なかなか会えない彼と…楽しくLINEを続ける5つのテクニック

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-19 06:00
投稿日:2020-07-19 06:00
 新型コロナウイルスの感染者数が再び増えています。第二波に備えて、一人ひとりの予防意識が問われていますね。こんな状況では、気になる彼や恋人をデートには誘いづらい……。
 タイミングを計るためにも、なんとかLINEだけは続けたい。でも、なかなか男性とLINEを続けるのが難しいという人のために、彼とのLINEが楽しく続くためのテクニックをお教えします。

1. 挨拶を義務にしない

(C)コクハク
(C)コクハク

「おはよう」「おやすみ」を送ることで、毎日のLINEを習慣にしようとする人がいますが、男性によってはこれが「義務っぽくて苦手」という人もいます。

 おやすみ、のあとはLINEを続けないタイプの男性は、おやすみはLINEを切る口実だと思っています。そういう人に習慣でしかない「おはよう」のLINEは逆効果! しっかりと話題や予定の口実を作ってから、LINEをしましょう。

2. たまには電話でブレイクダウン

(C)コクハク
(C)コクハク

 LINEでの会話がなくなってきたら、電話を挟むのも手です。

 出てもらえなかったら「暇だったから!」と言えば、次の予定に繋がるかもしれませんし、出てくれれば新たな会話の糸口も見つかります。

 文章でのコミュニケーションが面倒な男性も多いので、たまになら電話も有効な手口です。

3. ゲームなど共通の話題を作る

彼と同じゲームをやってみる(写真:iStock)
彼と同じゲームをやってみる (写真:iStock)

 彼にお気に入りのドラマやゲームがあるなら、そういうものを自分も楽しんでみるのもアリです。

 ゲームなら、レアなアイテムが手に入った時、ガチャが更新された時など、情報共有したいと思うタイミングも多いですし、ドラマなら、週に1回は確実に「見た?」と連絡する口実になります。

 話題作りは共通項があるとグッと楽になるので、相手の趣味を理解するとLINEも続けやすく、送る機会も多くなりますね。

4. 長過ぎるLINEに注意

(C)コクハク
(C)コクハク

 会話がないからといって、とりあえず自分の話をしてしまうのはNG。傾聴力の高い男性ならいいですが、多くの男性は「感想を言わなきゃいけないの?」「自分に関係ない」などと考えるようです。

 長くLINEを続けるなら、一文はコンパクトにしましょう。要点のわかりやすいLINEの方が、男性からは喜ばれます。

5. 毎日続けることにこだわらない

頻度よりも密度!(写真:iStock)
頻度よりも密度! (写真:iStock)

 LINEを「続ける」ということそのものについても、「毎日続ける」ことにこだわりすぎない気持ちを持つことも大事です。LINEが毎日になると、1日でも返ってこない日があると不安になったりします。

 それでも毎日連絡を取って、無理して会話を作るくらいなら、時にLINEを切って、一回一回のLINEの密度を濃くした方が、彼の記憶にも残りやすいはずです。週末だけだったり、いい会話が見つかった時だけだったり。

 そうすると会話も自然になりますし、彼も負担に感じないはずです。あまり頻度にこだわらず、彼の記憶に残ること、お互いに会話を楽しむことを意識してLINEしてみるといいと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ