平手友梨奈 森山直太朗とのコラボで「朝ドラヒロイン」も!

こじらぶ ライター
更新日:2020-08-29 08:38
投稿日:2020-08-29 06:00

2020FNS歌謡祭夏の平手はワンピ姿で登場

久しぶりの音楽番組生放送で渾身のパフォーマンスを見せた平手。そのダンスにトップダンサーも太鼓判。さらに音楽活動なのになぜかそこから朝ドラヒロインが見えた!/(C)日刊ゲンダイ
久しぶりの音楽番組生放送で渾身のパフォーマンスを見せた平手。そのダンスにトップダンサーも太鼓判。さらに音楽活動なのになぜかそこから朝ドラヒロインが見えた! /(C)日刊ゲンダイ

 今月26日に放送された「2020FNS歌謡祭夏」(フジテレビ系)にて、元欅坂46の平手友梨奈(19)が森山直太朗(44)の「生きてることが辛いなら」に合わせ、ダンスでコラボレーションした。

 同曲は<生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい>という歌詞から始まり、2008年発表当初、自殺を助長するなどとして批判もあった楽曲だ。

 しかし、歌詞を通して見れば<嫌になるまで生きるがいい>、<くたばる喜びとっておけ>と、むしろ「生き抜いて欲しい」というメッセージソングになっていることが分かる。

 今回のコラボレーションでは歌い出しで平手のアップからはじまり、同じシルクで無地のワンピースの衣装をまとった少女と2人のダンスでその楽曲の世界観を劇風に描いたものになっていた。

プロダンサーかと思うレベル。上手い!!

ダンスのシンクロ率がハンパないと話題になったキッズダンサーみおしめじ(左)と平手(右)/みおしめじ公式Twitter(2020年8月26日付)より
ダンスのシンクロ率がハンパないと話題になったキッズダンサーみおしめじ(左)と平手(右) /みおしめじ公式Twitter(2020年8月26日付)より

 今回のダンスの技術面については、以前の記事(平手友梨奈のダンスは何が凄い?トップダンサーに聞いてみた)でも平手を分析、評価してくれたトップダンサー兼振付師(ブリトニー・スピアーズのワールドツアーバックダンサーや嵐などの振り付けを歴任)に感想を尋ねたところ、「普通にプロダンサーかと思うレベル。メリハリのある振りなので躍りやすいとは思うがそれでも凄い。表現力ももちろんだが、技術がある。上手い!!」と太鼓判を押していた。

 表現という意味では、平手はいままでに無かった様々な一面を見せた。生きることに絶望した表情で、自身の娘のような、あるいは自身の幼少期のような少女をおんぶする姿。

 その疲れ切った表情は戦時中の食糧難に苦しみながら我が子をおんぶしている母親かのようだった。物が溢れた現代においても精神的に生か死かをさまよっている象徴にも見えた。

 さらには少女を抱きしめようと笑顔で駆け寄るも、すんでのところでその少女の影が無くなり悲嘆する表情。少女と強く抱きしめ合い背中に手を添え、命がそこにあることを痛切に安堵したり願うような姿。

 クライマックスでは<くたばる喜びとっておけ>という歌詞を目をつむって力の限り口ずさんで生きることにしがみつく様を体現。アウトロ(終奏)に向けては少女と穏やかに微笑み合い、明日を見つめるような視線で楽曲が提示する「生きることへの希望」を表現していた。

 19歳の平手が少女に対して見せた母親のような表情。今回のパフォーマンスにおいては、欅坂46時代に彼女が囚われ続けた楽曲の主人公“僕”がいい意味で姿を消したことが確信できた。

「FNS歌謡祭」遍歴 JK役から大人の女性へ

 欅坂46時代に「2017FNS歌謡祭」で平井堅とコラボレーションした「ノンフィクション」のパフォーマンスでは、親友の自死を嘆き「あなたに会いたい」と悲痛な想いを絶叫する女子高生役を演じていた。

 当時弱冠16歳だった平手。制服を着て紙切れを頭上にまき散らし、からっぽになった学生カバンを頭に突っ込む。設定は“女子高生”なのだが、激しい衝動や叫びからは欅坂46の楽曲の主人公“僕”と同じ類いのエネルギーの放出を感じさせた。

 今回の平手は同じく生きることへの絶望を表現しながらも、どこまでも女性的だった。予想外に登場した少女の存在で、母親のような母性を醸し出し、まだ幼い命を力強く抱きしめた。そこに欅坂46の“僕”のような男性性は見られなかった。

 今年1月に欅坂46を脱退して以降、ソロになって2本の映画の撮影を経験した。平手友梨奈として楽曲の“僕”になるのではなく、物語の“ヒロイン”、“少女”という役に入り込んでその人物の喜怒哀楽を表現する時間が多く持たれたことだろう。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


五輪会場“酒類提供”めぐり芸能界に起こっていた怒りの連鎖
 東京五輪で、組織委が会場での「酒類販売」を検討していることに関しては、芸能界からも非難ごうごうだった。 「羽鳥慎一モ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
小川彩佳“理想のリコカツ”進行中 ×付き同性の共感もアップ
「ニュース23」(TBS系)キャスターの小川彩佳(36)が、医療ベンチャー、メドレー取締役で、夫の豊田剛一郎氏(37)と...
2021-06-24 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?
 さすが、阿部寛(57)主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系日曜夜9時)が、27日の最終回に向けてどんどん盛り上がっ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
“業火”に焼かれるべきは誰なのか ついに地獄の扉が開いた!
【ラサール石井 東憤西笑】#61  地獄の扉が開かれた。  東京五輪開催が既成事実となったのだ。今や中止などと主張す...
2021-06-24 17:03 エンタメ
麒麟・田村裕の“テンパり具合”が「コント55号」に重なる
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】  麒麟の巻(2)  ◇  ◇  ◇    前回、麒麟の“聞く耳”を持つ柔軟性につ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
天海祐希の人品骨柄を桃井かおり大絶賛 初共演でトリコに
 女優の桃井かおり(70)が、7月8日スタートの天海祐希(53)主演のテレビ朝日系木曜ドラマ「緊急取調室」の初回ゲストと...
2021-06-24 17:03 エンタメ
劇団俳優座「インク」 大衆の欲望と新聞の倫理の相克を鮮烈に活写
【演劇えんま帳】  1969年のロンドン・フリート街(新聞街)を舞台に、発行部数をめぐる新聞社間の熾烈な闘いを描いたも...
2021-06-24 17:03 エンタメ
熊田曜子、小倉優子、木下優樹菜…グラドル界の“レジェンド”3人が抱える難題
【芸能界クロスロード】 「グラビアアイドル」が定着したのは1980年代、野田義治氏が立ち上げた「イエローキャブ」の巨乳...
2021-06-24 17:03 エンタメ
映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”
 忖度しない映画プロデューサー、河村光庸氏が国にケンカを売った裁判で全面勝訴し、話題になっている。映画「宮本から君へ」の...
2021-06-24 17:03 エンタメ
さんまがマツコに激推し!息子が勤務するITベンチャーの将来性
 20日に放送された「週刊さんまとマツコ」(TBS系)で、明石家さんま(65)がマツコ・デラックス(48)とのやり取りの...
2021-06-24 17:03 エンタメ
椎名桔平&山寺宏一 50代2人の熱愛が比較されてしまうナゼ
「何とも言えないタイミングでの、熱愛発覚となってしまいましたよね」と苦笑いするのは、スポーツ紙芸能担当デスク。俳優の椎名...
2021-06-23 17:03 エンタメ
岡田健史ここまで覚悟!事務所独立問題は“改名騒動”に発展
 俳優・岡田健史(22)の事務所独立騒動が泥沼化するなか、岡田が新たなアクションを起こしていることがわかった。  岡田...
2021-06-23 17:03 エンタメ
堀ちえみさんを159回中傷 きっかけはスチュワーデス物語?
「私はドジでのろまな亀です」「教官!」「やるっきゃない」――。数々の名ゼリフが飛び出し、平均視聴率は約20%、最高視聴率...
2021-06-23 17:03 エンタメ
Koki,を襲う…本当にあった「撮影現場ホラーエピソード」
 木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が、映画初出演&初主演でスクリーンデビューする。K...
2021-06-23 17:03 エンタメ
「シェフは名探偵」新鮮な“ヒューマン・グルメミステリー”
【テレビ 見るべきものは!!】  西島秀俊主演「シェフは名探偵」(テレビ東京系)が始まった。料理する西島といえば、「き...
2021-06-23 17:03 エンタメ
駒沢公園で山口洋子の車椅子を押す野口修…晩年の老老介護
【芸能界と格闘技界 その深淵】#15  拙著「沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)の著...
2021-06-23 17:03 エンタメ