浮気常習夫たちがコロナ禍に相手を見つけている“意外な場所”

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-09-24 16:16
投稿日:2020-08-19 06:00
 コロナ禍においては、これまでとは違うライフスタイルが求められているため、男女間の出会いが激減している話も多く耳にします。しかし、不倫常習犯な夫の中には、こんな状況でもちゃっかりオンラインで浮気相手を見つけているツワモノも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、オンラインで不倫相手を物色する夫たちの意外な出会い方に迫ります。

どこで出会っているの?

ゲームに興じているように見えても(写真:iStock)
ゲームに興じているように見えても (写真:iStock)

1:スマホゲーム

「妻とはずっと不仲なので、僕は基本的にいつもガールフレンドが外にいます。だけどコロナ禍になってからは、これまでのように飲み会ができず出会いが激減しちゃって。それで最近は、スマホゲームで知り合った女の子と意気投合し、男女の仲になりました。

 デジタルな出会いって初体験ですが、ゲームで知り合っているから共通の話題もあるし、初対面でも会話が盛り上がったのが意外なメリットでしたね。しばらくは、ゲームを通じての出会いでガールフレンドを探します!」(43歳男性)

2:ライブ配信

「定期的に参加していた既婚者合コンがコロナ禍で開催不可に。暇だな〜と思っていたら、友人からライブ配信アプリを勧められて登録したんです。最初は出会い目当てじゃなかったんだけど、とある配信者と仲良くなりました。その子の家が俺の勤務先の近くだったので、出勤日に少し会ったら、めちゃくちゃいい感じで!

 その後、俺の出勤日ごとに頻繁に会い始め、今では不倫関係です。出会いって、いろんなところに転がっていますし、ライブ配信は会う前に相手の雰囲気をしっかりチェックできるので、タイプの女性と出会いやすいと思います」(45歳男性)

3:テレカン

「これまでオンライン会議なんてやったこともなかったんですが、取引先との打合せがZoomメインになったので、一念発起して使いこなしています。担当が変わる時の挨拶なんかもテレカン(テレカンファレンス=遠隔会議の意)なので、取引先と対面で会うことはなくなりましたね。

 それで最近、とある取引先の担当が変わったんですが……、その子が俺のめちゃくちゃタイプな女の子でした。画面越しでも、一目見たときから『いいなー』って思ったので、その後はメールで口説き続けてみたんですよ。

 すると、ダメ元で誘った食事にOKをもらえて、その夜から男女の仲になりました。出会い方なんて、アナログもデジタルも関係ないんだなって思いましたね〜」(37歳男性)

浮気癖のある男はどんな状況下でも変わらない

浮気の前科があるのなら油断は禁物!(写真:iStock)
浮気の前科があるのなら油断は禁物! (写真:iStock)

 自由な外出や会食をためらいがちなご時世でも、浮気癖のある男性たちは、限られた環境下でちゃっかりと相手を見つけている話が珍しくなくなっています。

 出会いの場が減っていますから、妻からすると浮気の前科がある夫に対して、以前より信頼できている人も少なくないはず。しかし「癖」はそう簡単に治るものではないのも常です。

 夫が自宅にいる時間が増え、お酒の席に参加していないからといって油断は禁物。彼ら特有のムクムクと湧き上がる浮気願望は、コロナ禍においてもおさまるわけではないようですので、くれぐれもご用心を。これまでとは異なるところに目を光らせることで、浮気の芽を摘めるかもしれません。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

サロンの詳細はこちら→

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ