別れないためには? 恋愛初期にチェックすべき7つの価値観!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-07-07 06:00
投稿日:2020-07-07 06:00
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬している」とか、「だらしないけど、顔が好きだから許せる」など、長所と短所のバランスを見ながら生涯一緒にいたい相手を選んでいくのではないでしょうか?
 でも、見過ごしてはいけない「価値観」というのはあると思うんです。そんな価値観をテーマに、今回はお伝えします。

別れないためには? 恋愛初期にチェックすべき7つの価値観

見過ごしてはいけない価値観の違いって?(写真:iStock)
見過ごしてはいけない価値観の違いって? (写真:iStock)

 男女の価値観は違って当たり前。さらには、1人1人個性があって当たり前。……そうとはわかっていても、やはり価値観は合うに越したことがありません。少しの違和感は、後に別れのきっかけになる可能性もあるのです。

 そこで、恋愛初期に絶対にチェックすべき価値観をご紹介します。

1. 食の好み・考え方

 食の好みが合うかどうかは、とても大切なポイントです。交際期間中であれば、「相手が食べたいものに合わせれば良い」という気持ちの余裕があると思いますが、その後結婚して、老夫婦になるまで一緒にいるとしたら、この食の価値観の違いは大きな壁となるでしょう。

 好きな食べ物はもちろん、外食に行く頻度や、時に手を抜いた時のカップラーメンを一緒に楽しめるかなど、食の好みだけではなく、食への考え方を把握しておくと安心です。

2. 金銭感覚

 離婚理由TOP10には「浪費」というワードがランクインしていますが、金銭感覚こそ、個人差が大きく表れるものでしょう。金銭感覚と満足度は切っても切り離せないもので、たとえば、高級レストランに行っても満足できない人もいれば、コンビニのスイーツで満足できる人もいます。と、極端ですが。

 お金をどんな風に使うかはもちろん、お金がその人にとってどんな満足を与えるものか、その感覚が近い人を選ぶと良いでしょう。

3. 連絡をする頻度・熱量

 交際前でもチェックしやすいのが、連絡についての考え方です。一般的な価値観として、「男性は面倒くさがり、女性はマメ」というイメージがあるかと思いますが、これは人それぞれ。

 どちらにせよ、一方が「連絡をたくさんしたい」のに、もう一方が「連絡は少なくて良い」と考えていると、そこにストレスが生まれやすくなります。

 ただし、連絡をする頻度や熱量については、年齢や生活によって変わりやすい価値観でもあるため、寄り添えるかどうかを判断してみると良いでしょう。

4. 言葉の使い方

 実は、言葉の使い方も重要です。「似た言葉使いをするカップルは恋愛が長続きする」という研究結果もあるようですが、相手の相槌や返事の仕方に好感が持てるか、注目してみると良いでしょう。また、普段は丁寧な言葉使いなのに、怒った時など感情にまかせて乱暴な物言いをする方も中にはいるので、併せてチェックを。

 ちなみにこれは、LINEなどでの返信でも判断できます。文章には人柄が出るため、たとえば真剣に送ったLINEに対してどんな返信が来るのか、ユーモアに付き合ってくれるか、などを見てみると良いでしょう。

5. 喧嘩と仲直りの仕方

 どんな仲良しカップルでも、喧嘩が発生することがあります。そんな時、どんな風に仲直りをするかについても、チェックしておく必要があるでしょう。相手が「ちゃんと謝って仲直りがしたい」というタイプなのか、「時間が経って気持ちが落ち着くのを待つ」タイプなのか、これも価値観の1つです。

 ただし、これも連絡の頻度同様、事前に「自分はしっかり仲直りしたい」など伝えておくことで、回避される問題かもしれませんね。

お互いの性に関する考え方も知っておきたい(写真:iStock)
お互いの性に関する考え方も知っておきたい (写真:iStock)

6. 性に関する考え方

 性に関する考え方の不一致で妊活時に悩む夫婦は多いようですが、この価値観も外せないポイントでしょう。体の相性や性癖はもちろん、どのくらいの頻度でしたいのかなど、時間をかけて探ってみることをおすすめします。

 どんなにほかの相性が良くても、一方が性欲旺盛で、もう一方が淡白など価値観の相違があると、今後の関係性に影響する可能性は十分に考えられます。

7. 結婚・子育てに関する考え方

 結婚や子育てに関する考え方の価値観が、実は一番難しいものかもしれません。特に、子育てに関する考え方は、実際に子どもができてからでないと分からないものです。

 他人の子どもへの接し方を見て、「子ども好きな人でよかった!」と思っていても、実際に子育てが始まると我が子への関心が薄い方もいます。

 お互いが描く未来予想図がどのようなものであるのか、できるだけ具体的にイメージをすり合わせておくとトラブル回避へとつながるかもしれません。

価値観が合うということはお互いが本来の自分でいられること

できれば長く一緒にいたいから…(写真:iStock)
できれば長く一緒にいたいから… (写真:iStock)

 知り合いに、「夫の食べ方が嫌になった」と離婚した夫婦がいます。食べ方についてはもともと許容していたはずなのに、ある日突然、許せなくなってしまったそう。離婚の理由はきっとそれだけではないはずですが、最終的に背中を押したのは「価値観の違い」だったのでしょう。

「価値観は違うからこそ面白い」と考える方もいますが、価値観の違いを受け入れるということは、少なからず我慢したり、許し続ける必要があるということ。裏を返せば、価値観が合うということは、お互いが本来の自分でいられることでもあります。ストレスがないため、無駄な争いも起こりにくいでしょう。

 価値観がすべて合う人なんてそうそういませんが、どうしても譲れないと思う自分の価値観を大切にして、パートナーを見極めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ