モテるのになぜ? いつも彼氏にフラれて破局する女の特徴4つ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-08-25 06:00
投稿日:2020-08-25 06:00
 綺麗でモテるタイプで常に男は途切れないのに、なぜか付き合うと彼からフラれて終わるという女性、いますよね。女友達からはいつも「なぜ?」と不思議がられていることでしょう。
 しかし、彼氏からことごとくフラれる理由には、確固たるワケがあるのです。これは実際に付き合った当の本人(彼氏)たちにしか分からないこと。今回はその理由に迫ります。

男が「この女とはもう無理だ」と思う瞬間

またフラれちゃった…(写真:iStock)
またフラれちゃった… (写真:iStock)

 男性たちは、彼女がどんな行動をした時に「別れたい」と思うのでしょうか? 彼らがそう決意した時の本音を集めました。

1. 監視の目がキツい

 付き合った途端、「今誰といるの?」「また今日も飲み会? 帰ったら電話して」などと、彼女からの監視や束縛が厳しいと男性は窮屈に思うようです。耐えられるのもせいぜい最初の1〜2カ月。

 さらには「タバコをやめて」とか「深夜のラーメン禁止」など、それがたとえ彼のことを思っての発言だったとしても、男性は生活に規制をかけられると逃げたくなるとのこと。

 どんなに可愛い彼女ができたとしても、それと同時に自由が奪われてしまうのはツラいということですね!

2. 女として終わっている

 出会った時や2人でデートした日には身なりをキレイにしていたのに、いざ付き合って彼女の家に行ってみたら“汚部屋だった”。そしてよくよくバッグの中を覗いてみたらグチャグチャだったとか、一緒にお泊まりしたらパンツは脱ぎ捨ててるわ、オナラもするわで、一気に彼女のことを「女として見られなくなってしまった」という残念なパターンです。

 気合いを入れるのは最初だけではなく、交際後も女性として気を抜いてはいけないということですね!

デキる女はかっこいいけど…(写真:iStock)
デキる女はかっこいいけど… (写真:iStock)

3. 感情の起伏が激しい

 楽しい時にはキャッキャと笑って明るいけれど、彼がほかの女性と接すると激しくヤキモチを焼いたり、怒った時にはヒステリックになって泣き出すなど、感情の起伏が激しい女性に、男性は恐怖を覚えるようです。

 また、LINEの返事が遅いと立て続けにメッセージを送りつけたり、電話をかけてくるような行動もドン引きされますね。

 もし結婚したら、言うまでもなく「感情が安定している妻が待つ家」の方が帰りたくなるに決まってます! くれぐれも「メンヘラ」とは言われないように……。

4. 一人で生きていけそうな女

 仕事もバリバリしていて、精神的にもしっかりと自立している女性は素敵です。きっと男性からもモテるでしょう。

 しかしながら、実際に付き合ってみても“少しも甘えてこない”とか“全く隙がない”という完璧すぎる女性だと、だんだん彼も「自分って本当に必要なのかな?」と不安になるようです。

 男性がカッコイイ女性に求めているのは「ギャップ」です。

 会えない日が続いたら寂しがったり、実はおっちょこちょいな面があると、男性はグッとくるんですよね。

 完璧な彼女に対して男性は、 “一人で生きていけそうな女だから、自分と付き合わなくても(結婚しなくても)大丈夫だな”と思ってしまうので、ぜひとも気張らずに甘えていくことをオススメします。

まとめ

居心地のいい関係をめざそう(写真:iStock)
居心地のいい関係をめざそう (写真:iStock)

 いかがでしたか。

 同性からは分からなかった「綺麗でモテるはずのあの子が、いつも彼にフラれる理由」はこんな内容でした。これは、実際に付き合った当人にしか分からない側面かもしれません。

 この4つに当てはまるという女性は、「一緒にいると居心地のいい彼女」をぜひ目指していただきたいと思います。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ