モテる男女から学べ!気になる相手を射止めるLINEの返し方♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-09 06:00
投稿日:2020-09-09 06:00
 容姿に関わらず、「モテる人」というのは確実に存在します。そこまで可愛くないのにモテる女子、かっこいいのにモテない男子……。その違いを知りたい人は多いはず! そこで今回は、モテる男女に学ぶLINEの返し方をレクチャー♡
 まず最初は、モテ女子のLINEモテテクを学んでいきましょう。恋する乙女は時に暴走しがち。でも、モテ女子はしっかり押してアピールしつつも、うざくないモテテクを使うのがとても上手なんです。

モテる女子はLINEも駆け引き上手♡ モテテク3つ

モテる女子のLINE1:アイコンで自然にアピール

 アイコンは、いわばお店の看板みたいなもの。せっかく出会いで良い印象を与えても、バリバリに盛った自撮りがアイコンだったら、なんとなく男性は引いてしまうんです……。

 その点、モテ女子はアイコンで自然に自分をアピールするのが上手。たとえば、料理をしている自然な笑顔の写真を載せることで、「料理するんだ」「家庭的だな」という印象を与えることができます。

モテる女子のLINE2:同じスタンプを使う

 モテ女子は、男子に「ノリが同じだな」「自分に合わせてくれるから、なんか話しやすい!」と自然に思わせるために、同じスタンプを返すという技を使っています。

 同じ悩みや同じ趣味、同じような性格など、自分と似た部分に人は惹かれます。同じスタンプをほどよいテンポで返すことで、一気に距離を縮める効果が期待できるでしょう。

モテる女子のLINE3:誘い方は相手を名指しして

 勇気を出して相手をデートに誘う時、遠回しすぎてもストレートすぎても相手に引かれてしまう可能性があります。そこで、名前を名指しして「一緒に行きたいところがある」と伝えることで「自分は特別なのかな」と、相手をドキッとさせることができます。

 さらに、「もしよかったら」と謙虚さを付け加えることで、より成功率もアップしますよ♡

モテる男子がやっている! 心理戦を駆使したLINEの返し方3つ

 闇雲に褒めたり、しつこく連絡をしても、難しい女心を掴むことはできません。モテる男子に共通するのは、女子の気持ちを先読みする能力が高いこと。続いては、モテる男子がやっているLINEの返し方をチェックしてみましょう。

モテる男子のLINE1:返信は早すぎず2時間以内に

 モテない男子ほど駆け引きをしようとしてわざとじらして待たせたり、逆に舞い上がってすぐに返信を続けたりしがち。でも、遅すぎる返信は脈なしと思われますし、早すぎる返信はうざがられるのがオチです。

 一方、「女子がどんな気持ちになるのか」を考えるのが、モテ男子のやり方。間髪入れずに返信するわけでもなく、長時間返事を待たせるわけでもなく、10分前後から長くて2時間以内には返事をするのがポイントのようです。

モテる男子のLINE2:親しみやすくしつつ長文は避ける

 LINEで長文が送られてくると、返信に困ることってありませんか? モテ男子は、女子が返信をしやすいように、比較的短文の返信をすることが多いです。

 ただ、短くてそっけない返信は相手を不安がらせてしまう可能性があるので、親しみや優しさのスパイスも忘れません。

モテる男子のLINE3:相手に合わせて共感しながら相槌

 女子って、相談をしたときに答えを求めているのではなく、気持ちに共感して欲しい生き物なんです。モテない男子ほど悩みに対する回答を必死で出そうとしますが、実は逆効果。

 モテ男子は、相手の気持ちを肯定しながら、まず共感! そして、そっと自分の意見を控えめに伝えるのです。

モテる男女のモテテクを真似して恋をゲットしよう♡

 モテるかどうかは、普段の行動や言動が大きく影響しています。モテる男女は、どちらも相手の気持ちに寄り添って、心を掴むのが上手。

 恋愛だけでなく、人に対して「相手の気持ちになって考える」ことは、とても大切なこと。ぜひ今日から、相手の気持ちに寄り添えるモテる男女を見習って、素敵な恋をゲットしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ