小悪魔系女子とは一味違う「魔性の女」のモテ力♡7つの特徴

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-10-14 08:01
投稿日:2019-10-14 06:00
 何かと比べられる「魔性の女」と「小悪魔系女子」。でも、この2タイプは、似て非なるタイプだということを知っていますか?どちらが良いということではないですが、共通するのは男性にモテること!小悪魔系女子と魔性の女の違いをチェックしつつ、特徴を捉えていきましょう。

「小悪魔系女子」と「魔性の女」の決定的な2つの違い!

「小悪魔系女子」と「魔性女」の違いは?(写真:iStock)
「小悪魔系女子」と「魔性女」の違いは? (写真:iStock)

 男性にモテる「小悪魔系女子」と「魔性の女」。どちらも男性を翻弄してモテているというイメージがあるかもしれませんが、実は決定的な2つの違いがあります。

モテ方が違う!計算するorしない

「小悪魔系女子」と「魔性の女」の大きな違いは、ズバリ、計算をするかしないか!

 小悪魔系女子は、男性がどんな女性が好きなのか、どんなことをすれば喜ぶのか、という心理を研究します。その心理に合わせて計算してアプローチを行うため、モテるのです。多少わがままでも、可愛く見えてしまう小悪魔系女子の恋愛スキルは驚くほど高い。

 対して、魔性の女は計算をしません。自分に興味がある男性を即座に見分け、自由気ままにアプローチをも楽しみます。脈アリかと勘違いされることも多く、気づいたら男性が振り回されていることもよくあります。

同性に嫌われるor嫌われない

「小悪魔系女子」と「魔性の女」は、同性からの評価にも違いがあります。

 男性に媚を売ってモテる小悪魔系女子は、同性から見たら鼻に付く存在。でも、彼女たちはそんなことを全く気にしていないのですが。

 対して魔性の女は、サバサバと自由奔放、自立心が強いため、同性からも比較的好感度が高いよう。仕事ができる、憧れの女上司タイプも多いですね。

 共通項があるとすれば、どちらも群れないことでしょう。単独行動を恐れず、自由気ままに行動します。我が道を行く女性は、モテるのかもしれませんね。

「魔性の女」を目指すなら?7つの特徴をチェック♡

我が道を行く旅人タイプ(写真:iStock)
我が道を行く旅人タイプ (写真:iStock)

「魔性の女」に焦点を当ててみると、計算せずに自然体、そして同性にも嫌われない、さらに男性からモテる!と、異性問わず憧れの存在になりやすいことが分かります。そんな「魔性の女」を目指すなら?参考にしたい7つの特徴をチェックしていきましょう。

1. 男性に媚びない・なびかない

 魔性の女は、常に男性を侍らせているというイメージがありますが、決して男性に媚びたりなびいたりしないという特徴があります。男性に依存をするという考えがなく、自立しているため、男性の顔色を伺う必要がないのです。

 ただし、男性に媚びずとも、ひとたび興味が湧いたら一直線!自分に彼氏がいようと、相手に彼女や奥さんがいようと、お構いなしで「いつでもウェルカム!」の態勢を作ります。

2. 気まぐれで自由奔放

 気まぐれで自由奔放なのも、魔性の女の特徴でしょう。会うたびに自分の思考やブームが変わるため、会うたびに雰囲気が変わることもよくあります。

 また、男性的な部分と女性的な部分の両方を持ち合わせているため、大胆さと繊細さのバランスが絶妙。付き合いだしてからも芯から男性に染まることはなく、いつまでも「自分の色」を保ち、振り回されることがありません。

3. 「みんなと同じ」が嫌

 魔性の女は、みんなと同じことを嫌う傾向にあります。流行のファッションを追いかけるのではなく、自分にだけ似合うファッションを探し求めています。髪型や洋服が「みんなと同じ」ではないため、個性的な印象を与えることも。

 また、ファッションだけではなく、生き方も我が道を行く旅人タイプが多いのも特徴。突然一人旅に出たり、スピード婚をしてみたり、と、周りがびっくりしてしまう行動に出る人も多いです。

4. ギャップをたくさん持つ

「ギャップに惹かれて好きになった」、そんな経験がある方は多いでしょう。実は、魔性の女は、このギャップをたくさん持っています。

 強そうで弱い、しっかり者そうなのに抜けたところがある、大人っぽいのに無邪気……など、とにかく良い意味でも悪い意味でも期待を裏切り続けてくれるため、見ていて飽きないのです。本来「獲物を追いたい」狩猟本能のある男性からしたら、いつまでも手に入らない存在のため、気づけば虜になってしまうんですね。

5. 一見「魔性の女」のイメージがない

 魔性の女というと、美人でグラマラス、まるでルパン三世の「峰不二子」のようなイメージを持っている方は多いでしょう。でも、そんな人は「魔性の女」うんぬん関係なくモテるので、一旦置いておくとして……。

 でも実は、本当の魔性の女って、一見「魔性の女」のイメージがないのです。特別美人ではないけれど、言動や行動、立ち居振る舞いの全てで、男性を瞬時に引きつけてしまいます。だからこそ、「魔性」と呼ばれるのです。

6. 私生活が見えない

 男性は女性の全てを把握してしまうと、飽きてしまうという一面を持っています。その点、魔性の女は私生活が見えないというミステリアスな部分を持っているのも、魅力の1つでしょう。

 一見、チャラチャラしているように見えて、会社ではバリバリのキャリアウーマンだったり、どこからどう見ても独身のように振舞っているのに、実は既婚者だったり。

 垣間見るそんな姿に、「自分の前では全てを見せてくれていないのか」と男性は不安を感じつつも、「もっと知りたい」と深みにはまっていくのです。

7. 自分に興味がある男性を見分けるのがうまい

 自分に興味がある男性を見分けるのが上手なのも、魔性の女の特徴でしょう。男性からのちょっとしたサインやアプローチに気付いた時には、即座に思わせぶりな態度を取って「堕とす」のです。

 しかし、先に挙げたように、計算はしない彼女たち。真正面から「私のことが気になる?」なんて、ドキッとするようなセリフを言ってしまうことも。ふとした瞬間に、「この人、自分に気があるかも?」と感じたことがあるあなたは、魔性の女タイプかもしれませんよ。

女性は誰でも「魔性の女」になれる要素を持っている

あなただけの「魔性」が魅力になる(写真:iStock)
あなただけの「魔性」が魅力になる (写真:iStock)

「魔性の女」に焦点を当ててみると、自由奔放で媚びずに強気、自立していて誰に対しても打算で動かないという、かっこいい女性像が浮かび上がりませんか?

 そう、実は「魔性の女」は天性の才能でもなんでもなく、自分次第で誰でもなれるものだと思うのです。

 もちろん、恋愛の場数をこなすことで、より魔性の才能を開花させることはできるでしょう。でも、根本的な魔性の魅力を底上げするのは、普段の生活の中で培われるものではないでしょうか。

 ぜひ、自分の中に眠る「魔性の女」の要素を見つけて、魅力溢れる女性を目指してみてくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ