小悪魔系女子とは一味違う「魔性の女」のモテ力♡7つの特徴

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-10-14 08:01
投稿日:2019-10-14 06:00
 何かと比べられる「魔性の女」と「小悪魔系女子」。でも、この2タイプは、似て非なるタイプだということを知っていますか?どちらが良いということではないですが、共通するのは男性にモテること!小悪魔系女子と魔性の女の違いをチェックしつつ、特徴を捉えていきましょう。

「小悪魔系女子」と「魔性の女」の決定的な2つの違い!

「小悪魔系女子」と「魔性女」の違いは?(写真:iStock)
「小悪魔系女子」と「魔性女」の違いは? (写真:iStock)

 男性にモテる「小悪魔系女子」と「魔性の女」。どちらも男性を翻弄してモテているというイメージがあるかもしれませんが、実は決定的な2つの違いがあります。

モテ方が違う!計算するorしない

「小悪魔系女子」と「魔性の女」の大きな違いは、ズバリ、計算をするかしないか!

 小悪魔系女子は、男性がどんな女性が好きなのか、どんなことをすれば喜ぶのか、という心理を研究します。その心理に合わせて計算してアプローチを行うため、モテるのです。多少わがままでも、可愛く見えてしまう小悪魔系女子の恋愛スキルは驚くほど高い。

 対して、魔性の女は計算をしません。自分に興味がある男性を即座に見分け、自由気ままにアプローチをも楽しみます。脈アリかと勘違いされることも多く、気づいたら男性が振り回されていることもよくあります。

同性に嫌われるor嫌われない

「小悪魔系女子」と「魔性の女」は、同性からの評価にも違いがあります。

 男性に媚を売ってモテる小悪魔系女子は、同性から見たら鼻に付く存在。でも、彼女たちはそんなことを全く気にしていないのですが。

 対して魔性の女は、サバサバと自由奔放、自立心が強いため、同性からも比較的好感度が高いよう。仕事ができる、憧れの女上司タイプも多いですね。

 共通項があるとすれば、どちらも群れないことでしょう。単独行動を恐れず、自由気ままに行動します。我が道を行く女性は、モテるのかもしれませんね。

「魔性の女」を目指すなら?7つの特徴をチェック♡

我が道を行く旅人タイプ(写真:iStock)
我が道を行く旅人タイプ (写真:iStock)

「魔性の女」に焦点を当ててみると、計算せずに自然体、そして同性にも嫌われない、さらに男性からモテる!と、異性問わず憧れの存在になりやすいことが分かります。そんな「魔性の女」を目指すなら?参考にしたい7つの特徴をチェックしていきましょう。

1. 男性に媚びない・なびかない

 魔性の女は、常に男性を侍らせているというイメージがありますが、決して男性に媚びたりなびいたりしないという特徴があります。男性に依存をするという考えがなく、自立しているため、男性の顔色を伺う必要がないのです。

 ただし、男性に媚びずとも、ひとたび興味が湧いたら一直線!自分に彼氏がいようと、相手に彼女や奥さんがいようと、お構いなしで「いつでもウェルカム!」の態勢を作ります。

2. 気まぐれで自由奔放

 気まぐれで自由奔放なのも、魔性の女の特徴でしょう。会うたびに自分の思考やブームが変わるため、会うたびに雰囲気が変わることもよくあります。

 また、男性的な部分と女性的な部分の両方を持ち合わせているため、大胆さと繊細さのバランスが絶妙。付き合いだしてからも芯から男性に染まることはなく、いつまでも「自分の色」を保ち、振り回されることがありません。

3. 「みんなと同じ」が嫌

 魔性の女は、みんなと同じことを嫌う傾向にあります。流行のファッションを追いかけるのではなく、自分にだけ似合うファッションを探し求めています。髪型や洋服が「みんなと同じ」ではないため、個性的な印象を与えることも。

 また、ファッションだけではなく、生き方も我が道を行く旅人タイプが多いのも特徴。突然一人旅に出たり、スピード婚をしてみたり、と、周りがびっくりしてしまう行動に出る人も多いです。

4. ギャップをたくさん持つ

「ギャップに惹かれて好きになった」、そんな経験がある方は多いでしょう。実は、魔性の女は、このギャップをたくさん持っています。

 強そうで弱い、しっかり者そうなのに抜けたところがある、大人っぽいのに無邪気……など、とにかく良い意味でも悪い意味でも期待を裏切り続けてくれるため、見ていて飽きないのです。本来「獲物を追いたい」狩猟本能のある男性からしたら、いつまでも手に入らない存在のため、気づけば虜になってしまうんですね。

5. 一見「魔性の女」のイメージがない

 魔性の女というと、美人でグラマラス、まるでルパン三世の「峰不二子」のようなイメージを持っている方は多いでしょう。でも、そんな人は「魔性の女」うんぬん関係なくモテるので、一旦置いておくとして……。

 でも実は、本当の魔性の女って、一見「魔性の女」のイメージがないのです。特別美人ではないけれど、言動や行動、立ち居振る舞いの全てで、男性を瞬時に引きつけてしまいます。だからこそ、「魔性」と呼ばれるのです。

6. 私生活が見えない

 男性は女性の全てを把握してしまうと、飽きてしまうという一面を持っています。その点、魔性の女は私生活が見えないというミステリアスな部分を持っているのも、魅力の1つでしょう。

 一見、チャラチャラしているように見えて、会社ではバリバリのキャリアウーマンだったり、どこからどう見ても独身のように振舞っているのに、実は既婚者だったり。

 垣間見るそんな姿に、「自分の前では全てを見せてくれていないのか」と男性は不安を感じつつも、「もっと知りたい」と深みにはまっていくのです。

7. 自分に興味がある男性を見分けるのがうまい

 自分に興味がある男性を見分けるのが上手なのも、魔性の女の特徴でしょう。男性からのちょっとしたサインやアプローチに気付いた時には、即座に思わせぶりな態度を取って「堕とす」のです。

 しかし、先に挙げたように、計算はしない彼女たち。真正面から「私のことが気になる?」なんて、ドキッとするようなセリフを言ってしまうことも。ふとした瞬間に、「この人、自分に気があるかも?」と感じたことがあるあなたは、魔性の女タイプかもしれませんよ。

女性は誰でも「魔性の女」になれる要素を持っている

あなただけの「魔性」が魅力になる(写真:iStock)
あなただけの「魔性」が魅力になる (写真:iStock)

「魔性の女」に焦点を当ててみると、自由奔放で媚びずに強気、自立していて誰に対しても打算で動かないという、かっこいい女性像が浮かび上がりませんか?

 そう、実は「魔性の女」は天性の才能でもなんでもなく、自分次第で誰でもなれるものだと思うのです。

 もちろん、恋愛の場数をこなすことで、より魔性の才能を開花させることはできるでしょう。でも、根本的な魔性の魅力を底上げするのは、普段の生活の中で培われるものではないでしょうか。

 ぜひ、自分の中に眠る「魔性の女」の要素を見つけて、魅力溢れる女性を目指してみてくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ