夫は不信感が募るばかり…虚言癖のある“嘘つき鬼嫁”の実態

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-07-26 06:00
投稿日:2020-07-26 06:00
 虚言癖のある鬼嫁との暮らしは、夫から平穏な生活を奪うようです。嘘つきな妻に対し「もはや完全に信頼を失ってしまった」と口にする夫もチラホラ……。あまりにも虚言癖がひどい場合には、結婚生活の存続すら危ぶまれても無理はありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、虚言癖な鬼嫁の実態に迫ります。

1:思い通りにならないと仮病を使う

都合が悪くなると体調が悪くなる妻(写真:iStock)
都合が悪くなると体調が悪くなる妻 (写真:iStock)

「ウチの嫁は、自分の思い通りにならないことがあると、すぐ仮病を使うのでマジで呆れています。今は結婚3年目です。最初の1年は『体調が悪い』と言われるたびに心配していたんですが、何度勧めても病院には絶対に行かないし、なんか変だなと。

 それで、よくよく嫁を観察してみると、自分のワガママを通したいときに『めまいがする』だの『動悸がヤバい』だのって言うことに気づきました。

 本人に指摘したら、そのときにもさらに仮病を使われてしまうという悪循環。どうしたものか悩んでいます…」(36歳男性/サービス)

2:話を盛って被害者ヅラ

あることないこと実母に報告(写真:iStock)
あることないこと実母に報告 (写真:iStock)

「妻は感情の波があり、夫婦喧嘩が激しくて疲れます。そのうえ、喧嘩するたびに自分の実家に電話して、母親に俺の愚痴を言いつけるんですが、その内容が『盛りすぎだろ!』ってくらい、ひどくて……。

 何度か妻の母親から、俺が単独で呼び出しをくらっています。そこで出てくる話には唖然とするほどです。義母は義母で、俺が説明しても娘の話を信じちゃっているし……!

 めちゃくちゃ面倒くさいですよ。そんな妻とこのままやっていけるのか、不安しかありません」(37歳男性/不動産)

3:嘘の予定で夫の行動を縛る

もしかして最初から嘘なんじゃ…(写真:iStock)
もしかして最初から嘘なんじゃ… (写真:iStock)

「妻は、僕が飲み会や友達と遊びに行くのを極端に嫌がるんで困っています。今はコロナの影響で、前ほどは出かけなくなりましたけど。それでも僕が『この日、遊びに行きたい』などと妻に伝えると『その日は、うちの妹が遊びにくるから家にいて』などと言って、僕が出かけないようにするんです。

 それで、そういうときの『○○があるからやめて』っていうのが、だいたいその場しのぎの嘘なんですよね。実際にその日が来ても、なんの予定もなくて。

 妻に言うと必ず『予定が変更になった』って言われるんですが、僕は最初から嘘なんじゃないかと疑っています。そんな調子なので、もはや出かける予定を伝えるのも面倒で仕方ありません」(36歳男性/システム開発)

まとめ:虚言癖はエスカレートする

 虚言癖のある人は、最初のうちは控えめな嘘をつくとしても、だんだんとエスカレートする傾向です。嘘をついたほうが、自分にとって有利な環境になる体験を繰り返すことで、どんどん感覚が麻痺して嘘が増えがちです。

 それが鬼嫁となれば、もともと理不尽な要求を夫に突きつけがちな存在だけに、放置しておくと厄介な関係にもなりやすいでしょう。我を通さないと気が済まない性分の女性が、虚言癖という武器を備えると、手の打ちようがないほどエスカレートする話も少なくありません。

 単なる鬼嫁との結婚生活だって大変なのに! さらに嘘をつく癖があるとなれば……。思わず夫に同情してしまう人も多いのではないでしょうか。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「令和の嫁姑問題相談所」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

↓詳細はこちら↓
https://salon.kokuhaku.love/namikimaki

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-20 06:00 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ