男性に告白された!上手な断り方5つ&トラブルを防ぐ注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-01 06:00
投稿日:2020-09-01 06:00
 本来、告白されるというのは嬉しいこと。女性として、男性に好意を持たれるというのは幸せですよね。しかし、興味のない男性からの告白となれば話は変わります。「どうやって断ろう?」と、悩む人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、告白の断り方のポイントやトラブルに発展しないための注意点をご紹介します。

伝わり方が変わる!告白の上手な断り方5つのポイント

トラブルに発展しないためには?(写真:iStock)
トラブルに発展しないためには? (写真:iStock)

 告白を断ると決めていても、実際その場になるとどうやって伝えたら良いのかわからなくなってしまう人は多いはず。しかし、相手も勇気を出して告白してくれたわけですから、付き合う気がないのであれば、誠意をもって対応することが必要でしょう。

 そこでまずは、告白を断る時のポイントやマナーのある対応についてご紹介します。

1. 断る前に感謝の気持ちを伝える

「好きです、付き合ってください」など、興味のない男性から告白されると戸惑ってしまう女性は多いでしょう。「どうしたら良いのだろう?」と焦ってしまい、心無い対応をしてしまう人もいます。

 しかし、気のない男性であったとしても、好意を伝えてくれたことに対してはちゃんと応える必要があります。まずは、「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えましょう。

2. 電話やメールではなく直接伝える

 告白を断るのは、誰だって気まずいものです。「なんて断ろう?」と考えれば考えるほど憂鬱になり、「電話やメールで済まそう」と思う人もいるでしょう。

 でも、告白のお断りは、基本直接伝えることがマナー。特に、直接告白されたのであれば、ちゃんと顔を見てお返事をするのが礼儀です。顔を見て伝えることで、あなたの誠意も伝わりやすくなりますよ。

3. 曖昧な返事はしない

 興味がない男性からとはいえ、告白をされたら「傷つけたくない」「気まずくなりたくない」と思う人も多いでしょう。

 しかし、彼の気持ちに応えられないにも関わらず、曖昧な返事をしてしまえば、逆に期待を持たせて傷つけることになります。付き合えないのであれば、きっぱりと「ごめんなさい」と伝えることが相手のためです。

4. 冗談として流さない

 男性だって、好きな女性に告白するというのはとても勇気がいることです。フラれることを覚悟の上で、挑んでいる男性もいるでしょう。

 告白は、誰にとっても大切な真剣勝負。そのため、断る場合でも相手の真剣さをちゃんと受け止めなければいけません。照れ隠しでも冗談として流すようなことをすれば、フラれるよりも彼を傷つけることになるでしょう。

5. 正直な理由を言う必要はない

 告白を断る際には、それぞれ理由があるはずです。その中には、「タイプではない」という理由の人もいるでしょう。

 相手の真剣な告白を受けて「私もちゃんと向き合わなければ」と思い、正直な理由を伝えようと思う人もいるかもしれませんが、全て正直に伝えることが良いとは限りません。たとえば「好みの顔じゃない」など、外見が理由で断られたとなれば、彼を必要以上に傷つけることになるでしょう。

告白を断った後にトラブルに発展しないための注意点

寝かせておいてもいいことなし(写真:iStock)
寝かせておいてもいいことなし (写真:iStock)

 恋愛にはトラブルがつきもの。中には、告白を断ったことから大きなトラブルに発展してしまうケースもあります。場合によっては、周りの人を巻き込んでしまうこともあるでしょう。そうならないためにはどうすれば良いのか、注意点についてもチェックしていきましょう。

1. 振った後、ほかの人に言わない

 告白されること自体は、たとえ好きな人からではなくても嬉しいものです。「私って、実はモテるのでは?」なんて自信を持つ人もいるでしょう。「実は、〇〇くんに告白されたんだ」なんて、ついつい周りに話したくなる人も多いのではないでしょうか?

 しかし、真剣にあなたに告白をしてきた相手のことを考えれば、それをベラベラ周りの人に話すのはルール違反。周りに知られて恥ずかしい思いをしたことで、愛情が憎しみに変わってしまう恐れもあります。

2. 気まずいからといって無視しない

 告白を断った後、「彼と会うのが気まずい」と感じてしまう人もいるでしょう。同じ学校や職場、共通の友達がいる場合には、「どう接したら良いのか分からない」という理由から、無視したり、避けてしまう人もいます。

 しかし、こういった対応は余計に彼を傷つけることになります。相手によっては、「俺のことをバカにしているのか?」と、敵対心を抱かせてしまうこともあるため、注意が必要です。

3. 返事を先延ばしにしない

 告白を断ることは、告白する以上に気を使うものかもしれません。伝え方によっては相手を傷つけることもありますから、「どう断れば良いのだろう?」と悩む人も多いでしょう。

 でも、だからといって返事を先延ばしにするのはNG。返事を待つ時間は、非常に辛いものです。先延ばしすることで、「もしかして、OKなのかも」と期待させてしまう恐れもありますし、「真剣に考えてくれていないのでは?」と、不安にさせてしまう可能性もあります。

告白の断り方には注意して! 大人のマナーで応えよう!

誠意ある大人の対応を!(写真:iStock)
誠意ある大人の対応を! (写真:iStock)

 好きでもない男性から告白されると、少なからず嬉しい反面、戸惑ってしまう人は多いでしょう。中には、「こんな人から告白されるなんて迷惑」と思う人もいるかもしれませんね。

 しかし、相手はあなたに思いを寄せて真剣に気持ちを伝えてきているのですから、誠意をもって対応するのが大人のマナー。告白されて断ろうと思った時には、ぜひご紹介した断り方を参考に、相手の気持ちになって対応してくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ