男性を虜にする“魔性の女”の特徴5つ&魔性の女になる方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-20 06:00
投稿日:2020-08-20 06:00
 あなたの身近に、次々と男性を虜にしてしまう「魔性の女」はいますか? 魔性の女は、男性のみならず女性にも憧れられる、小悪魔ともぶりっことも違った独特の魅力を持っていますよね。
 そこで今回は、魔性の女の特徴&魔性の女になる方法をご紹介します。彼女たちに学びながら自分の魅力を最大限に引き出して、周りの男性を虜にしちゃってください♡

天性の魅力は生まれつき? 魔性の女の特徴5つ

天真爛漫な姿に惹かれる(写真:iStock)
天真爛漫な姿に惹かれる (写真:iStock)

 魔性の女の特徴を分析していくと、彼女たちは計算ではなく内から滲み出る魅力で人を惹きつけていることがわかります。いったい、どのような特徴があるのでしょうか?

1. 天真爛漫な性格

 魔性の女に共通するのが、「天真爛漫な性格」でしょう。自分がしたいことを好きなように楽しんでいる彼女たちは、とても輝いて見えますよね。かといって、人を傷つけたり敵を作ったりすることもなく、ただ自由奔放に振舞っているだけ。

「あの人、いつも楽しそうでいいな」と周りに思わせてしまうのが、彼女たちの魅力なのです。

2. ミステリアスで掴み所がない

 魔性の女は自分軸で人生を楽しんでいるため、こちらの予想を裏切る行動をすることがあります。「こんな反応が返ってくるかな?」と思っても期待通りにはならないため、「もっと彼女のことを知りたい!」という気持ちにさせるのかもしれません。

 また、魔性の女は自分のことを多く語りません。私生活が見えなかったり、何を考えているのかが読めなかったりなど、ミステリアスで掴み所がないのも魅力のひとつでしょう。これを計算ではなく天然でしているところも、周りを惹きつける理由です。

3. 壁を作らず誰にでも同じように接する

 どんな人にも壁を作らずに接するのも、魔性の女の特徴。誰かとつるんだり、媚びたりするのではなく、自分が気になった人であれば誰とでも楽しくおしゃべりをします。

 男性からしたら、魔性の女として人気のある女性が自分と楽しそうに話してくれているだけで嬉しくなるはずです。屈託なく見せる笑顔に、「俺のこと好きなのかな?」と、勘違いしてしまうこともあるでしょう。

4. 恋愛では自分から追ったり媚びたりしない

 好きな男性ができると自分からアプローチしたり、追いかけたりする女性は多くいますが、魔性の女は自分から相手を追うことはしません。また、好かれようと計算で媚びた行動を取ることも、あまりないようです。

 きまぐれな猫のように甘えたい時には甘え、独りでいる時間も大切にする。そんな彼女たちの姿を見て、気づかないうちにみんな魔性の女を追いかけてしまいたくなるのです。

5. 1人の男性に依存せず新しい出会いを大切にする

 魔性の女は、特定の男性に依存することは少ないようです。あくまで、自分の直感に従って生きているので、いろいろな人との出会いを楽しむことを好みます。そのため、魔性の女を射止めたと思っていたとしても、実はほかにもいる男性の中の1人だったということも……。

 まるで、掴めそうで掴めない蝶のように周りを惹きつけながら、魔性の女は人生を楽しみ、輝き続けているのです。

魅力を最大限に引き出す! 魔性の女になる3つの方法

興味を持ったことは何でもチャレンジ(写真:iStock)
興味を持ったことは何でもチャレンジ (写真:iStock)

 男性だけでなく、女性をも惹きつけて止まない「魔性の女」に憧れる女性は多いでしょう。そこで、彼女たちの行動や見た目を参考に、魔性の女になる方法をご紹介しましょう!

1. 自分の感覚を大切にする

 まずは、相手を基準にするのではなく、自分の「楽しい」「好き」という感覚を大切にしましょう。自分を大切にできる人は相手のことを大切にすることができますし、幸せで満たされている人は、内側から自然と魅力が溢れ出てくるものです。

2. 自分に似合うファッションをする

 魔性の女は、外見にも気を使っています。自分が一番魅力的に見えるファッションをわかっているので、流行りに流されることはありません。

 魔性の女を目指すなら、どんな形や色、デザインが自分に合うかを研究してみましょう。自分に似合うファッションを追求してみることで、魅力を引き出せるはずです。

3. 興味を持ったら行動に移してみる

 今まで自分からおしゃべりをしたことがなかった人や、挑戦したくても一歩踏み出せないことがあった人は、思い切って行動に移してみることもおすすめです。魔性の女は、興味があると思ったらすぐに行動に移します。そうすることで、同じ場所にとどまることなく新しい世界を知り、自分の可能性を高めているのです。

 憧れの人に学ぶためには、真似をしてみることも大切! ぜひ、今日から勇気を出して、新しいあなたを発見してみてくださいね。

自分らしさを大切にすればあなたも魔性の女になれる♡

あなたの魅力にみんな夢中になる(写真:iStock)
あなたの魅力にみんな夢中になる (写真:iStock)

「魔性の女」というと、どこか悪いイメージを持つ人もいるでしょう。でも、多くの人を惹きつける彼女たちは、自分の感覚を大切に輝いているからこそ、結果的に「魔性の女」と言われるようになったのかもしれません。

 あなたももっと自分を大切にして、魔性の女のように周りを惹きつける女性になってくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ