バツイチ女性が今モテる! 彼女たちに学ぶ“恋愛の極意”とは

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-16 06:00
投稿日:2019-07-16 06:00
 バツイチ女性は、スピード婚の人が多いです。バツイチ女性が再婚を切り出すと、「一度は失敗してるんだから、ちょっとは慎重になりなよ」と、女友達なら忠告したくもなるでしょう。
 バツイチ女性が結婚を望んでいるのではなく、むしろ男性が熱烈に求婚している場合がほとんど。女性からすると、そこまで男性に結婚相手として求められるのを羨ましくも感じますよね。そこで、バツイチ女性がなぜモテるのかについて追究してみたいと思います。

バツイチ女性がモテる理由とは

一生懸命がんばる姿に好感(写真:iStock)
一生懸命がんばる姿に好感 (写真:iStock)

 バツイチ女性がモテる理由について、その特徴をまとめてみました。

しっかりしている

 バツイチ女性は、一度結婚をしてダメだった自分を少なからず恥じています。その結果、男の人との交際は、かなり慎重になっているのです。しかし、バツイチ女性は、ガードの堅さはあるものの、決して頭ごなしに男性を否定するわけでもありません。男性の特性をちゃんと理解しているのです。

 この絶妙なアメとムチが、男性からすると「信頼できる女性」に昇格するようですね。しっかりしている反面、男性のことを甘やかすこともできるのがバツイチ女性です。

守りたくなる

 バツイチの女性は、子連れである人も多いです。一人で子供を養うために頑張っている姿は、多くの男性が「たくましい女性」と感銘を受けるようです。これまで身近にいた女性とは違う、なんでもやってしまう女性に尊敬の心を抱くんだとか。時たま見せる「疲れちゃった」という本音さえも、ギャップとして心をうたれるようです。

家事が一通りこなせる

 好きで結婚相手にした女性が「全く家事をしない女だった」という事案をよく聞きます。女性が家事をすべきというわけではないですが、全てを男性に頼るのも考えものです。バツイチの女性は、同じ年齢であっても家事や行政の手続きについて詳しいので、頼りになります。

 状況を読み取って先読みしてくれるバツイチ女性の隣は、居心地がいいようです。彼女の中で生活スタイルが確立しているので、浪費ぐせなどの心配が必要ないというメリットがあるよう。

思いやりが半端じゃない

 バツイチの女性は、傷ついた経験がある人も多いです。特に若くして離婚してしまった女性は、自分に自信がない人も。そんなことから、相手の気持ちを読み取るのが上手い人が多いです。離婚の協議などもしているはずなので、話し合う姿勢が上手。すぐに感情的にならずに、きちんと理論的に考えることができる知的な一面もあります。

 きちんと意見を述べつつ、男性のことを考えてくれる姿に「どこまでもついていきます!」という草食系な男性がゾッコンになることも少なくないのです。

一度失敗しているからこそ…(写真:iStock)
一度失敗しているからこそ… (写真:iStock)

男性の意見も取り入れるのが上手い

 自分の中で勝手に決めずに、男性の意見を取り入れるのがバツイチ女性は上手です。男性のことを口で言い負かせても、無意味な結論しか出ないことを彼女は知っているのでしょう。

 うまく男性の意見を取り入れつつ、自分の意見も曲げることのない話し合いに、男性は「そうそう、これが言いたかったんだよ」という落ち着き具合。さらに女性にありがちな、夫(彼氏)に求めすぎ問題が最初から無い。「男として過度な期待をされなくていい」という意見もありました。

結婚を急かされない

 男性からすると結婚を考えられないタイミングもあります。煮え切らない態度につい、イライラしてしまう女性が多いですよね。

 しかし、バツイチの女性は一度結婚を経験しているからこそ、結婚についての焦りがありません。あまりの気楽さに男性が「僕と結婚すること考えてくれてる?」と焦ることも少なくないようです。多くのことを経験しているバツイチ女性だからこそ、動揺することや不安になることが少ないのです。

経験が豊富なのでいい

 男性と一緒に住んだことがあることで、ヤキモチを妬いてしまう男性もいます。しかし、それ以上にバツイチ女性の「説明しなくても男を理解している感じ」は心地がいいと話す男性も。経験が豊富なので、会話をしていても飽きないようです。

 またバツイチの女性は、家庭の大変さも仕事の大変さも理解しているので、察する能力に長けています。女性ならではのメンドくさい言い分をいうことなく「そういう感じなら、こっちも勝手にやるね」という自立心に男性はプレッシャーを感じなくて済むようです。

バツイチ女性の需要は高い

 バツイチの女性であっても、男性からはモテるのです。これは女性の大きな自信になりますよね。よく男性は“遊びの女性はルックスで決める”と言われていますが結婚となれば、さすがに女性の内面を見つめたくなるようです。バツイチ女性に習う“女性らしさ”こそ、人間力が試される時でもあります。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ