モテる男女から学べ!気になる相手を射止めるLINEの返し方♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-09 06:00
投稿日:2020-09-09 06:00
 容姿に関わらず、「モテる人」というのは確実に存在します。そこまで可愛くないのにモテる女子、かっこいいのにモテない男子……。その違いを知りたい人は多いはず! そこで今回は、モテる男女に学ぶLINEの返し方をレクチャー♡
 まず最初は、モテ女子のLINEモテテクを学んでいきましょう。恋する乙女は時に暴走しがち。でも、モテ女子はしっかり押してアピールしつつも、うざくないモテテクを使うのがとても上手なんです。

モテる女子はLINEも駆け引き上手♡ モテテク3つ

モテる女子のLINE1:アイコンで自然にアピール

 アイコンは、いわばお店の看板みたいなもの。せっかく出会いで良い印象を与えても、バリバリに盛った自撮りがアイコンだったら、なんとなく男性は引いてしまうんです……。

 その点、モテ女子はアイコンで自然に自分をアピールするのが上手。たとえば、料理をしている自然な笑顔の写真を載せることで、「料理するんだ」「家庭的だな」という印象を与えることができます。

モテる女子のLINE2:同じスタンプを使う

 モテ女子は、男子に「ノリが同じだな」「自分に合わせてくれるから、なんか話しやすい!」と自然に思わせるために、同じスタンプを返すという技を使っています。

 同じ悩みや同じ趣味、同じような性格など、自分と似た部分に人は惹かれます。同じスタンプをほどよいテンポで返すことで、一気に距離を縮める効果が期待できるでしょう。

モテる女子のLINE3:誘い方は相手を名指しして

 勇気を出して相手をデートに誘う時、遠回しすぎてもストレートすぎても相手に引かれてしまう可能性があります。そこで、名前を名指しして「一緒に行きたいところがある」と伝えることで「自分は特別なのかな」と、相手をドキッとさせることができます。

 さらに、「もしよかったら」と謙虚さを付け加えることで、より成功率もアップしますよ♡

モテる男子がやっている! 心理戦を駆使したLINEの返し方3つ

 闇雲に褒めたり、しつこく連絡をしても、難しい女心を掴むことはできません。モテる男子に共通するのは、女子の気持ちを先読みする能力が高いこと。続いては、モテる男子がやっているLINEの返し方をチェックしてみましょう。

モテる男子のLINE1:返信は早すぎず2時間以内に

 モテない男子ほど駆け引きをしようとしてわざとじらして待たせたり、逆に舞い上がってすぐに返信を続けたりしがち。でも、遅すぎる返信は脈なしと思われますし、早すぎる返信はうざがられるのがオチです。

 一方、「女子がどんな気持ちになるのか」を考えるのが、モテ男子のやり方。間髪入れずに返信するわけでもなく、長時間返事を待たせるわけでもなく、10分前後から長くて2時間以内には返事をするのがポイントのようです。

モテる男子のLINE2:親しみやすくしつつ長文は避ける

 LINEで長文が送られてくると、返信に困ることってありませんか? モテ男子は、女子が返信をしやすいように、比較的短文の返信をすることが多いです。

 ただ、短くてそっけない返信は相手を不安がらせてしまう可能性があるので、親しみや優しさのスパイスも忘れません。

モテる男子のLINE3:相手に合わせて共感しながら相槌

 女子って、相談をしたときに答えを求めているのではなく、気持ちに共感して欲しい生き物なんです。モテない男子ほど悩みに対する回答を必死で出そうとしますが、実は逆効果。

 モテ男子は、相手の気持ちを肯定しながら、まず共感! そして、そっと自分の意見を控えめに伝えるのです。

モテる男女のモテテクを真似して恋をゲットしよう♡

 モテるかどうかは、普段の行動や言動が大きく影響しています。モテる男女は、どちらも相手の気持ちに寄り添って、心を掴むのが上手。

 恋愛だけでなく、人に対して「相手の気持ちになって考える」ことは、とても大切なこと。ぜひ今日から、相手の気持ちに寄り添えるモテる男女を見習って、素敵な恋をゲットしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ