マザコン彼氏を見抜くには? 5つの特徴&上手な付き合い方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-24 06:00
投稿日:2020-08-24 06:00
 イケメンで優しい彼氏ができれば、誰からも羨ましがられるでしょう。しかし、"マザコン"となれば話は別! 付き合ってからマザコンと気づき、交際したことに後悔してしまう女性も実は多いのです。そこで今回は、事前に見抜くために知っておきたいマザコン彼氏の特徴や、上手な付き合い方についてご紹介します。

マザコン彼氏に見られる5つの特徴とは?

身の回りのことは母親任せ(写真:iStock)
身の回りのことは母親任せ (写真:iStock)

 "マザコン"というと、それだけで敬遠してしまう女性も多いでしょう。好きだった男性と晴れて交際できても、マザコンと分かれば気持ちが冷めてしまうこともありますよね。そうならないためには、付き合う前に見極めることが必要! 5つの特徴をチェックしていきましょう。

1. 頻繁に母親と連絡を取っている

 社会人になれば、親との連絡は必要最低限になるのが一般的。しかし、マザコン男性は社会人になっても不安や寂しさから、頻繁に母親に連絡を取っています。中には、一緒に暮らしているにも関わらず、お昼休みや休憩時間になるたびに連絡を取る人も。

 事あるごとにスマホをいじっていたり、電話をしている男性は、もしかしたら母親に連絡を取っているのかも……?

2. いまだに母親に身の回りの世話をしてもらっている

 社会人になると、一人暮らしを始める男性も多いでしょう。最近では家事が得意な男性も増えていますが、基本的にマザコン男性は今まで全てのことを母親にやってもらっていたため、家事が苦手。

 自分の身の回りのことができないため、一人暮らしでも母親を頼りがちな傾向に……。掃除や料理だけでなく、いまだに洋服や下着などを母親に揃えてもらっている人もいます。

3. 母親の話が多い

 マザコン彼氏は、母親が大好き。彼女の前であっても、何かにつけて母親のことを話したがります。

「この間、うちのお母さんがこんなことをしたんだ」というような笑い話であれば、ひとつの話題として聞き流すこともできますが、「お母さんのこんなところがすごい」というような自慢話がしょっちゅう出てくるようであれば、マザコンである可能性大!?

4. 困った時には母親に相談する

 マザコン彼氏は、自分で物事を決めることが苦手な傾向にあります。これは幼少期から何でも母親に相談してきたり、サポートをされてきたため、自分で考えることや決断をする機会が少なかったことが原因でしょう。

 そのため、大人になってもなお、困った時にはすぐに母親に相談しようとします。たとえそれが恋人関係の悩みなどであっても、母親に答えを求めようとする男性もいるでしょう。

5. 母親と比較する

 マザコン彼氏の理想の女性像は、もちろん「お母さん」。そのため、マザコン彼氏は何かにつけて母親と彼女を比較するでしょう。

 たとえば、料理を作ると「お母さんの味付けは、こうじゃない」と言ったり、片付けをする時にも「お母さんなら、こうするのに」と比べたりします。このような言動が見受けられる彼には、注意が必要です。

マザコン彼氏だけど別れたくない…上手に付き合う3つのポイント

いい父親になりそう!(写真:iStock)
いい父親になりそう! (写真:iStock)

 マザコン男性は普段、マザコンであることを隠していたり、自分で自覚していない人もいますから、付き合う前に気づけないこともあるでしょう。

 しかし、マザコンと気づいたからといって、必ずしも愛情が冷めるとは限りません。「厄介な人を好きになったなぁ」と思いながらも、そんなことで別れたくないと思う人もいるでしょう。そこで、そんなマザコン彼氏と上手に付き合っていくポイントをご紹介します。

1. マザコンではなく「親思い」だと気持ちを切り替える

 "マザコン"というと、悪いイメージを持つ人がほとんど。確かに、いい大人が母親離れできずにいるのはカッコよくありません。

 しかし、“親思い”だと見方を変えることができれば、一気にイメージは変わるはず。「親が好きで大切にしたい」という気持ちは決して悪いことではありません。度が過ぎた愛情は別ですが、家族を大切にできるということは彼女や奥さんのことも大切にできる人だとも考えられます。

2. 母親の話が出たら、否定せずに聞いてあげる

 マザコン彼氏は、デート中にも母親の話が出てくるもの。彼女としては、たびたび出てくる母親の話にうんざりしている人も多いでしょう。

 しかし、ここで「もう、お母さんの話はやめて」なんて否定的なことを言ってしまえば、関係性は一気に壊れてしまいます。母親の話をするのは、あなたを信頼しているからこそ。否定せずに上手に聞き流してあげれば、彼は満足するはずです。

3. 母親に勝とうとしない

 マザコン彼氏と付き合っている人の中には、彼の母親と張り合おうとする人もいます。母親であっても、対女性ですから対抗心が湧く人もいるでしょう。

 しかし、彼にとっての母親は絶対的存在であるため、よっぽどのことがない限り、それを超えることはできません。母親は彼を生み、育てた人でもあります。ならば、対抗心を燃やすよりも仲良くなった方が、彼との関係性を深めることができるでしょう。

マザコン彼氏と付き合い続けるかはあなた次第!

意外と悪くない相手かも?(写真:iStock)
意外と悪くない相手かも? (写真:iStock)

 彼氏がマザコンだったと分かると、別れを選ぶ人も多いでしょう。確かに、何でも「お母さんが……」と言われれば、うんざりしてしまいますよね。

 しかし、ある意味マザコン彼氏は愛情深い人とも言えます。度を越えたマザコン彼氏であれば付き合い続けるのは難しいですが、二人の関係に影響がないのであれば、あなたの向き合い方次第で良い関係を築ける相手かもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ