恋愛マウンティングする“マウ女子”の特徴&上手な対処法!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-17 06:00
投稿日:2020-06-17 06:00
 何においても「自分が優位に立ちたい」と主張をする、“マウンティング女子”。男性にとっての張り合いが仕事なら、女性にとっての張り合いは、やはり恋愛面でしょう。そこで今回は、恋愛面でマウンティングしてくる“マウ女子”に共通する6つの特徴と、上手なかわし方についてご紹介します。

負けず嫌いな恋愛マウンティング女子の6つの共通点!

 恋愛マウンティングしたがる“マウ女子”のほとんどが、負けず嫌いでプライドが高い人が多いです。とにかく"1番になりたい"と思っているため、自分よりも秀でた人に対して何かと敵対視する傾向にあるでしょう。

 そんな“恋愛マウ女子”に共通する6つの特徴を、チェックしていきましょう。

1. 彼氏のスペックを聞いてくる

 恋愛マウンティング女子は、「友人の彼氏」のスペックがとっても気になるよう。収入や外見、性格面などを根掘り葉掘り聞きたがる人は、恋愛マウンティング女子である可能性大。

 特に、現在の自分の彼氏のスペックに納得のいっていないマウンティング女子は、やたらとなんでも聞きたがる傾向にあるため、あまり話しすぎないように注意しましょう。

2. 過度に恋愛の話をしたがる

 過度に恋愛話をしたがる、聞きたがる女性は、“恋愛マウ女子”である可能性が高いでしょう。女子会のテーマになりやすい恋愛話ですが、恋愛マウンティング女子がいる会は、終始恋バナで持ちきりなんていうこともあるでしょう。

 恋愛マウンティング女子にとっての恋愛は、生きがいそのもの。むしろ、生きがいの話をテーマにするのは、彼女たちには当たり前のことなのです。

3. 傷心中に連絡をしてくる

 失恋などで落ち込んでいる時に限って、連絡をしてくる女子はいませんか? 一見、「友達想いだなぁ」と思ってしまいますが、実は隠れマウンティング女子である可能性も……!

 恋愛マウンティング女子にとっては、他人の不幸話は"甘い蜜"。普段あまり付き合いのない人が、あなたの傷心中にここぞとばかりに連絡をしてくる場合には注意が必要です。

 あなたが次の恋愛へと一歩踏み出せた時、あなたに対してマウンティングをしてくることもあるため、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

4. 人の彼氏の悪口を言いたがる

 恋愛トーク中、そこにいない友人の彼氏の悪口を言う女子はいませんか? 直接的に言うのであれば良いものの、いない時に限って人の彼氏批判をする女子も、恋愛マウンティング女子である傾向があります。

 女子の会話の中で、「悪口」が出てくることは少なくありません。しかし、友達のことではなく、その彼氏に着目している場合には、何かと劣等感を抱いている可能性もあるでしょう。

5. 欠点を上から注意してくる

 マウンティング女子はプライドが高いため、恋愛面のみならず、何かと上からの物言いをしてきます。ちょっとしたことでも口出ししてきたり、欠点を突いてくる場合には、友達を下に見ている可能性があるでしょう。

 マウンティングしたがる女子は自分に自信があるタイプが多いため、自分よりもモテると感じた相手の粗探しをすることも。そんな女性と一緒に行く合コンなどでは不利になる可能性もあるため、恋愛マウ女子との合コンは避けた方が無難かもしれません。

6. 学生時代に一軍と言われる立ち位置にいた

 中学や高校時代に、いわゆる「一軍」と言われるような立ち位置にいた女子は、周りが自分より下という考え方が染み付いているため、周りの女性が自分より上に立つことがどうしても許せません。

 また、学生時代にモテるタイプだった女子は過去の栄光にすがっていることも多く、周りよりもスペックの高い男性とお付き合いをすることが当然と思っているパターンが多いよう。そのため、友人の彼氏が自分の彼よりも上だと感じると、やたらとマウンティングしてくるのです。

 過去の立ち位置から、「恋愛マウンティング女子」が誕生している可能性もありますね。

恋愛マウンティング女子にはこんなかわし方がおすすめ!

 身近に恋愛マウンティング女子がいると、少なからずストレスになってしまいますよね。そんな“恋愛マウ女子”には、どのようなかわし方をするのが効果的なのでしょうか?

1. 共感しつつさりげなく話題を変える

 マウンティング女子には「相手から認められたい」という承認欲求が強い人が多いため、マウンティング中にはとにかく共感することが大切です。

 共感と言っても悪口に賛同するのではなく、マウンティング女子が自分の話をしている時に共感することがポイント。「大変だね~」や「すごいね~」などという言葉を求めていることが多いので、共感をしつつさりげなく話題を変えてみると良いでしょう。

 マウンティング女子は共感してもらったことで気分も良くなるため、話題を変えてもすんなり聞き入れてくれるのではないでしょうか。

2. 言い返さずに笑い飛ばす

 恋愛マウンティング女子が戦闘態勢に入った時、同じ立ち位置で戦うようなことは避けるのが無難です。自分の彼氏に対して言われたくない言葉を言われた時も、挑発に乗らないことが大切です。

 笑い飛ばせる心の余裕を作っておくことで、マウンティング女子とのマッチアップを避けることができます。

3. ムリして付き合わない

 マウンティング女子との関係が辛いと感じる場合には、ムリして付き合う必要はありません。恋愛マウンティング女子は、相手の恋愛関係が壊れることを心のどこかで期待している場合があります。

 精神的な負担が続くと、プライベートに支障をきたすことも考えられます。そんなことが原因で彼との関係がこじれてしまう前に、マウンティング女子との距離を開けることも時には必要ですよ。

恋愛マウンティング女子とは適度な距離感を保って付き合おう

 恋愛マウンティング女子は、とにかく自分の話を聞いて欲しいという願望が強く、周りよりもスペックの高い相手を好みます。そんなマウンティング女子に出会った時は、極力自分の彼氏の話をしないことも大切でしょう。

 友達関係や職場などで、どうしてもマウンティング女子と関わらないといけないこともあると思いますが、ストレスを感じない程度の適度な距離感を保つことを心がけると、付かず離れずの程よい関係が築けるのではないでしょうか。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ