平手友梨奈「ザ・ファブル」新ヒロインが超絶プラスな理由!

こじらぶ ライター
更新日:2020-08-22 06:00
投稿日:2020-08-22 06:00

通算3作目の映画出演 訳ありヒロインで輝く

大ヒット作「ザ・ファブル」続編の新ヒロインに決まった平手。共演の岡田准一、木村文乃らから学べることとは…/(C)日刊ゲンダイ
大ヒット作「ザ・ファブル」続編の新ヒロインに決まった平手。共演の岡田准一、木村文乃らから学べることとは… /(C)日刊ゲンダイ

 平手友梨奈(19)がV6岡田准一(39)主演の映画「ザ・ファブル 第二章(仮題)」(来年公開予定、以下「今作」)に新キャストとして出演することが発表された。

 平手の映画出演は欅坂46時代に初出演にして初主演で日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞した「響-Hibiki-」、今年10月公開予定の「さんかく窓の外側は夜」に続き通算3作目になる。

 今作では陰がありミステリアスで、訳ありなヒロイン・佐羽ヒナコを演じる。彼女と岡田演じる休業中の殺し屋・通称アキラとの出会いから大騒動が巻き起こるという重要な役どころだ。物語の鍵を握っているヒロインという点では「さんかく窓の外側は夜」のヒウラエリカ役同様だ。

 また彼女が出演を決めた理由は「原作を読んだり、台本を読んでいくなかでヒナコというキャラクターを丁寧に届けたいと思った」(「ザ・ファブル 第二章」公式サイトより)と、番手に関わらずその役に共感できるかどうかで出演を決めている点は、映画デビューから一貫している。

原作者から“僕の第一希望”と熱望された理由

豪華すぎる顔ぶれの中でうっかり“センター”ポジションにいると話題の平手(中段中央)。もう個性派女優の顔つき。眼力が凄い/「ザ・ファブル 第二章」公式サイトより
豪華すぎる顔ぶれの中でうっかり“センター”ポジションにいると話題の平手(中段中央)。もう個性派女優の顔つき。眼力が凄い /「ザ・ファブル 第二章」公式サイトより

 原作者・柳本光晴氏が「響役は平手友梨奈しかいない」と起用を熱望され実現した「響-Hibiki-」。監督・森ガキ侑大氏が「平手さんしか考えられなかった」と語った「さんかく窓の外側は夜」のヒウラエリカ。今作でもヒナコ役について原作者・南勝久氏は平手を「僕の第一希望でありました」としている。

 それは平手が欅坂46の絶対的エースだった大人気者であるからとか、話題性に富むからとかそんな理由ではないだろう。

 筆者は以前の記事(平手友梨奈誕生祭伝説4年間の変遷からソロ1年目を猛烈予想)で、「“平手の大衆イメージ”はクールでダークで負のオーラをまといミステリアスだが『静』でもあり『動』でもある。登場するだけでインパクトがあり、同世代の女優陣の誰とも被らず、映画など物語に1人は必要になってくる重要な役どころを担う人物像にピッタリ当てはまる」と記した。

 3作通じて平手はそうした役どころへ制作陣に指名されその期待に応えてきた。今作の江口カン監督も平手の演技について「魂を揺さぶる熱演」と評価している。

欅坂46時代の“村内ドラマ”から始まり…

 女優として着実にステップアップしている平手。欅坂46時代に主演を務めた2本のドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか」(テレビ東京系)、「残酷な観客達」(日本テレビ系)はいずれも欅坂46メンバー総出のいわば“村内ドラマ”だった。

 映画1作目「響-Hibiki-」や2作目「さんかく窓の外側は夜」の現場では最初は目も合わせられないほどで、すぐなじめなかった人見知りの平手だが、監督ら周りの助力もあり共演者、スタッフと打ち解けていった。

 特にシーンを多く共にした共演者、1作目では北川景子(34)、そして2作目では岡田将生(31)と志尊淳(25)が、それぞれ姉妹、兄妹のような関係にまでなったことをインタビューや映画公式Twitter上で明かしている。

エンタメ 新着一覧


元フジ大島由香里が衝撃SEXY! 初の写真集が発売2日で重版
 元フジテレビのアナウンサー大島由香里(37)の初グラビア写真集「モノローグ」(講談社)が、22日の発売後2日で重版が決...
2021-02-27 17:03 エンタメ
貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か
 花田優一氏(25)が突然、「週刊女性」(2月16日号)で、父親である元横綱・貴乃花の花田光司氏(48)からモラハラや暴...
2021-02-27 17:03 エンタメ
ゆりやんは38キロ減“コロナ痩せ”でお笑い界も健康志向に
 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(30)が体重38キロ減で話題になっている。ステイホーム期間中にパーソナルトレーナーの...
2021-02-27 17:03 エンタメ
二つ目に昇進した年にNHK新人演芸大賞受賞するも戸惑いが
【桂宮治 大いに語る】#4  2008年2月、31歳にして桂伸治に入門し、宮治という芸名で前座修業が始まる。 「30...
2021-02-27 17:03 エンタメ
記者にとって「雑談」は最重要…90年代の珍企画とその顛末
【芸能記者稼業 血風録】#132  コロナ禍の長い自粛生活で気が付いたことがある。人間には「雑談」が必要だ。仕事はリモ...
2021-02-27 17:03 エンタメ
渡部建は豊洲バイトより今こそ愚直に話術を学んでほしい
【芸能界ぶっちゃけトーク】  昨年6月から活動自粛が続き、年末の芸能活動復帰の狙いもうまくいかなかった渡部建(48)が...
2021-02-27 17:03 エンタメ
小室哲哉がKEIKOと離婚成立 不倫報道で払う慰謝料はいくら
 元音楽プロデューサーの小室哲哉(62)とglobeのKEIKO(48)の離婚問題にようやく決着がついた。2月26日に離...
2021-02-27 17:03 エンタメ
退所続出もSnow Man SixTONESら若手ジャニーズ爆売れの訳
 近年、あのジャニーズ帝国から退所者が続出し、事務所の行く末を心配する声があがっています。SMAP解散以降、木村拓哉さん...
こじらぶ 2021-02-27 06:00 エンタメ
高橋英樹が引退説完全否定!生涯現役宣言を裏付ける強みとその源は?
 俳優の高橋英樹(77)とフリーアナウンサーの高橋真麻(39)親子が24日、都内で行われたドン・キホーテ「情熱価格」リニ...
2021-02-26 17:03 エンタメ
DHC会長の差別発言で不買運動に発展 実は“夜の街”でも有名
 DHCグループの創業者である吉田嘉明会長が、人種差別的ヘイト発言や、社員の不当解雇疑惑などで炎上、不買運動が起きるなど...
2021-02-26 17:03 エンタメ
結婚披露宴で「会社、辞めます」と宣言して落語家の道に
【桂宮治 大いに語る】#3  宮治は1976年10月、品川区武蔵小山で生まれ育った。本名、宮利之。生家は武蔵小山駅近く...
2021-02-26 17:03 エンタメ
香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声
 元SMAPの香取慎吾(44)が俳優として、タレントとして正念場を迎えている。  現在、主演を務めるドラマ「アノニマス...
2021-02-26 17:33 エンタメ
踏んだり蹴ったり! 沖縄脱出の修学旅行なのに当日大寝坊
【スリムクラブ「僕らでもナンクルなりました」】#45  皆さんどうも、真栄田です。思春期の頃って、繊細で本当にちょっと...
2021-02-26 17:03 エンタメ
玉川発言が番組目玉 煽る報道は昔からメディアの常套手段
【芸能記者稼業 血風録】#131  新型コロナウイルス報道も1年が経つ。各番組、さまざまな角度からの報道が続くなか、常...
2021-02-26 17:03 エンタメ
<27>子どもの頃、遊び場は「投げ込み寺」遊女の墓場だった
【天才アラーキー傘寿を語る】#27  これは、三ノ輪(台東区)の実家の近くの浄閑寺で撮った写真なんだ。彼岸花だけどね。...
2021-02-26 17:03 エンタメ
「痛くない死に方」評判上々 宇崎と下元と高橋監督の結束
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  在宅医療の実情を描く「痛くない死に方」の評判がいい。在宅医療のスペシャリストで...
2021-02-26 17:03 エンタメ