浮気常習夫たちがコロナ禍に相手を見つけている“意外な場所”

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-09-24 16:16
投稿日:2020-08-19 06:00
 コロナ禍においては、これまでとは違うライフスタイルが求められているため、男女間の出会いが激減している話も多く耳にします。しかし、不倫常習犯な夫の中には、こんな状況でもちゃっかりオンラインで浮気相手を見つけているツワモノも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、オンラインで不倫相手を物色する夫たちの意外な出会い方に迫ります。

どこで出会っているの?

ゲームに興じているように見えても(写真:iStock)
ゲームに興じているように見えても (写真:iStock)

1:スマホゲーム

「妻とはずっと不仲なので、僕は基本的にいつもガールフレンドが外にいます。だけどコロナ禍になってからは、これまでのように飲み会ができず出会いが激減しちゃって。それで最近は、スマホゲームで知り合った女の子と意気投合し、男女の仲になりました。

 デジタルな出会いって初体験ですが、ゲームで知り合っているから共通の話題もあるし、初対面でも会話が盛り上がったのが意外なメリットでしたね。しばらくは、ゲームを通じての出会いでガールフレンドを探します!」(43歳男性)

2:ライブ配信

「定期的に参加していた既婚者合コンがコロナ禍で開催不可に。暇だな〜と思っていたら、友人からライブ配信アプリを勧められて登録したんです。最初は出会い目当てじゃなかったんだけど、とある配信者と仲良くなりました。その子の家が俺の勤務先の近くだったので、出勤日に少し会ったら、めちゃくちゃいい感じで!

 その後、俺の出勤日ごとに頻繁に会い始め、今では不倫関係です。出会いって、いろんなところに転がっていますし、ライブ配信は会う前に相手の雰囲気をしっかりチェックできるので、タイプの女性と出会いやすいと思います」(45歳男性)

3:テレカン

「これまでオンライン会議なんてやったこともなかったんですが、取引先との打合せがZoomメインになったので、一念発起して使いこなしています。担当が変わる時の挨拶なんかもテレカン(テレカンファレンス=遠隔会議の意)なので、取引先と対面で会うことはなくなりましたね。

 それで最近、とある取引先の担当が変わったんですが……、その子が俺のめちゃくちゃタイプな女の子でした。画面越しでも、一目見たときから『いいなー』って思ったので、その後はメールで口説き続けてみたんですよ。

 すると、ダメ元で誘った食事にOKをもらえて、その夜から男女の仲になりました。出会い方なんて、アナログもデジタルも関係ないんだなって思いましたね〜」(37歳男性)

浮気癖のある男はどんな状況下でも変わらない

浮気の前科があるのなら油断は禁物!(写真:iStock)
浮気の前科があるのなら油断は禁物! (写真:iStock)

 自由な外出や会食をためらいがちなご時世でも、浮気癖のある男性たちは、限られた環境下でちゃっかりと相手を見つけている話が珍しくなくなっています。

 出会いの場が減っていますから、妻からすると浮気の前科がある夫に対して、以前より信頼できている人も少なくないはず。しかし「癖」はそう簡単に治るものではないのも常です。

 夫が自宅にいる時間が増え、お酒の席に参加していないからといって油断は禁物。彼ら特有のムクムクと湧き上がる浮気願望は、コロナ禍においてもおさまるわけではないようですので、くれぐれもご用心を。これまでとは異なるところに目を光らせることで、浮気の芽を摘めるかもしれません。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

サロンの詳細はこちら→

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ