バツイチ女性が今モテる! 彼女たちに学ぶ“恋愛の極意”とは

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-16 06:00
投稿日:2019-07-16 06:00
 バツイチ女性は、スピード婚の人が多いです。バツイチ女性が再婚を切り出すと、「一度は失敗してるんだから、ちょっとは慎重になりなよ」と、女友達なら忠告したくもなるでしょう。
 バツイチ女性が結婚を望んでいるのではなく、むしろ男性が熱烈に求婚している場合がほとんど。女性からすると、そこまで男性に結婚相手として求められるのを羨ましくも感じますよね。そこで、バツイチ女性がなぜモテるのかについて追究してみたいと思います。

バツイチ女性がモテる理由とは

一生懸命がんばる姿に好感(写真:iStock)
一生懸命がんばる姿に好感 (写真:iStock)

 バツイチ女性がモテる理由について、その特徴をまとめてみました。

しっかりしている

 バツイチ女性は、一度結婚をしてダメだった自分を少なからず恥じています。その結果、男の人との交際は、かなり慎重になっているのです。しかし、バツイチ女性は、ガードの堅さはあるものの、決して頭ごなしに男性を否定するわけでもありません。男性の特性をちゃんと理解しているのです。

 この絶妙なアメとムチが、男性からすると「信頼できる女性」に昇格するようですね。しっかりしている反面、男性のことを甘やかすこともできるのがバツイチ女性です。

守りたくなる

 バツイチの女性は、子連れである人も多いです。一人で子供を養うために頑張っている姿は、多くの男性が「たくましい女性」と感銘を受けるようです。これまで身近にいた女性とは違う、なんでもやってしまう女性に尊敬の心を抱くんだとか。時たま見せる「疲れちゃった」という本音さえも、ギャップとして心をうたれるようです。

家事が一通りこなせる

 好きで結婚相手にした女性が「全く家事をしない女だった」という事案をよく聞きます。女性が家事をすべきというわけではないですが、全てを男性に頼るのも考えものです。バツイチの女性は、同じ年齢であっても家事や行政の手続きについて詳しいので、頼りになります。

 状況を読み取って先読みしてくれるバツイチ女性の隣は、居心地がいいようです。彼女の中で生活スタイルが確立しているので、浪費ぐせなどの心配が必要ないというメリットがあるよう。

思いやりが半端じゃない

 バツイチの女性は、傷ついた経験がある人も多いです。特に若くして離婚してしまった女性は、自分に自信がない人も。そんなことから、相手の気持ちを読み取るのが上手い人が多いです。離婚の協議などもしているはずなので、話し合う姿勢が上手。すぐに感情的にならずに、きちんと理論的に考えることができる知的な一面もあります。

 きちんと意見を述べつつ、男性のことを考えてくれる姿に「どこまでもついていきます!」という草食系な男性がゾッコンになることも少なくないのです。

一度失敗しているからこそ…(写真:iStock)
一度失敗しているからこそ… (写真:iStock)

男性の意見も取り入れるのが上手い

 自分の中で勝手に決めずに、男性の意見を取り入れるのがバツイチ女性は上手です。男性のことを口で言い負かせても、無意味な結論しか出ないことを彼女は知っているのでしょう。

 うまく男性の意見を取り入れつつ、自分の意見も曲げることのない話し合いに、男性は「そうそう、これが言いたかったんだよ」という落ち着き具合。さらに女性にありがちな、夫(彼氏)に求めすぎ問題が最初から無い。「男として過度な期待をされなくていい」という意見もありました。

結婚を急かされない

 男性からすると結婚を考えられないタイミングもあります。煮え切らない態度につい、イライラしてしまう女性が多いですよね。

 しかし、バツイチの女性は一度結婚を経験しているからこそ、結婚についての焦りがありません。あまりの気楽さに男性が「僕と結婚すること考えてくれてる?」と焦ることも少なくないようです。多くのことを経験しているバツイチ女性だからこそ、動揺することや不安になることが少ないのです。

経験が豊富なのでいい

 男性と一緒に住んだことがあることで、ヤキモチを妬いてしまう男性もいます。しかし、それ以上にバツイチ女性の「説明しなくても男を理解している感じ」は心地がいいと話す男性も。経験が豊富なので、会話をしていても飽きないようです。

 またバツイチの女性は、家庭の大変さも仕事の大変さも理解しているので、察する能力に長けています。女性ならではのメンドくさい言い分をいうことなく「そういう感じなら、こっちも勝手にやるね」という自立心に男性はプレッシャーを感じなくて済むようです。

バツイチ女性の需要は高い

 バツイチの女性であっても、男性からはモテるのです。これは女性の大きな自信になりますよね。よく男性は“遊びの女性はルックスで決める”と言われていますが結婚となれば、さすがに女性の内面を見つめたくなるようです。バツイチ女性に習う“女性らしさ”こそ、人間力が試される時でもあります。

ラブ 新着一覧


クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ