男性に告白された!上手な断り方5つ&トラブルを防ぐ注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-01 06:00
投稿日:2020-09-01 06:00
 本来、告白されるというのは嬉しいこと。女性として、男性に好意を持たれるというのは幸せですよね。しかし、興味のない男性からの告白となれば話は変わります。「どうやって断ろう?」と、悩む人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、告白の断り方のポイントやトラブルに発展しないための注意点をご紹介します。

伝わり方が変わる!告白の上手な断り方5つのポイント

トラブルに発展しないためには?(写真:iStock)
トラブルに発展しないためには? (写真:iStock)

 告白を断ると決めていても、実際その場になるとどうやって伝えたら良いのかわからなくなってしまう人は多いはず。しかし、相手も勇気を出して告白してくれたわけですから、付き合う気がないのであれば、誠意をもって対応することが必要でしょう。

 そこでまずは、告白を断る時のポイントやマナーのある対応についてご紹介します。

1. 断る前に感謝の気持ちを伝える

「好きです、付き合ってください」など、興味のない男性から告白されると戸惑ってしまう女性は多いでしょう。「どうしたら良いのだろう?」と焦ってしまい、心無い対応をしてしまう人もいます。

 しかし、気のない男性であったとしても、好意を伝えてくれたことに対してはちゃんと応える必要があります。まずは、「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えましょう。

2. 電話やメールではなく直接伝える

 告白を断るのは、誰だって気まずいものです。「なんて断ろう?」と考えれば考えるほど憂鬱になり、「電話やメールで済まそう」と思う人もいるでしょう。

 でも、告白のお断りは、基本直接伝えることがマナー。特に、直接告白されたのであれば、ちゃんと顔を見てお返事をするのが礼儀です。顔を見て伝えることで、あなたの誠意も伝わりやすくなりますよ。

3. 曖昧な返事はしない

 興味がない男性からとはいえ、告白をされたら「傷つけたくない」「気まずくなりたくない」と思う人も多いでしょう。

 しかし、彼の気持ちに応えられないにも関わらず、曖昧な返事をしてしまえば、逆に期待を持たせて傷つけることになります。付き合えないのであれば、きっぱりと「ごめんなさい」と伝えることが相手のためです。

4. 冗談として流さない

 男性だって、好きな女性に告白するというのはとても勇気がいることです。フラれることを覚悟の上で、挑んでいる男性もいるでしょう。

 告白は、誰にとっても大切な真剣勝負。そのため、断る場合でも相手の真剣さをちゃんと受け止めなければいけません。照れ隠しでも冗談として流すようなことをすれば、フラれるよりも彼を傷つけることになるでしょう。

5. 正直な理由を言う必要はない

 告白を断る際には、それぞれ理由があるはずです。その中には、「タイプではない」という理由の人もいるでしょう。

 相手の真剣な告白を受けて「私もちゃんと向き合わなければ」と思い、正直な理由を伝えようと思う人もいるかもしれませんが、全て正直に伝えることが良いとは限りません。たとえば「好みの顔じゃない」など、外見が理由で断られたとなれば、彼を必要以上に傷つけることになるでしょう。

告白を断った後にトラブルに発展しないための注意点

寝かせておいてもいいことなし(写真:iStock)
寝かせておいてもいいことなし (写真:iStock)

 恋愛にはトラブルがつきもの。中には、告白を断ったことから大きなトラブルに発展してしまうケースもあります。場合によっては、周りの人を巻き込んでしまうこともあるでしょう。そうならないためにはどうすれば良いのか、注意点についてもチェックしていきましょう。

1. 振った後、ほかの人に言わない

 告白されること自体は、たとえ好きな人からではなくても嬉しいものです。「私って、実はモテるのでは?」なんて自信を持つ人もいるでしょう。「実は、〇〇くんに告白されたんだ」なんて、ついつい周りに話したくなる人も多いのではないでしょうか?

 しかし、真剣にあなたに告白をしてきた相手のことを考えれば、それをベラベラ周りの人に話すのはルール違反。周りに知られて恥ずかしい思いをしたことで、愛情が憎しみに変わってしまう恐れもあります。

2. 気まずいからといって無視しない

 告白を断った後、「彼と会うのが気まずい」と感じてしまう人もいるでしょう。同じ学校や職場、共通の友達がいる場合には、「どう接したら良いのか分からない」という理由から、無視したり、避けてしまう人もいます。

 しかし、こういった対応は余計に彼を傷つけることになります。相手によっては、「俺のことをバカにしているのか?」と、敵対心を抱かせてしまうこともあるため、注意が必要です。

3. 返事を先延ばしにしない

 告白を断ることは、告白する以上に気を使うものかもしれません。伝え方によっては相手を傷つけることもありますから、「どう断れば良いのだろう?」と悩む人も多いでしょう。

 でも、だからといって返事を先延ばしにするのはNG。返事を待つ時間は、非常に辛いものです。先延ばしすることで、「もしかして、OKなのかも」と期待させてしまう恐れもありますし、「真剣に考えてくれていないのでは?」と、不安にさせてしまう可能性もあります。

告白の断り方には注意して! 大人のマナーで応えよう!

誠意ある大人の対応を!(写真:iStock)
誠意ある大人の対応を! (写真:iStock)

 好きでもない男性から告白されると、少なからず嬉しい反面、戸惑ってしまう人は多いでしょう。中には、「こんな人から告白されるなんて迷惑」と思う人もいるかもしれませんね。

 しかし、相手はあなたに思いを寄せて真剣に気持ちを伝えてきているのですから、誠意をもって対応するのが大人のマナー。告白されて断ろうと思った時には、ぜひご紹介した断り方を参考に、相手の気持ちになって対応してくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ