なかなか会えない彼と…楽しくLINEを続ける5つのテクニック

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-19 06:00
投稿日:2020-07-19 06:00
 新型コロナウイルスの感染者数が再び増えています。第二波に備えて、一人ひとりの予防意識が問われていますね。こんな状況では、気になる彼や恋人をデートには誘いづらい……。
 タイミングを計るためにも、なんとかLINEだけは続けたい。でも、なかなか男性とLINEを続けるのが難しいという人のために、彼とのLINEが楽しく続くためのテクニックをお教えします。

1. 挨拶を義務にしない

(C)コクハク
(C)コクハク

「おはよう」「おやすみ」を送ることで、毎日のLINEを習慣にしようとする人がいますが、男性によってはこれが「義務っぽくて苦手」という人もいます。

 おやすみ、のあとはLINEを続けないタイプの男性は、おやすみはLINEを切る口実だと思っています。そういう人に習慣でしかない「おはよう」のLINEは逆効果! しっかりと話題や予定の口実を作ってから、LINEをしましょう。

2. たまには電話でブレイクダウン

(C)コクハク
(C)コクハク

 LINEでの会話がなくなってきたら、電話を挟むのも手です。

 出てもらえなかったら「暇だったから!」と言えば、次の予定に繋がるかもしれませんし、出てくれれば新たな会話の糸口も見つかります。

 文章でのコミュニケーションが面倒な男性も多いので、たまになら電話も有効な手口です。

3. ゲームなど共通の話題を作る

彼と同じゲームをやってみる(写真:iStock)
彼と同じゲームをやってみる (写真:iStock)

 彼にお気に入りのドラマやゲームがあるなら、そういうものを自分も楽しんでみるのもアリです。

 ゲームなら、レアなアイテムが手に入った時、ガチャが更新された時など、情報共有したいと思うタイミングも多いですし、ドラマなら、週に1回は確実に「見た?」と連絡する口実になります。

 話題作りは共通項があるとグッと楽になるので、相手の趣味を理解するとLINEも続けやすく、送る機会も多くなりますね。

4. 長過ぎるLINEに注意

(C)コクハク
(C)コクハク

 会話がないからといって、とりあえず自分の話をしてしまうのはNG。傾聴力の高い男性ならいいですが、多くの男性は「感想を言わなきゃいけないの?」「自分に関係ない」などと考えるようです。

 長くLINEを続けるなら、一文はコンパクトにしましょう。要点のわかりやすいLINEの方が、男性からは喜ばれます。

5. 毎日続けることにこだわらない

頻度よりも密度!(写真:iStock)
頻度よりも密度! (写真:iStock)

 LINEを「続ける」ということそのものについても、「毎日続ける」ことにこだわりすぎない気持ちを持つことも大事です。LINEが毎日になると、1日でも返ってこない日があると不安になったりします。

 それでも毎日連絡を取って、無理して会話を作るくらいなら、時にLINEを切って、一回一回のLINEの密度を濃くした方が、彼の記憶にも残りやすいはずです。週末だけだったり、いい会話が見つかった時だけだったり。

 そうすると会話も自然になりますし、彼も負担に感じないはずです。あまり頻度にこだわらず、彼の記憶に残ること、お互いに会話を楽しむことを意識してLINEしてみるといいと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ