尽くす女性は重い?特徴や男性の本音&尽くし上手になる方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-07-13 22:49
投稿日:2020-07-13 06:00
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」そんなイメージを持つ人の方が多いかもしれませんね。
 好きな人を思って尽くすことは決して悪いことではありませんが、なぜ、重いと感じられてしまうのでしょうか? そこで今回は、尽くす女性の特徴や、尽くし上手になる方法をご紹介します。

尽くす女性をどう思う? 男性の本音をリサーチ

尽くす女性のイメージは…(写真:iStock)
尽くす女性のイメージは… (写真:iStock)

 尽くす女性は、男性からはどのように捉えられているのでしょうか? まずは、本音をリサーチしてみました。

大事にされていると思う

 単純に、「尽くされると大事にされていると思う」「愛情を感じる」と答える男性も多いです。

 人間は、誰かに愛されたい、認められたいという願望を少なからず持っているため、一直線に愛情を尽くしてくれる彼女に惹かれてしまう男性は多いのでしょう。

安心感がある

 振り回される恋愛ばかりしていた男性や、以前彼女に浮気をされたことがある男性の場合には、自分に尽くしてくれる女性を見ると安心感を感じるよう。

 尽くすことを重いと思わず、愛情表現の1つだと思ってくれる男性とは、利害関係が一致して相性が良いようです。

甘えすぎたり、利用してしまいそうで嫌

 男性の中には、なんでもしてくれる、なんでも許してくれる彼女に、甘えすぎたり、時に利用してしまいそうになるのが嫌、という声もありました。

 至れり尽くせりされている状況は楽である反面、男性にとっては自分が成長できなくなるようで、「このままでいいのかな?」と思ってしまうのかもしれません。

正直言って「重い……」

 尽くされることが苦手な男性も多いです。愛情を返さなければならないと感じてしまうため、正直言って「重い……」という声も。

 始めは尽くされることが嬉しかったものの、慣れてくるとだんだんと面倒になってしまうケースも多いようです。

尽くす女性の特徴5選! あなたはどう?

独りよがりになってない?(写真:iStock)
独りよがりになってない? (写真:iStock)

 女性の中には、「好きな人にとことん尽くしたい」という尽くし体質の方がいるでしょう。次に、そんな女性の特徴をご紹介します。

1. 彼氏に意見したり怒ったりしない

 尽くす女性は、彼氏の言うことが絶対なため、意見したり怒ったりしません。たとえ彼氏が間違ったことをしても、「嫌われたくない」という心理が働き、容認してしまうのです。

 男性からしたら、居心地の良さを感じる反面、物足りなく感じることもあるでしょう。「自分を持っていない」と、思われてしまうこともあるかもしれません。

2. 尽くすことが幸せ

「誰かに尽くして生きていきたい」と、そんなことを本気で言いのけるのが尽くす女性。人によっては、母親が子どもを思うような無償の愛に近い感情を持っているかもしれません。

 彼氏に尽くすこと=自分が幸せにもなれることでもあるため、“やってあげている”という感情はゼロ。でも、中には「こんなにしてあげてるんだからあなたにもしてほしい」など、見返りを求めてしまう女性もいます。

3. 彼氏のひどい行為を許しがち

 たとえば、彼氏の浮気や借金などのひどい行為でも許してしまうのも、尽くす女性の特徴かもしれません。こういったタイプの女性は、自分に自信がないことで尽くしてしまい、認めてもらいたいと思っている場合が多いです。

 男性に「都合の良い女性」として利用されてしまう可能性もありますが、相手に非があったとしても彼氏を失いたくないため、堪えてしまうのです。

4. 束縛をする

 尽くす女性の中には、尽くしたいあまりに彼氏を束縛してしまう方もいます。彼氏の家の近くへと引越しをしたり、自分の予定を入れる時、まずは彼氏のスケジュールをチェックしてからにしたりと、「なんでも一緒」の状況を作ろうとしたりします。

 しかし、その結果彼氏の時間を奪ってしまい、重たいと思われてしまうこともあるでしょう。

5. 彼氏の好みに合わせる

 尽くす女性は、とことん彼氏の好みに合わせます。ファッションや髪型など見た目に関することだけではなく、「こんな女性が好き」という彼氏の好みの女性になりたがります。全てにおいて彼氏の意見が優先されるため、本来の自分がなくなってしまうことも。

 彼氏からすると、全て予想の範囲内の女性におさまってしまうため、良い意味でのギャップがなくなってしまうでしょう。

重いと思われるのは嫌! 尽くし上手になるには?

自分の時間も大切にすること(写真:iStock)
自分の時間も大切にすること (写真:iStock)

 心から「尽くす」というのは、なかなか難しいことです。相手を思ってだけの感情ではなく、自分の願望を少なからず含めてしまうと、それは「重い」に変化して、面倒に思われてしまいますから。

 では、尽くし体質を活かして上手に尽くすには、どうすれば良いのでしょうか?

束縛と自由の塩梅を大切にする

 束縛は、相手のことが好きだからこそ起こる感情です。恋愛においてはスパイスにもなり得るものですが、過度な束縛はやはり相手の負担になってしまうでしょう。

 尽くし上手になるには、相手の自由を尊重することも大切。ひとりになりたい時間を作ってあげるのも1つの尽くし方だと思ってみると良いのかもしれません。

本当に困っている時だけサポートする

「尽くす女性はダメ男を生む」、と言われますが、これにも一理あります。1から10までなんでもしてあげると男性は女性に甘え切ってしまい、能動的に動いてくれなくなるでしょう。

 最初はありがたがられたことが、そのうち「当たり前」になってしまう可能性も。そうなれば、もしも尽くせない事態が起こった時、男性は少なからず不便を感じ、不満が起こる場合もあります。

 そんなかっこ悪い男性にしてしまうのは、尽くしすぎる女性のせいでもあるのです。かっこよくいてもらうためにも、彼氏が本当に困っている時だけサポートするのも一案かもしれません。

恋愛に振り回されずに自分の時間を持つ

 尽くし体質の女性は、彼氏が一番! という恋愛体質であることが多いです。しかし、これだと、重い女性へとまっしぐら。

 月並みですが、恋愛に振り回されずに自分の時間を持つことが大切です。友人と遊んだり、趣味や習い事を始めてみるのも良いかもしれません。

 あなたが新しい世界を持つことで話題も増えますし、彼氏の刺激にもなるでしょう。万が一、別れてしまっても、時間を上手に使えるようになったあなたには、一人を楽しむことができる余裕ができているはずです。

「尽くし上手は愛され上手」を♪ ギブ&ギブの関係を目指して

見返りを求めるのはダメなこと?(写真:iStock)
見返りを求めるのはダメなこと? (写真:iStock)

「私は尽くし体質!」と、思っている女性は多いでしょう。しかし、「見返りを求めない」と思いつつも、そこに感謝の気持ちや嬉しそうな笑顔がないと寂しくなってしまっていませんか?

 恋愛はやはり、ギブ&ギブが良いのかと。「尽くしたい」と思う気持ちに、どこかしらで疲れを感じるのであれば、尽くし方を見直す時期なのかもしれません。

「尽くし上手は愛され上手」、そんな女性を目指したいものですね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ