浮気常習夫たちがコロナ禍に相手を見つけている“意外な場所”

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-09-24 16:16
投稿日:2020-08-19 06:00
 コロナ禍においては、これまでとは違うライフスタイルが求められているため、男女間の出会いが激減している話も多く耳にします。しかし、不倫常習犯な夫の中には、こんな状況でもちゃっかりオンラインで浮気相手を見つけているツワモノも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、オンラインで不倫相手を物色する夫たちの意外な出会い方に迫ります。

どこで出会っているの?

ゲームに興じているように見えても(写真:iStock)
ゲームに興じているように見えても (写真:iStock)

1:スマホゲーム

「妻とはずっと不仲なので、僕は基本的にいつもガールフレンドが外にいます。だけどコロナ禍になってからは、これまでのように飲み会ができず出会いが激減しちゃって。それで最近は、スマホゲームで知り合った女の子と意気投合し、男女の仲になりました。

 デジタルな出会いって初体験ですが、ゲームで知り合っているから共通の話題もあるし、初対面でも会話が盛り上がったのが意外なメリットでしたね。しばらくは、ゲームを通じての出会いでガールフレンドを探します!」(43歳男性)

2:ライブ配信

「定期的に参加していた既婚者合コンがコロナ禍で開催不可に。暇だな〜と思っていたら、友人からライブ配信アプリを勧められて登録したんです。最初は出会い目当てじゃなかったんだけど、とある配信者と仲良くなりました。その子の家が俺の勤務先の近くだったので、出勤日に少し会ったら、めちゃくちゃいい感じで!

 その後、俺の出勤日ごとに頻繁に会い始め、今では不倫関係です。出会いって、いろんなところに転がっていますし、ライブ配信は会う前に相手の雰囲気をしっかりチェックできるので、タイプの女性と出会いやすいと思います」(45歳男性)

3:テレカン

「これまでオンライン会議なんてやったこともなかったんですが、取引先との打合せがZoomメインになったので、一念発起して使いこなしています。担当が変わる時の挨拶なんかもテレカン(テレカンファレンス=遠隔会議の意)なので、取引先と対面で会うことはなくなりましたね。

 それで最近、とある取引先の担当が変わったんですが……、その子が俺のめちゃくちゃタイプな女の子でした。画面越しでも、一目見たときから『いいなー』って思ったので、その後はメールで口説き続けてみたんですよ。

 すると、ダメ元で誘った食事にOKをもらえて、その夜から男女の仲になりました。出会い方なんて、アナログもデジタルも関係ないんだなって思いましたね〜」(37歳男性)

浮気癖のある男はどんな状況下でも変わらない

浮気の前科があるのなら油断は禁物!(写真:iStock)
浮気の前科があるのなら油断は禁物! (写真:iStock)

 自由な外出や会食をためらいがちなご時世でも、浮気癖のある男性たちは、限られた環境下でちゃっかりと相手を見つけている話が珍しくなくなっています。

 出会いの場が減っていますから、妻からすると浮気の前科がある夫に対して、以前より信頼できている人も少なくないはず。しかし「癖」はそう簡単に治るものではないのも常です。

 夫が自宅にいる時間が増え、お酒の席に参加していないからといって油断は禁物。彼ら特有のムクムクと湧き上がる浮気願望は、コロナ禍においてもおさまるわけではないようですので、くれぐれもご用心を。これまでとは異なるところに目を光らせることで、浮気の芽を摘めるかもしれません。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

サロンの詳細はこちら→

ラブ 新着一覧


FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ