無頓着な夫が急にオシャレ服を…浮気の芽を潰した妻の機転

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-07-02 06:00
投稿日:2020-07-02 06:00
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。
 昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多くのカップルが共働きで、美味しい外食店も豊富な現在、女だけが男の胃袋の面倒を見る必要はありません。そもそも浮気男とは、ふだんは妻の手料理に幸せを感じつつも、たまにこっそり外食を愉しみたがるもの。
 ただ衣服の管理だけは、よほど使用人を雇える富豪でもない限り、家庭内でしかできないことです。

衣服をつかむ

ズボラな夫をサポートする妻(写真:iStock)
ズボラな夫をサポートする妻 (写真:iStock)

 会社員のC子が、同じく会社員のDと結婚したのは、互いに30代半ばのこと。もともと同じ大学のサークル仲間で、当時も付き合っていましたが、Dの浮気で別れたという経緯がありました。それから十年後、別のサークル仲間の結婚式で再会し、めでたく復縁→結婚の運びとなった次第。

 結婚して家事分担を決める際、C子は担当のひとつに洗濯を選びました。理由は元来がズボラな性格のDに衛生面を任せたくなかったのと、彼の職場は私服勤務なので、服装選びを面倒臭がる彼の手伝いができれば、という気持ちからでした。
 
 もともと世話好きでコマメなC子。洗濯物を畳むたびに、Dのタンスに着る順番を工夫して仕舞います。Dは毎日、いちばん上にあるものを取って着るだけで、バリエーションのついた格好ができます。

若い女の子の気を引きたい男

突然、ファッションに目覚めたワケは…(写真:iStock)
突然、ファッションに目覚めたワケは… (写真:iStock)

 ところが結婚して一年ほど経った頃、Dの様子に異変が起こりました。それまで無頓着にタンスの上のものを取っていたのが、たまに奥を探り、新品のシャツや、シャレたダメージジーンズなどを掘り返して着るようになったのです。
 
 かつてもDに浮気されたC子です。直感しました。女だ。Dはズボラですが、女に惚れると途端に、格好をつけたがる癖があります。

 注意深くタンスのチェックをし続けました。どうやらDがシャレた格好をしたがるのは、月火、木金。Dの職場状況を探ると、その曜日に、アルバイトに来ている若い女の子がいることがわかりました。

 そのうちDは、下着まで新しいものを掘り返すようになりました。が、帰宅時間はそう変わりません。Dが一方的に舞いあがって、その子をデートに誘っても断られている可能性が高いです。それでも舞いあがりはじめたいちばん楽しい時期を過ごしているらしく、休日も彼女にLINEしているのか、ソワソワとスマホを弄る時間が多くなりました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
相手に期待しすぎると陥る罠…希望をハッキリ言うべき理由!
 相手が自分の思うように動いてくれない……なんだか不満がたまってモヤモヤする! パートナーに対して、そう感じた経験はある...
七味さや 2021-02-22 06:00 ラブ
同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ