なぜ…?LINEで既読スルーをする8つの男性心理&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-12 06:00
投稿日:2020-06-12 06:00
 好きな男性に勇気を出してLINEしたのにも関わらず、「既読スルー」をされれば、誰だってショックを受けてしまうでしょう。しかし、既読スルーするには、それなりの理由があるんです。そこで今回は、LINEの既読スルーをする男性の心理&既読スルーされた時の注意点をご紹介します。

男性がLINEで既読スルーする8つの心理

返信がないのはなぜ?(写真:iStock)
返信がないのはなぜ? (写真:iStock)

 LINEは便利なツールですが、相手がメッセージを読んだかどうか分かってしまう「既読システム」は、恋愛中の女性にとって、時に不安の原因となってしまうこともあるでしょう。男性は、どんな心理でLINEの既読スルーをするのでしょうか?

1. 単純に面倒

 女性にとってのLINEは、「簡単に連絡が取れる便利なツール」でしょう。しかし、男性にとっては、「便利だからこそ苦痛なツール」と感じている人も少なくありません。

 女性からのLINEに、「なんて返信すればよいのだろう?」と頭を悩ませてしまい、その結果「返信するのが面倒」と、既読スルーになってしまうこともあります。

2. 忙しくて余裕がない

 女性はどんなに忙しくても、LINEの返信をマメに行う人が多いです。これは、いくつもの事柄を同時に進めることができる女性だからこそ。

 対して、男性はいくつものことを同時進行することが苦手です。仕事で忙しい時などは、余裕がないという理由で返信をしないこともあるでしょう。

3. 返信するのを忘れている

 LINEは自分のタイミングで、チェックをすることができます。そのため、緊急性がない内容であれば「あとで返信しよう」と、返信を先延ばしにして、ついつい忘れてしまうこともあるでしょう。

4. 内容的に返信の必要がないと思っている

 文章の受け取り方は人それぞれ。文章の書き方によっては、あなたの気持ちが伝わらないこともあります。

 返事が欲しいと思ってLINEの文章を作っても、相手にとっては「この内容だったら、返信の必要はないだろう」と、判断されてしまうこともあるでしょう。

5. 会った時に詳しく伝えようと思っている

 女性はLINEでのやり取りで、物事を解決したり、完結させたいと思う傾向にあります。そのため、思いの丈を長々とLINEしてしまうこともあるでしょう。

 しかし、筆不精の男性は「気持ちを文章で打つのは面倒」と思い、「次、会った時に直接伝えよう」と、返信せずに既読スルーになってしまうこともあります。文章を作ること自体が苦手、という人も多いでしょう。

6. 時間がある時に返信しようと思っている

 好きな男性にLINEを送ったのにも関わらず、既読スルーされれば「脈なしってことかな」と、がっかりしてしまいますよね。

 しかし、男性の中には「ちゃんと考えて返事をしたい」という気持ちから、すぐに返信しない人もいます。こういった男性の場合には、時間がかかったとしても、そのうち心がこもった返信が来るはず。脈なしどころか、脈ありである可能性も高いですね。

7. 気を惹くために時間をかけている

 一般的に男性は、好きな女性に対して分かりやすい態度を取りがちです。しかし、中には女性の気を惹くために、あえて既読スルーをしている男性もいることを覚えておきましょう。

 気になる男性からのLINEに、「すぐに返信するのはやめておいた方が良いかも」と駆け引きができる女性であれば、そういった男性の気持ちも分からなくはないかもしれませんね。

8. スマホの調子がおかしくて返信できない

 稀なことではありますが、中にはスマホの調子がおかしくて返信できないというケースもあります。スマホは便利なアイテムではありますが、予期せぬトラブルが起こることもありますから。

 ただし、一週間以上スマホが壊れたまま、という人なんて滅多にいません。一定期間待っても既読スルーされ続けているのであれば、脈なしである場合もあるでしょう。

男性にLINE既読スルーされたら?気を付けたい3つの注意点

忙しすぎて本当に余裕がないのかも(写真:iStock)
忙しすぎて本当に余裕がないのかも (写真:iStock)

 勇気を出してLINEを送ったのに既読スルーされると、不安になってしまいます。「何かあったのだろうか?」「送った内容がいけなかったのだろうか?」と、焦ってしまう人もいるでしょう。

 しかし、そんな時こそ冷静な判断が必要です。焦って起こした行動が、彼の気持ちを引き離してしまうかもしれませんよ。

1. 続けてLINEしない

 好きな男性にLINEして既読スルーをされてしまうと、「彼に何かあったのでは?」と心配になる人も多いでしょう。そんな時、多くの女性は立て続けにLINEしてしまいがち。

 しかし、立て続けにLINEを送るのは避けた方が良いです。「忙しいから後で返信しよう」と思っているのに何件ものLINEが届いていると、それだけで「重い……」と思われてしまうかもしれません。

2. 返信がないことを責めない

「LINEの返信はすぐに行うべき」と思っている人の中には、「どうして既読スルーなんてするの?」と、返信しない相手を責めてしまう人もいます。しかし、そもそもLINEの魅力は、自分の良いタイミングでチェックして返信できるところにあるんです。

 レスポンスの早さは相手の考えや状況によっても変わってくるため、自分のペースを押し付けないようにしましょう。ましてや好きな相手ですから、相手のことを第一に考えることが大切です。

3. 同じ内容のLINEを何度も送らない

 LINEで既読スルーされると、「ちゃんと見ていないのかな」「届いていないのかな」と心配になって何度も同じ内容のLINEをする人がいますが、これは返信を催促している行動になるため、やめた方が良いでしょう。

 既読がついたということは「読んだ」ということですから、相手の返信を待ちましょう。

LINEで既読スルーされても慌てず、冷静な行動を心がけよう!

焦らず気長に待ってみて(写真:iStock)
焦らず気長に待ってみて (写真:iStock)

 好きな人との距離を縮めるために、LINEはとても便利なツールです。しかし、LINEで距離を縮めていくためには、相手のことを考えた対応が必須。万が一、既読スルーになったとしても、焦った行動を取らないようにしましょう。既読スルーになると悪いことばかり考えがちですが、男性心理が分かれば冷静に返信を待つこともできるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ