なかなか会えない彼と…楽しくLINEを続ける5つのテクニック

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-19 06:00
投稿日:2020-07-19 06:00
 新型コロナウイルスの感染者数が再び増えています。第二波に備えて、一人ひとりの予防意識が問われていますね。こんな状況では、気になる彼や恋人をデートには誘いづらい……。
 タイミングを計るためにも、なんとかLINEだけは続けたい。でも、なかなか男性とLINEを続けるのが難しいという人のために、彼とのLINEが楽しく続くためのテクニックをお教えします。

1. 挨拶を義務にしない

(C)コクハク
(C)コクハク

「おはよう」「おやすみ」を送ることで、毎日のLINEを習慣にしようとする人がいますが、男性によってはこれが「義務っぽくて苦手」という人もいます。

 おやすみ、のあとはLINEを続けないタイプの男性は、おやすみはLINEを切る口実だと思っています。そういう人に習慣でしかない「おはよう」のLINEは逆効果! しっかりと話題や予定の口実を作ってから、LINEをしましょう。

2. たまには電話でブレイクダウン

(C)コクハク
(C)コクハク

 LINEでの会話がなくなってきたら、電話を挟むのも手です。

 出てもらえなかったら「暇だったから!」と言えば、次の予定に繋がるかもしれませんし、出てくれれば新たな会話の糸口も見つかります。

 文章でのコミュニケーションが面倒な男性も多いので、たまになら電話も有効な手口です。

3. ゲームなど共通の話題を作る

彼と同じゲームをやってみる(写真:iStock)
彼と同じゲームをやってみる (写真:iStock)

 彼にお気に入りのドラマやゲームがあるなら、そういうものを自分も楽しんでみるのもアリです。

 ゲームなら、レアなアイテムが手に入った時、ガチャが更新された時など、情報共有したいと思うタイミングも多いですし、ドラマなら、週に1回は確実に「見た?」と連絡する口実になります。

 話題作りは共通項があるとグッと楽になるので、相手の趣味を理解するとLINEも続けやすく、送る機会も多くなりますね。

4. 長過ぎるLINEに注意

(C)コクハク
(C)コクハク

 会話がないからといって、とりあえず自分の話をしてしまうのはNG。傾聴力の高い男性ならいいですが、多くの男性は「感想を言わなきゃいけないの?」「自分に関係ない」などと考えるようです。

 長くLINEを続けるなら、一文はコンパクトにしましょう。要点のわかりやすいLINEの方が、男性からは喜ばれます。

5. 毎日続けることにこだわらない

頻度よりも密度!(写真:iStock)
頻度よりも密度! (写真:iStock)

 LINEを「続ける」ということそのものについても、「毎日続ける」ことにこだわりすぎない気持ちを持つことも大事です。LINEが毎日になると、1日でも返ってこない日があると不安になったりします。

 それでも毎日連絡を取って、無理して会話を作るくらいなら、時にLINEを切って、一回一回のLINEの密度を濃くした方が、彼の記憶にも残りやすいはずです。週末だけだったり、いい会話が見つかった時だけだったり。

 そうすると会話も自然になりますし、彼も負担に感じないはずです。あまり頻度にこだわらず、彼の記憶に残ること、お互いに会話を楽しむことを意識してLINEしてみるといいと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ