まわりに必ずいる…なぜか男ウケする“モテ女”の共通点とは?

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-08-22 06:00
投稿日:2020-08-22 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。女子力を高めるためにメイクを研究したり、流行りの洋服を購入したり、オトナ女子たちは日々アンテナを張り巡らせ、自分磨きを惜しみません。
 でも、女性が目指して憧れる女子とオトコ受けする女子って、実は結構違ったりします。7割近くの男性が好感を持つ“モテる女子たち”を分析してみましょう。

男ウケ要素その1~何もしない爪に親近感

モテる女は地味ネイル(写真:iStock)
モテる女は地味ネイル (写真:iStock)

 ネイルサロンで施してもらっている爪は、男性からすれば不潔よりはいいだろう程度です。はっきり言って全く興味はありませんが、魔女のように長いネイルやゴテゴテしたネイルはNGなのです。

 その理由として

・「長い爪でおにぎり握られるのは抵抗ある」→不潔そうに感じる
・「ゴテゴテした爪で料理とかができるのか」→家事をやらなさそう
・「お金遣いが荒そうなのが気になる」→金銭感覚に不安を感じる

 男性も、結婚生活をイメージして観察しているということです。

 ちなみに、好感度が高いのは透明か薄いピンクの短い爪。何もしていない爪に親しみを感じるそうです。モテ女上級者は、あえてネイルサロンで薄ピンクか透明のネイルを丁寧に施しています。

 これって思う以上に綺麗なので、トライする値打ちありですよ。

男ウケ要素その2~お肌がきれいで色が白い

すっぴんの無防備な姿にドキッ(写真:iStock)
すっぴんの無防備な姿にドキッ (写真:iStock)

 徹底的にUV対策をして日焼けからお肌を守っている女子の共通点は、基礎化粧品にも力を入れています。

 お肌が白くなると口紅やシャドーの色が映えすぎるので、必然的に色味を押さえた自然なカラーを選ぶようになります。そうすると、薄化粧になりますよね。「“顔のファンデがムラムラで汚い人”より、スッピンの方がいい」と、“ファンデで汚肌”の感覚を不思議に思う男性は多いそうです。

 交際が始まってから素顔を見せた時、「お化粧しない方が可愛い」と言われたオトナ女子も多いはずです。きっと、無防備で可愛らしく見えるのでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【女性版】マッチングアプリで「モテ無双」できる写真とは?
 日常生活で「いい出会いがない」と嘆いたり、マッチングアプリは昔やっていたけれど、なかなかマッチしなかったと不満に思う方...
若林杏樹 2020-11-30 06:00 ラブ
気分屋の彼氏と幸せになれる?特徴&上手に付き合うコツ4つ
 気分屋の彼氏と付き合っていると、本当に疲れますよね。日によって言うことが違ったり、機嫌がコロコロ変わったり……。好きな...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
満月と女性の密接な関係とは? 体や恋愛に与える影響5つ
 昔から、満月と女性の体には深い関わりがあると言われてきました。実際に、満月が女性に与える影響は大きく、体調不良になった...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
距離を縮めて♡恋愛に発展させる7つのLINEテクニック!
 今や連絡ツールの主流になっているLINE。男女の出会いの多くも、LINE交換から恋愛に発展するケースが多いのではないで...
恋バナ調査隊 2020-11-29 06:00 ラブ
サプライズはもう古い!必ず喜ばれるプレゼント~選びの極意
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。クリスマスシーズンが近づくと、そろそろプレゼントのことを考えますね。頭を悩ま...
山崎世美子 2020-11-28 06:00 ラブ
「彼女は何も悪くないのに」完璧な妻への劣等感に苦悩する夫
「冷酷と激情のあいだvol.22〜女性編〜」では、結婚わずか1年で夫が別人になったと感じている妻・Aさんの嘆きをご紹介し...
並木まき 2020-11-28 06:08 ラブ
向上心はどこへ…究極のヒモ男を掴んだかもしれない妻の苦渋
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-28 06:07 ラブ
好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ