バツイチ女性がモテる!?5つの理由&モテるためのポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-07-28 06:00
投稿日:2020-07-28 06:00
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないでしょう。それどころか実は、「バツイチ女性がモテる!」とまで言われているんですよ。
 そこで今回は、バツイチ女性がモテる理由や、モテるためのポイントについてご紹介します。

独身よりモテるかも?バツイチ女性がモテる5つの理由

バツイチ女性はなぜモテる?(写真:iStock)
バツイチ女性はなぜモテる? (写真:iStock)

 離婚が珍しくないこととはいえ、気になる女性が“バツイチ”と知ったことで、ショックを受ける男性もいます。しかし、世の中ではバツイチ女性はモテる風潮にあります。中には、独身時代よりも「モテているかも?」という人までいるのだとか!

 まずは、バツイチ女性がモテる理由から見ていきましょう。

1. 一度失敗したことで反省・改善している

 離婚理由がどうであれ、“バツイチ”というと、「結婚生活に一度失敗した」ということになります。片方が一方的に悪いというケースもありますが、大抵、どちらにも悪い点はあったはずです。

 そんな離婚を乗り越えたバツイチ女性は「同じ失敗は繰り返したくない」と、しっかり原因を突き止め、反省します。そんな女性を見て、周囲の人は「失敗した経験を次に活かせる」と思うでしょう。

2. 結婚生活を現実的に捉えている

 結婚というと、毎日好きな人と一緒にいられるラブラブな生活をイメージする人も多いです。しかし、実際には結婚は毎日の生活の繰り返し。楽しいことばかりではありません。

 その点、バツイチ女性は一度結婚生活を経験しているため、結婚に対し妄想を抱くことはありません。そんな現実を知っている女性は、男性からすると安心できる存在といえるでしょう。

3. 経験を積んでいることで落ち着きがある

 人生では、さまざまなことを経験します。同じ年齢であっても、どんな経験をしてきたかによって、考え方も価値観も変わってくるでしょう。

 バツイチ女性は一度修羅場をくぐってきていることで、経験値が上がっています。その結果、精神的に強くなり、落ち着いた雰囲気に包まれています。そんな女性に、惹かれる男性も多いのではないでしょうか。

4. 男性の扱いが上手

 異性の扱いは経験がものを言います。たとえ失敗だったにせよ、誰かを愛して結婚生活を送った女性は、いつの間にか男性の扱いが上手になっています。

 お付き合いをする上で、「こんな時は距離をおいた方が良い」「意地を張らないで甘えた方が良い」など、自然な対処でトラブルを事前に防ぐこともできます。そんな何気ない行動に、男性は居心地の良さを感じるでしょう。

5. 独身と比べると自立心が強い

 離婚を経験した女性の多くは、「これからは一人で頑張らなくちゃ」と思うはず。今まで、精神的、経済的に夫に頼っていた女性だとしても、嫌でも自立心が強くなるでしょう。

 そんな自立心が強い女性は、モテます。なぜなら、昨今では男性が引っ張るというよりも、二人で支え合うという考えを持っている男性が増えたため。頼りっぱなしの女性よりも、自立心が強い女性の方が魅力的に映るでしょう。 

モテるバツイチになるための3つのポイント

どんな時でも笑顔を絶やさない(写真:iStock)
どんな時でも笑顔を絶やさない (写真:iStock)

 バツイチがモテるというと、離婚した女性は「やった!」と思っているかもしれませんね。しかし、バツイチだからといって誰でもモテる訳ではありません。モテるためには、それなりの努力と意識が必要です。

1. 結婚生活を客観的に見直し、悪いところを直す

 長い人生、パートナーがいた方がなにかと安心です。そのため、バツイチ女性の中には、「すぐにでも彼氏を見つけたい」「再婚したい」と考えている人もいるでしょう。

 しかし、新たな一歩を踏み出すためには、離婚という経験を客観的に見直すことが必要。同じ失敗を繰り返さないためにも、自分が悪かったところを直すことから始めましょう。

2. 経済力をつける

 結婚している時、家計を100%夫に支えてもらっていた人もいれば、半分ずつ負担していた人もいます。どちらにしても、独身の時と比べると経済負担は少なかったはずです。こういった経験をすると、「経済的に不安だから再婚したい」と考える人もいるでしょう。

 しかし、経済面だけに注目して男性を選ぼうとすると、重荷に感じてしまう男性も多いです。対等にいられる相手を見つけるためには、まずは自分自身に経済力をつけることが大切でしょう。

3. 明るく笑顔を心がける

 モテないバツイチ女性の多くは、笑顔が少なく悲壮感が漂っています。当然、そんな女性に近づこうとする男性はいないでしょう。

 新たな恋や縁を呼び寄せるには、何よりも笑顔でいることが大切です。いつも明るく振舞っていれば、自然と人が集まってきますし、素敵な出会いを得る機会も増えるはずです。

離婚経験をプラスに変えて、モテるバツイチを目指そう!!

新たな一歩を踏み出そう(写真:iStock)
新たな一歩を踏み出そう (写真:iStock)

 誰だって結婚するときには、「最期まで添い遂げたい」と思うものです。しかし、人生では何が起こるか分かりませんから、思いもよらないことで離婚に至ってしまうこともあります。 

 そんな時、「どうせバツイチだから」とマイナスに捉えるのではなく、「一つ大きな経験をした」と、プラスに捉えることができれば、あなたの心は変わってくるはずです。せっかくですからモテるバツイチを目指して、新たな一歩を踏み出しましょう。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ