モテる男女から学べ!気になる相手を射止めるLINEの返し方♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-09 06:00
投稿日:2020-09-09 06:00
 容姿に関わらず、「モテる人」というのは確実に存在します。そこまで可愛くないのにモテる女子、かっこいいのにモテない男子……。その違いを知りたい人は多いはず! そこで今回は、モテる男女に学ぶLINEの返し方をレクチャー♡
 まず最初は、モテ女子のLINEモテテクを学んでいきましょう。恋する乙女は時に暴走しがち。でも、モテ女子はしっかり押してアピールしつつも、うざくないモテテクを使うのがとても上手なんです。

モテる女子はLINEも駆け引き上手♡ モテテク3つ

モテる女子のLINE1:アイコンで自然にアピール

 アイコンは、いわばお店の看板みたいなもの。せっかく出会いで良い印象を与えても、バリバリに盛った自撮りがアイコンだったら、なんとなく男性は引いてしまうんです……。

 その点、モテ女子はアイコンで自然に自分をアピールするのが上手。たとえば、料理をしている自然な笑顔の写真を載せることで、「料理するんだ」「家庭的だな」という印象を与えることができます。

モテる女子のLINE2:同じスタンプを使う

 モテ女子は、男子に「ノリが同じだな」「自分に合わせてくれるから、なんか話しやすい!」と自然に思わせるために、同じスタンプを返すという技を使っています。

 同じ悩みや同じ趣味、同じような性格など、自分と似た部分に人は惹かれます。同じスタンプをほどよいテンポで返すことで、一気に距離を縮める効果が期待できるでしょう。

モテる女子のLINE3:誘い方は相手を名指しして

 勇気を出して相手をデートに誘う時、遠回しすぎてもストレートすぎても相手に引かれてしまう可能性があります。そこで、名前を名指しして「一緒に行きたいところがある」と伝えることで「自分は特別なのかな」と、相手をドキッとさせることができます。

 さらに、「もしよかったら」と謙虚さを付け加えることで、より成功率もアップしますよ♡

モテる男子がやっている! 心理戦を駆使したLINEの返し方3つ

 闇雲に褒めたり、しつこく連絡をしても、難しい女心を掴むことはできません。モテる男子に共通するのは、女子の気持ちを先読みする能力が高いこと。続いては、モテる男子がやっているLINEの返し方をチェックしてみましょう。

モテる男子のLINE1:返信は早すぎず2時間以内に

 モテない男子ほど駆け引きをしようとしてわざとじらして待たせたり、逆に舞い上がってすぐに返信を続けたりしがち。でも、遅すぎる返信は脈なしと思われますし、早すぎる返信はうざがられるのがオチです。

 一方、「女子がどんな気持ちになるのか」を考えるのが、モテ男子のやり方。間髪入れずに返信するわけでもなく、長時間返事を待たせるわけでもなく、10分前後から長くて2時間以内には返事をするのがポイントのようです。

モテる男子のLINE2:親しみやすくしつつ長文は避ける

 LINEで長文が送られてくると、返信に困ることってありませんか? モテ男子は、女子が返信をしやすいように、比較的短文の返信をすることが多いです。

 ただ、短くてそっけない返信は相手を不安がらせてしまう可能性があるので、親しみや優しさのスパイスも忘れません。

モテる男子のLINE3:相手に合わせて共感しながら相槌

 女子って、相談をしたときに答えを求めているのではなく、気持ちに共感して欲しい生き物なんです。モテない男子ほど悩みに対する回答を必死で出そうとしますが、実は逆効果。

 モテ男子は、相手の気持ちを肯定しながら、まず共感! そして、そっと自分の意見を控えめに伝えるのです。

モテる男女のモテテクを真似して恋をゲットしよう♡

 モテるかどうかは、普段の行動や言動が大きく影響しています。モテる男女は、どちらも相手の気持ちに寄り添って、心を掴むのが上手。

 恋愛だけでなく、人に対して「相手の気持ちになって考える」ことは、とても大切なこと。ぜひ今日から、相手の気持ちに寄り添えるモテる男女を見習って、素敵な恋をゲットしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ