尽くす女性は重い?特徴や男性の本音&尽くし上手になる方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-07-13 22:49
投稿日:2020-07-13 06:00
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」そんなイメージを持つ人の方が多いかもしれませんね。
 好きな人を思って尽くすことは決して悪いことではありませんが、なぜ、重いと感じられてしまうのでしょうか? そこで今回は、尽くす女性の特徴や、尽くし上手になる方法をご紹介します。

尽くす女性をどう思う? 男性の本音をリサーチ

尽くす女性のイメージは…(写真:iStock)
尽くす女性のイメージは… (写真:iStock)

 尽くす女性は、男性からはどのように捉えられているのでしょうか? まずは、本音をリサーチしてみました。

大事にされていると思う

 単純に、「尽くされると大事にされていると思う」「愛情を感じる」と答える男性も多いです。

 人間は、誰かに愛されたい、認められたいという願望を少なからず持っているため、一直線に愛情を尽くしてくれる彼女に惹かれてしまう男性は多いのでしょう。

安心感がある

 振り回される恋愛ばかりしていた男性や、以前彼女に浮気をされたことがある男性の場合には、自分に尽くしてくれる女性を見ると安心感を感じるよう。

 尽くすことを重いと思わず、愛情表現の1つだと思ってくれる男性とは、利害関係が一致して相性が良いようです。

甘えすぎたり、利用してしまいそうで嫌

 男性の中には、なんでもしてくれる、なんでも許してくれる彼女に、甘えすぎたり、時に利用してしまいそうになるのが嫌、という声もありました。

 至れり尽くせりされている状況は楽である反面、男性にとっては自分が成長できなくなるようで、「このままでいいのかな?」と思ってしまうのかもしれません。

正直言って「重い……」

 尽くされることが苦手な男性も多いです。愛情を返さなければならないと感じてしまうため、正直言って「重い……」という声も。

 始めは尽くされることが嬉しかったものの、慣れてくるとだんだんと面倒になってしまうケースも多いようです。

尽くす女性の特徴5選! あなたはどう?

独りよがりになってない?(写真:iStock)
独りよがりになってない? (写真:iStock)

 女性の中には、「好きな人にとことん尽くしたい」という尽くし体質の方がいるでしょう。次に、そんな女性の特徴をご紹介します。

1. 彼氏に意見したり怒ったりしない

 尽くす女性は、彼氏の言うことが絶対なため、意見したり怒ったりしません。たとえ彼氏が間違ったことをしても、「嫌われたくない」という心理が働き、容認してしまうのです。

 男性からしたら、居心地の良さを感じる反面、物足りなく感じることもあるでしょう。「自分を持っていない」と、思われてしまうこともあるかもしれません。

2. 尽くすことが幸せ

「誰かに尽くして生きていきたい」と、そんなことを本気で言いのけるのが尽くす女性。人によっては、母親が子どもを思うような無償の愛に近い感情を持っているかもしれません。

 彼氏に尽くすこと=自分が幸せにもなれることでもあるため、“やってあげている”という感情はゼロ。でも、中には「こんなにしてあげてるんだからあなたにもしてほしい」など、見返りを求めてしまう女性もいます。

3. 彼氏のひどい行為を許しがち

 たとえば、彼氏の浮気や借金などのひどい行為でも許してしまうのも、尽くす女性の特徴かもしれません。こういったタイプの女性は、自分に自信がないことで尽くしてしまい、認めてもらいたいと思っている場合が多いです。

 男性に「都合の良い女性」として利用されてしまう可能性もありますが、相手に非があったとしても彼氏を失いたくないため、堪えてしまうのです。

4. 束縛をする

 尽くす女性の中には、尽くしたいあまりに彼氏を束縛してしまう方もいます。彼氏の家の近くへと引越しをしたり、自分の予定を入れる時、まずは彼氏のスケジュールをチェックしてからにしたりと、「なんでも一緒」の状況を作ろうとしたりします。

 しかし、その結果彼氏の時間を奪ってしまい、重たいと思われてしまうこともあるでしょう。

5. 彼氏の好みに合わせる

 尽くす女性は、とことん彼氏の好みに合わせます。ファッションや髪型など見た目に関することだけではなく、「こんな女性が好き」という彼氏の好みの女性になりたがります。全てにおいて彼氏の意見が優先されるため、本来の自分がなくなってしまうことも。

 彼氏からすると、全て予想の範囲内の女性におさまってしまうため、良い意味でのギャップがなくなってしまうでしょう。

重いと思われるのは嫌! 尽くし上手になるには?

自分の時間も大切にすること(写真:iStock)
自分の時間も大切にすること (写真:iStock)

 心から「尽くす」というのは、なかなか難しいことです。相手を思ってだけの感情ではなく、自分の願望を少なからず含めてしまうと、それは「重い」に変化して、面倒に思われてしまいますから。

 では、尽くし体質を活かして上手に尽くすには、どうすれば良いのでしょうか?

束縛と自由の塩梅を大切にする

 束縛は、相手のことが好きだからこそ起こる感情です。恋愛においてはスパイスにもなり得るものですが、過度な束縛はやはり相手の負担になってしまうでしょう。

 尽くし上手になるには、相手の自由を尊重することも大切。ひとりになりたい時間を作ってあげるのも1つの尽くし方だと思ってみると良いのかもしれません。

本当に困っている時だけサポートする

「尽くす女性はダメ男を生む」、と言われますが、これにも一理あります。1から10までなんでもしてあげると男性は女性に甘え切ってしまい、能動的に動いてくれなくなるでしょう。

 最初はありがたがられたことが、そのうち「当たり前」になってしまう可能性も。そうなれば、もしも尽くせない事態が起こった時、男性は少なからず不便を感じ、不満が起こる場合もあります。

 そんなかっこ悪い男性にしてしまうのは、尽くしすぎる女性のせいでもあるのです。かっこよくいてもらうためにも、彼氏が本当に困っている時だけサポートするのも一案かもしれません。

恋愛に振り回されずに自分の時間を持つ

 尽くし体質の女性は、彼氏が一番! という恋愛体質であることが多いです。しかし、これだと、重い女性へとまっしぐら。

 月並みですが、恋愛に振り回されずに自分の時間を持つことが大切です。友人と遊んだり、趣味や習い事を始めてみるのも良いかもしれません。

 あなたが新しい世界を持つことで話題も増えますし、彼氏の刺激にもなるでしょう。万が一、別れてしまっても、時間を上手に使えるようになったあなたには、一人を楽しむことができる余裕ができているはずです。

「尽くし上手は愛され上手」を♪ ギブ&ギブの関係を目指して

見返りを求めるのはダメなこと?(写真:iStock)
見返りを求めるのはダメなこと? (写真:iStock)

「私は尽くし体質!」と、思っている女性は多いでしょう。しかし、「見返りを求めない」と思いつつも、そこに感謝の気持ちや嬉しそうな笑顔がないと寂しくなってしまっていませんか?

 恋愛はやはり、ギブ&ギブが良いのかと。「尽くしたい」と思う気持ちに、どこかしらで疲れを感じるのであれば、尽くし方を見直す時期なのかもしれません。

「尽くし上手は愛され上手」、そんな女性を目指したいものですね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...