ドン引きされてない? 恋愛下手な女性が送る残念LINE6選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-14 06:00
投稿日:2020-09-14 06:00
 LINEって顔が見えないからこそ、つい大胆になってしまいがちですよね。その落とし穴に一番ハマりやすいのが「恋愛下手の女性」なんです。アピールのつもりで送ったLINEに、画面の向こうの男性がドン引きしていることもよくあるのだとか……。
 そんな恐ろしい事態は避けたい!ということで、今回は恋愛下手な女性が送りがちな、残念LINEをご紹介します。

「恋愛経験の浅い女性」が送りがちな残念LINE

自分で決めず相手に任せきり

 恋愛経験の少ない女性は、自分の意見を言えない傾向にあります。たとえば「次のデートどこに行きたい?」「何食べたい?」といった質問に、「任せるよ」「決めていいよ」などを繰り返していると、自分の意思がないように感じられてしまいます。

 かわいらしく「◯◯が食べたい♡」と伝えた方が、男性もあなたの意外な面を発見できて新鮮に感じてくれるかもしれませんね。

自分に自信がなくネガティブな内容が多い

「私なんて」というような、自分に自信がないLINEを送りすぎると、相手にウザがられてしまう可能性があります。ネガティブ発言は、暗い・重い・面倒臭いといった印象を与えるのでやめましょう。

 自分のコンプレックスなどを相談するなら、LINEではなく実際に顔を見合わせて伝えると、相手も重く受け止めずに励ましてくれるかもしれません。

「嫉妬が激しい女性」が送りがちな残念LINE

 嫉妬が激しい女性は、男性に面倒だと思われて恋が終わってしまうことも多いですよね。そんなタイプの恋愛下手女性が送りがちなLINEを、ご紹介しましょう。

友人のことをやたらと聞いてくる

 嫉妬深い女性は、彼の周りにライバルがいないことを確認しないと気が済まないため、とにかく彼の周りの交友関係を把握したがります。

 ちょっと友人の名前を出しただけで、「その人ってどんな人?」「年齢は?」「いつ出会ったの?」など、探りを入れられると、詮索されてる?と感じたり、全く自分のことを信じてもらえていないと思われてしまうでしょう。

不安や嫉妬から毎日LINEする

 嫉妬深い女性に共通するのが、想像力が豊かだということ。相手の言動をなかなか信じられないため、常に相手の動向を探ろうとして毎日LINEをしてしまいがち。

「どこにいるの?」「今なにしてる?」といったLINEが続くと、だんだん監視されているような気持ちになり、引かれてしまうでしょう。

「駆け引きしすぎる女性」が送りがちな残念LINE

 恋愛上手かと思いきや、駆け引きの度が過ぎて恋を逃してしまう計算高い女性もいます。そんな女性が送りがちなLINEを見てみましょう。

ほかの男性の話をしすぎ

 彼に嫉妬してもらうために、わざと他の男性の話題を出してくるLINEです。そこまで関係性ができていない彼なら、「あ、あの人のことが好きなのかな」と簡単に身を引いてしまう可能性があります。

すぐに離れようとする

 付き合っていてもいなくても、わざと別れ話や連絡をとるのをやめようと切り出して、相手の気持ちを確かめるパターンです。

 最初は、彼の方から「そんなつもりはない」と伝えてきたとしても、そのうち、面倒に思われてしまい、本気で「うん、わかった」という返事が来るかもしれませんよ。

恋愛下手は卒業! 相手に寄り添うLINEを送ろう♡

駆け引きはほどほどに!(写真:iStock)
駆け引きはほどほどに! (写真:iStock)

 恋愛下手な女性のLINEに共通するのが、素直さが足りないという点です。男性が女性に親近感を覚え、かわいいなと思うのは「あなたの素直な本心が相手に伝わった時」。

 計算や謙遜、自己卑下などでこじれたLINEを送るのではなく、素直に好きと伝え、あなたの魅力をそのまま伝えてみましょう。きっと素敵な恋がやってくるはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ