別れないためには? 恋愛初期にチェックすべき7つの価値観!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-07-07 06:00
投稿日:2020-07-07 06:00
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬している」とか、「だらしないけど、顔が好きだから許せる」など、長所と短所のバランスを見ながら生涯一緒にいたい相手を選んでいくのではないでしょうか?
 でも、見過ごしてはいけない「価値観」というのはあると思うんです。そんな価値観をテーマに、今回はお伝えします。

別れないためには? 恋愛初期にチェックすべき7つの価値観

見過ごしてはいけない価値観の違いって?(写真:iStock)
見過ごしてはいけない価値観の違いって? (写真:iStock)

 男女の価値観は違って当たり前。さらには、1人1人個性があって当たり前。……そうとはわかっていても、やはり価値観は合うに越したことがありません。少しの違和感は、後に別れのきっかけになる可能性もあるのです。

 そこで、恋愛初期に絶対にチェックすべき価値観をご紹介します。

1. 食の好み・考え方

 食の好みが合うかどうかは、とても大切なポイントです。交際期間中であれば、「相手が食べたいものに合わせれば良い」という気持ちの余裕があると思いますが、その後結婚して、老夫婦になるまで一緒にいるとしたら、この食の価値観の違いは大きな壁となるでしょう。

 好きな食べ物はもちろん、外食に行く頻度や、時に手を抜いた時のカップラーメンを一緒に楽しめるかなど、食の好みだけではなく、食への考え方を把握しておくと安心です。

2. 金銭感覚

 離婚理由TOP10には「浪費」というワードがランクインしていますが、金銭感覚こそ、個人差が大きく表れるものでしょう。金銭感覚と満足度は切っても切り離せないもので、たとえば、高級レストランに行っても満足できない人もいれば、コンビニのスイーツで満足できる人もいます。と、極端ですが。

 お金をどんな風に使うかはもちろん、お金がその人にとってどんな満足を与えるものか、その感覚が近い人を選ぶと良いでしょう。

3. 連絡をする頻度・熱量

 交際前でもチェックしやすいのが、連絡についての考え方です。一般的な価値観として、「男性は面倒くさがり、女性はマメ」というイメージがあるかと思いますが、これは人それぞれ。

 どちらにせよ、一方が「連絡をたくさんしたい」のに、もう一方が「連絡は少なくて良い」と考えていると、そこにストレスが生まれやすくなります。

 ただし、連絡をする頻度や熱量については、年齢や生活によって変わりやすい価値観でもあるため、寄り添えるかどうかを判断してみると良いでしょう。

4. 言葉の使い方

 実は、言葉の使い方も重要です。「似た言葉使いをするカップルは恋愛が長続きする」という研究結果もあるようですが、相手の相槌や返事の仕方に好感が持てるか、注目してみると良いでしょう。また、普段は丁寧な言葉使いなのに、怒った時など感情にまかせて乱暴な物言いをする方も中にはいるので、併せてチェックを。

 ちなみにこれは、LINEなどでの返信でも判断できます。文章には人柄が出るため、たとえば真剣に送ったLINEに対してどんな返信が来るのか、ユーモアに付き合ってくれるか、などを見てみると良いでしょう。

5. 喧嘩と仲直りの仕方

 どんな仲良しカップルでも、喧嘩が発生することがあります。そんな時、どんな風に仲直りをするかについても、チェックしておく必要があるでしょう。相手が「ちゃんと謝って仲直りがしたい」というタイプなのか、「時間が経って気持ちが落ち着くのを待つ」タイプなのか、これも価値観の1つです。

 ただし、これも連絡の頻度同様、事前に「自分はしっかり仲直りしたい」など伝えておくことで、回避される問題かもしれませんね。

お互いの性に関する考え方も知っておきたい(写真:iStock)
お互いの性に関する考え方も知っておきたい (写真:iStock)

6. 性に関する考え方

 性に関する考え方の不一致で妊活時に悩む夫婦は多いようですが、この価値観も外せないポイントでしょう。体の相性や性癖はもちろん、どのくらいの頻度でしたいのかなど、時間をかけて探ってみることをおすすめします。

 どんなにほかの相性が良くても、一方が性欲旺盛で、もう一方が淡白など価値観の相違があると、今後の関係性に影響する可能性は十分に考えられます。

7. 結婚・子育てに関する考え方

 結婚や子育てに関する考え方の価値観が、実は一番難しいものかもしれません。特に、子育てに関する考え方は、実際に子どもができてからでないと分からないものです。

 他人の子どもへの接し方を見て、「子ども好きな人でよかった!」と思っていても、実際に子育てが始まると我が子への関心が薄い方もいます。

 お互いが描く未来予想図がどのようなものであるのか、できるだけ具体的にイメージをすり合わせておくとトラブル回避へとつながるかもしれません。

価値観が合うということはお互いが本来の自分でいられること

できれば長く一緒にいたいから…(写真:iStock)
できれば長く一緒にいたいから… (写真:iStock)

 知り合いに、「夫の食べ方が嫌になった」と離婚した夫婦がいます。食べ方についてはもともと許容していたはずなのに、ある日突然、許せなくなってしまったそう。離婚の理由はきっとそれだけではないはずですが、最終的に背中を押したのは「価値観の違い」だったのでしょう。

「価値観は違うからこそ面白い」と考える方もいますが、価値観の違いを受け入れるということは、少なからず我慢したり、許し続ける必要があるということ。裏を返せば、価値観が合うということは、お互いが本来の自分でいられることでもあります。ストレスがないため、無駄な争いも起こりにくいでしょう。

 価値観がすべて合う人なんてそうそういませんが、どうしても譲れないと思う自分の価値観を大切にして、パートナーを見極めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ