浮気常習夫たちがコロナ禍に相手を見つけている“意外な場所”

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-09-24 16:16
投稿日:2020-08-19 06:00
 コロナ禍においては、これまでとは違うライフスタイルが求められているため、男女間の出会いが激減している話も多く耳にします。しかし、不倫常習犯な夫の中には、こんな状況でもちゃっかりオンラインで浮気相手を見つけているツワモノも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、オンラインで不倫相手を物色する夫たちの意外な出会い方に迫ります。

どこで出会っているの?

ゲームに興じているように見えても(写真:iStock)
ゲームに興じているように見えても (写真:iStock)

1:スマホゲーム

「妻とはずっと不仲なので、僕は基本的にいつもガールフレンドが外にいます。だけどコロナ禍になってからは、これまでのように飲み会ができず出会いが激減しちゃって。それで最近は、スマホゲームで知り合った女の子と意気投合し、男女の仲になりました。

 デジタルな出会いって初体験ですが、ゲームで知り合っているから共通の話題もあるし、初対面でも会話が盛り上がったのが意外なメリットでしたね。しばらくは、ゲームを通じての出会いでガールフレンドを探します!」(43歳男性)

2:ライブ配信

「定期的に参加していた既婚者合コンがコロナ禍で開催不可に。暇だな〜と思っていたら、友人からライブ配信アプリを勧められて登録したんです。最初は出会い目当てじゃなかったんだけど、とある配信者と仲良くなりました。その子の家が俺の勤務先の近くだったので、出勤日に少し会ったら、めちゃくちゃいい感じで!

 その後、俺の出勤日ごとに頻繁に会い始め、今では不倫関係です。出会いって、いろんなところに転がっていますし、ライブ配信は会う前に相手の雰囲気をしっかりチェックできるので、タイプの女性と出会いやすいと思います」(45歳男性)

3:テレカン

「これまでオンライン会議なんてやったこともなかったんですが、取引先との打合せがZoomメインになったので、一念発起して使いこなしています。担当が変わる時の挨拶なんかもテレカン(テレカンファレンス=遠隔会議の意)なので、取引先と対面で会うことはなくなりましたね。

 それで最近、とある取引先の担当が変わったんですが……、その子が俺のめちゃくちゃタイプな女の子でした。画面越しでも、一目見たときから『いいなー』って思ったので、その後はメールで口説き続けてみたんですよ。

 すると、ダメ元で誘った食事にOKをもらえて、その夜から男女の仲になりました。出会い方なんて、アナログもデジタルも関係ないんだなって思いましたね〜」(37歳男性)

浮気癖のある男はどんな状況下でも変わらない

浮気の前科があるのなら油断は禁物!(写真:iStock)
浮気の前科があるのなら油断は禁物! (写真:iStock)

 自由な外出や会食をためらいがちなご時世でも、浮気癖のある男性たちは、限られた環境下でちゃっかりと相手を見つけている話が珍しくなくなっています。

 出会いの場が減っていますから、妻からすると浮気の前科がある夫に対して、以前より信頼できている人も少なくないはず。しかし「癖」はそう簡単に治るものではないのも常です。

 夫が自宅にいる時間が増え、お酒の席に参加していないからといって油断は禁物。彼ら特有のムクムクと湧き上がる浮気願望は、コロナ禍においてもおさまるわけではないようですので、くれぐれもご用心を。これまでとは異なるところに目を光らせることで、浮気の芽を摘めるかもしれません。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

サロンの詳細はこちら→

ラブ 新着一覧


元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ