキンソン/詩人)

 19世紀世界文学の天才詩人と呼ばれていますが、作品が評価されたのは没後だそうです。北米の小さな町の屋敷から出ることなく生涯を終えた彼女の人生は、『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』という作品名で映画化されています。主演は彼女の詩の愛読者で『セックス・アンド・ザ・シティ』のミランダ役で有名な、シンシア・ニクソンが務めています。

◎「決意した女性に不可能はありません」
(ルイーザ・メイ・オルコット/作家)

 名作『若草物語』で知られる彼女は、ほかにも「人間の顔は、彼の持っている徳の一部である」などの名言も残しているそうです。顔に生き様が現れるというのはよく知られている説なので、納得する人も多いのではないでしょうか。

◎「感謝の日記をつけ続け、毎晩、あなたが何に感謝したかを5つ、リストアップしましょう。そうすればあなたの一日と人生に対する考え方が変わり始めます」
(オプラ・ウィンフリー/テレビ司会者)

 冠番組の、『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、「世界で最も有力な女性」と称された女性です。シングルマザーの貧しい家庭に育ったそうですが、かつては世界唯一の黒人の億万長者であり、2018年にはゴールデングローブ賞で功労賞にあたるセシル・B・デミル賞を黒人女性で初めて受賞する功績を残しています。

 ほかにもヘレン・ケラーや、ココ・シャネル、マザー・テレサ、オードリー・ヘップバーン、ダイアナ元公妃など、名だたる女性が発した名言がオンパレードの本書。筆者は一読して思い出しました。大切な人からもらった言葉を。

 筆者がつらい体験をして、恨みに近い感情を捨てられずにいる時期でした。母が「わたしの言葉ではないけれど」と前置きして、こう言ったのです。

「かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め」

 確か、「かけた情けは水に流せ」を「恨みは砂に書いて流せ」と言い換えてくれた記憶があります。目を閉じて海の波と砂を想像したら、ネガティブな感情がスーッと消えていき、久々に本来の自分に戻ったような感じがしました。

 昔の知人から、「自分に文句を言ってくる他人が、自分の人生に責任をとってくれるわけじゃないから気にしなくていい」という言葉も脳裏に蘇ったため、読むと大切な人からの言葉を思い出せるかもしれません。お守り代わりに身近に置いてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...
FILM
 にゃんたまωカレンダー2020を飾って下さっている方々から、多くのラッキー報告を頂きました。ありがとうございます!!!...
FILM
 毎月の給与明細を見ると、ゴッソリ引かれている健康保険料。正社員の人はもちろん、夫の扶養を外れたり、パート勤務にも社会保...
FILM
 子どもって、これをやったらダメだっていうことをわかっていても、あえてイタズラして親の気を引こうとすることありますよね。...
FILM
 今年は夏バテせず、運動不足のコロナ太りも相まって、体重は記録更新中。  そしてもうすぐ、天高く馬肥ゆる秋(てんた...
FILM
「例のヤツ、今日あるの?」  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、本日も「例のブツ」をお目当てのお客様がやって参...