デキる男性が選ぶ女性の特徴5つ! 選ばれるための方法とは♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-26 06:00
投稿日:2020-08-26 06:00
 デキる男性が選ぶ女性というと、「スタイルが良くて美人」といった外見重視なイメージを抱く人が多いでしょう。しかし、実際にはデキる男性は外見だけでなく、ちゃんと内面も見て判断しているようです。そこで今回は、デキる男性が選ぶ女性の特徴や選ばれるための方法をご紹介します。

デキる男性が選ぶ女性の特徴! 選ばれる5つのポイント

デキる男性の理想の女性って?(写真:iStock)
デキる男性の理想の女性って? (写真:iStock)

 仕事ができる男性は、カッコよく見えるもの。バリバリと仕事をこなす男性は当然収入も高いため、女性からすれば結婚相手としては理想的な存在ですよね。

 しかし、そんな男性を射止めるためには、多くのライバル女性から勝ち抜く必要があります。デキる男性から選ばれる女性は「容姿淡麗」というイメージが強いですが、実は、それだけではダメ。では、どんな特徴を持っている女性が選ばれるのでしょうか?

1. 知性があり、会話に飽きることがない

 デキる男性の多くはさまざまな知識を持っており、頭の回転も速いです。そのため、どんなに容姿端麗な女性であっても、会話がつまらない無知な女性には魅力を感じない傾向にあります。

 その点、知性のある女性は会話が弾み、楽しい時間を過ごすことができます。自分が知らない知識を持っている女性が現れると、興味をそそられるでしょう。

2. 男性に頼ろうとせず、自立している

 女性は、結婚相手に"経済力"や"頼りがい"を求める人が多いでしょう。「男性に幸せにしてほしい」と考えている人も多いはず。そして、そんな女性を「守りたい」と思う男性も、もちろんいます。

 しかし、デキる男性はこういった受け身の女性は好みません。自立して、精神的依存のない女性と対等な関係を築きたいと考えています。

3. 一緒にいると安心する

 デキる男性のように仕事で戦う男性は、一緒にいて安心を与えてくれたり、癒してくれる女性を求めています。どんなに尊敬できる人、愛する人であっても、一緒にいて気を使ったり、緊張するような相手では心が休まることはありません。

 そのため、わがままを言ったり、心とは裏腹の行動をとるような女性は不安を与えてしまうため、選ばれることはないでしょう。

4. 家庭的な部分が垣間見える

 ある程度の年齢になれば、やはり結婚を意識するもの。デキる男性も付き合う女性を選ぶ際には、将来を考えられる相手を選ぼうと考えます。

 そのため、多くの男性と同じく、家庭的な部分が見える女性に惹かれます。料理上手、家事が得意な女性は結婚後の生活を想像させることができるでしょう。また、浪費をしないか?など、お金の使い方も意外とチェックしています。

5. 男性を立ててくれる

 デキる男性は社会的地位もあるため、プライドが高い傾向にあります。そのため、男性の意見を真っ向から否定したり、我が強すぎる女性は敬遠しがち。

 古臭い考えでもありますが、一歩下がってついてくる、男性を立ててくれる女性を求めています。

デキる男性に選ばれる女性になるには? 3つの方法

一朝一夕で身に付くものではないけれど(写真:iStock)
一朝一夕で身に付くものではないけれど (写真:iStock)

 女性にとってデキる男性は理想的な恋人であり、結婚相手でしょう。しかし、そんな男性に、ただ恋焦がれるだけでは意味がありません。

 せっかく近くにデキる男性がいるのであれば、「どうせ私なんて……」と最初から諦めるのではなく、男性の心を射止める努力をしましょう。

1. 外見を磨いて魅力的な女性を目指す

 男性の心を動かすためには、まずは外見磨きが必須。そう言われてしまうと、「やっぱり、美人が得」と思う人が多いかもしれませんね。

 しかし、外見を磨くことは「自分磨きをしよう」と努力するかどうかが重要。「綺麗になりたい」と、常日頃から努力している人は、やはり外見に表れるものです。

2. マナーや知性を身に付けて大人の女性を目指す

 デキる男性に選ばれるためには、外見だけでなく内面を磨いていくことも欠かせません。無理に専門知識を身につけたり、難しい本を読む必要はありませんが、必要最低限の一般常識やマナーは身に付けておく必要があります。

 社会人としての常識やマナーが身についていれば、自然と立ち振る舞いも落ち着いて見えるはず。そして、余裕のある女性だと思わせることができるでしょう。

3. 男性に全てを頼らないための芯を持つ

 女性の中には、恋愛をすると彼氏に依存してしまう人が多くいます。こういったタイプの女性はデキる男性にとっては重荷であり、面倒な女と思われてしまいがち。

 そうならないためには、男性に依存せずに済むように、自分の芯をしっかりと持つことが必要です。「自分にはこれがある!」と思えるものがあれば、男性に依存しすぎることはなくなるでしょう。

デキる男性に選ばれる女性になるには努力が必要!

見えないところで努力している(写真:iStock)
見えないところで努力している (写真:iStock)

 高スペックの男性と付き合っていたり、結婚した友達を見ると「羨ましい」と思う人が多いでしょう。同時に「彼女は美人だから」「どうせ私は、デキる男性には選ばれない」と最初から諦めていませんか?

 デキる男性の心を射止めた女性は、何もせずに選ばれたわけではありません。見えないところでちゃんと努力をしているからこそ、きっと選ばれたのでしょう。あなたも、デキる男性に選ばれたいと思うのであれば、今日からでも自分磨きを始めましょう!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ