男女にモテる優しい女性の特徴5選!本当の優しさを身につけるには?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-08-02 06:00
投稿日:2020-08-02 06:00
 いつでもニコニコしていて優しい女性、あなたの周りにいませんか? そういった女性は男女問わず、人気があるでしょう。しかし、優しい女性になりたいと思っても「優しい」の定義は人によって違いますし、判断するのは周囲の人。
 では、優しい女性の持つ「本当の優しさ」ってどんなものなのでしょうか?

モテるため?間違った「優しさ」していませんか?

「してあげている自分」が好き?(写真:iStock)
「してあげている自分」が好き? (写真:iStock)

 優しさは押し付けるものではないですし、モテるためのものでもありません! まずは、やってしまいがちな間違った優しさから見ていきましょう。

ひとりよがりなお節介

 頼まれてもいないのにお世話をしたり、誰かの前だから優しいと思われる行動をしたり……そんなひとりよがりなお節介は、優しさとはいえません。

 誰かを思った行動であっても、踏み入れて欲しくない部分にまで首を突っ込んでしまってはただの自己満足になってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

見返りを求める

 誰かに対して行った優しさに対して見返りを求めてしまうのも、本当の優しさとは言えないでしょう。また、見返りを求めてしまう方は、「自分を認めて欲しい」という承認欲求が強いよう。

 たとえ、自分にとってマイナスになっても相手にとってプラスになるかどうかを望めるかどうかが、本当の優しさとの違いなのかもしれません。

「してあげている自分」が好き

「あなたって優しいね」と言われると、当然嬉しい気持ちになります。しかし、そう思われたいために優しさの押し売りをしてしまう方もいます。

「してあげている自分」が好きなタイプですので、「私、優しいから」と口にして、望まれていない親切を押しつけてしまう方もいるでしょう。

男女にモテる優しい女性の5つの特徴

相手が求めていることに気づくこと(写真:iStock)
相手が求めていることに気づくこと (写真:iStock)

 あなたにとっての「優しい女性」とは、どんな女性でしょうか? ここで、男女にモテる優しい女性の特徴をチェックしていきましょう。

1. 人によって態度を変えずに優しく接する

 好きな男性に対してはなんでも協力できるのに、興味のない男性には無愛想な態度をとってしまう……など、人によって態度を変えてしまう人は、自分にとって相手が有益な人かどうかを心のどこかで計算しているものです。

 その点、優しい女性は、人によって態度を変えることがありません。年齢や性別問わず、常に一定の態度で接する柔軟さがあるため、良い交友関係が自然に広がっていきます。

2. 相手の心や目線を大切に話をする

 優しい人は、目の前の相手がどんな気持ちでいるか、どんな視点で物事を見ているかをいつも考えます。そして、自己中心的にならないよう、わからないことがあれば謙虚な姿勢で教えてもらおうとします。

 相手が求めていることに自分がどう対応できるかを考えることができるため、仕事などでも重宝される機会が多いでしょう。

3. 言葉遣いが丁寧・感情が穏やか

 優しい女性は、言葉遣いが丁寧で、感情が穏やかな人が多いです。そのような所作ができるのは、自分自身が余裕を持てるような環境を作っているからこそ。焦らないために計画的に物事を進める日々の努力も、優しい女性でいるためには大切なことかもしれませんね。

 また、備え持った穏やかな品の良さなどは、少なからず育ってきた環境も影響するかもしれません。優しさや愛情を受けて育ってきている女性は、自分からも与えることが当たり前だと感じるようです。

4. さりげない気遣いができる

 優しい女性は、周囲の動きに敏感です。悩んでいる人や困っている人がいたら察知して、相手が気を使わないように気遣いを行うことができます。

 その場の雰囲気を良くする気配り上手な女性は、男性からも人気です。さりげなく自分を立ててくれたり、周囲の人にいつでも気を使える女性を彼女候補として見る男性も多いでしょう。

5. 誰かのために強くいられる

「優しい=なんでも許容する」というイメージを持つ方も多いですが、これは相手に決断を委ねているだけですので違います。

 優しい女性は誰かの間違いをちゃんと叱ったり、守るために強くなることができる女性。親身になれるのは、相手のことを考えているからこその行動でしょう。そして、そういった行動は自分にも返ってくるため、周りにも思いやりのある優しい人が増えていくはずです。

本当の優しさを身につけるには?3つの心がけ

相手を尊重する気持ちを忘れずに…(写真:iStock)
相手を尊重する気持ちを忘れずに… (写真:iStock)

 優しい女性の特徴を見ると、ハードルが高いと思ってしまうかもしれませんが、普段の心がけで本当の優しさを身につけることはできると思います。3つの心がけを見ていきましょう。

1. 自分を大切にして心と体を安定させておく

 優しい女性になるには、まずは、自分を大切にすることから始めましょう。周りに気を使わせないようにやせ我慢をしても、それは痛々しく映ることもあります。

 誰かに寄り添う優しさを持つためには、心と体の健康が不可欠! 自分で精一杯な時には、ほかの人を気遣う余裕はなかなか持てないものですから。特に女性は不安定になりがちですので、疲れた時には無理をせず、時には甘えて休むということも大切です。心身を安定させましょう。

2. 相手を尊重する

 細やかな気遣いができる女性は、相手の気持ちを想像してどんなことを求めているのかを考えることができる女性。「何かしてあげたい!」というような事態でも、そっとしてあげることが相手にとっての優しさになることもあります。

 お節介や自己中心的にならない優しさを持つのは難しいことでもありますが、自分の価値観を押しつけず、相手を尊重する気持ちに注目してみると良いでしょう。

3. 普段の言葉遣い、所作に気をつける

 言葉遣いや所作は、イメージを大きく左右します。現代では、男性っぽい言葉を使う女性も多くいますが、プライベートならまだしも、職場などではかなり違和感を感じさせてしまいます。

 当たり前ですが、言葉遣いは丁寧に。また、少しゆっくりとした所作を心がけるだけで、穏やかな女性に見られます。そういるためには、焦ったりイライラしない状況を作ることも大切ですので、スケジュールや自己管理をして、余裕を持てる環境を作りましょう。

優しい女性になるには自分に満足して余裕を持つことが大切

まずは自分自身の環境を充実させる(写真:iStock)
まずは自分自身の環境を充実させる (写真:iStock)

「自分は優しい!」と言える人は、なかなかいないでしょう。でも、たとえば、転がっているゴミを拾ったり、運転中に道を譲ったり、困っていそうな人に声をかけたり、などの経験は、誰にでもあるはずです。

 そんな時の優しさは、誰かに「優しい」と思われたいがために行ったことではなく、きっと咄嗟に出た自然なもの。きっと私たちは、優しさのかけらをいつも持っているのです。

 ただ、その優しさを発揮できる頻度は、自分の精神状態によって変わってくるでしょう。つまり、優しい女性であるためには、常に自分が満足して余裕を持っていることが大切だと思うのです。ぜひ、自分を大事にして、穏やかで優しい女性を目指してくださいね。

ライフスタイル 新着一覧


防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...
モフモフが魅力!「フランネルフラワー」を長く楽しむ方法
 ワタクシがまだ、若かりしころ。習っていたお花の教室のお師匠さんは、控えめで物腰が柔らかい、とても美しく静かな女性でござ...
ダジャレが可愛い!鳩サブレーグッズの世界 2021.5.5(水祝)
 全国的かつ国民的銘菓といっても過言ではない鎌倉名物・豊島屋の「鳩サブレー」。我が家もおやつ貯蔵庫に常備しております。子...
ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、...