社内恋愛のメリット&デメリット♡運命の人は近くにいるかも

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-17 06:00
投稿日:2020-08-17 06:00
 あなたは社内恋愛をしたことがありますか? 職場は「あくまでも仕事をする場所」ですし、仕事とプライベートはきっちりと分かれていた方が楽です。でも、好きな人が職場にいるのは、思っている以上に楽しいものなんですよね。そこで今回は、社内恋愛のメリットとデメリットについてご紹介します。

同職場だからこその良さがある! 社内恋愛の6つのメリット

同じ職場に恋人がいるってどんな感じ?(写真:iStock)
同じ職場に恋人がいるってどんな感じ? (写真:iStock)

 社内恋愛というと、「気を使いそう」「バレたら面倒」など、マイナスなイメージを持つ方は多いはず。そのイメージから、「素敵だな」と思う人がいても、あえてアプローチをせず、気持ちを押さえる人もいるでしょう。しかし、社内恋愛には同じ職場だからこそのメリットがあるんですよ。

1. 忙しい時でも職場で会える

 社会人ともなれば、お互いに仕事が忙しくて会えないこともあります。デート当日にドタキャンされたり、繁忙期には「数カ月会えていない」というカップルもいます。

 その点、社内恋愛であればどんなに忙しい時期であっても、必ず職場で会うことができます。デートはできなくても毎日顔を見ることができれば、それだけで安心できるでしょう。

2. 彼の仕事ぶりや人間性が分かる

 同じ職場ということは、彼の仕事ぶりが見られるということ。どんな仕事に携わり、どんな成果を出しているのかが一目瞭然です。

 また、上司に可愛がられているか、同僚や後輩に好かれているかなど、職場での人間関係をチェックできるため、人間性を知ることもできますね。

3. 共通の話題が多く、相談もしやすい

 仕事をしていれば、誰だってひとつやふたつ不安やストレスがあるものでしょう。しかし、どんなに信頼できるカップルであっても、お互いの職場の状況が分からなければ的確なアドバイスをしたり、辛い気持ちを理解してあげることは難しいものです。

 その点、社内恋愛であれば、職場の状況、環境、人間関係などがわかるため、相談もスムーズ。共通の話題も多く会話に困ることも少ないでしょう。

4. お互いの仕事を理解できる

 職場環境は業種や業界によってさまざま。職場では当たり前のことであっても、ほかの人にとっては理解できないことは多々あるでしょう。

 その点、社内恋愛であればお互いの仕事を把握できるため、急な残業や仕事の忙しさ、難しさを理解することができます。仕事が原因でのトラブルも減るはずです。

5. 浮気の心配が少ない

 同じ職場に勤めていると、彼が今どんな仕事をしているのか、どんな状況かを知ることができるため、その都度行動を把握することができます。

 そのため、「急に仕事が入った」「接待が入った」などの嘘は通用しません。結果、社内での浮気の心配も少なくなるでしょう。

6. 年収なども想像つくため、将来を想像しやすい

 長いお付き合いをしている彼氏がいたとしても、年収などについてはなかなか聞けないものですよね。でも、社内恋愛であれば、聞かなくてもある程度の予想がつきます。

 会社の経済状況や、彼が今後どのようにステップアップしていくかなどを目の当たりにして、将来を想像しやすいのではないでしょうか。

マイナス面も忘れてはいけない! 社内恋愛のデメリットとは?

うまくいっている間はいいけれど(写真:iStock)
うまくいっている間はいいけれど (写真:iStock)

 社内恋愛にはたくさんのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。後々、「こんなことになるなら、付き合わなければよかった」と後悔しないためには、事前にデメリットも知っておくことが大切ですよ。

1. 喧嘩した時に気を使う

 上記で挙げたメリットの中に「社内恋愛は、仕事が忙しくても毎日顔を合わせることができる」と書きましたが、実はこれがデメリットとなることもあります。

 それは、喧嘩の後。通常のカップルであれば、喧嘩をした後には気持ちが落ち着くまで顔を合わせないこともできますが、社内恋愛ではそうはいきません。もちろん、大人として仕事とプライベートを分けることは大切ですが、なかなか上手に切り替えられない人も多いでしょう。

2. 職場近くでは堂々とデートできない

 社内恋愛をするカップルの多くは、「知られると面倒」といった理由から周りに内緒で交際をしています。中には、社内恋愛禁止という職場もあるでしょう。

 そのため、仕事帰りにデートの約束をしても、職場近くで待ち合わせをすることはできませんし、いつも「会社の人がいないか?」と気を使うことになります。堂々とデートできないというのは、結構なストレスになってしまいます。

3. 失敗した姿も見られる

 仕事をしていれば、誰だって失敗してしまうことはあるでしょう。時には、上司や先輩に怒られることもありますよね。

 そんな「知られたくない」「かっこ悪い」と思う姿も、社内恋愛では相手に見られることになります。逆に、彼の失敗した姿や悪口などを聞いてしまうこともあるでしょう。

4. 冷やかされたり、嫉妬されることも

 社内恋愛をするカップルの中には、隠さずに堂々と交際する人もいるでしょう。気を使わなくて良い反面、周りに知られることで冷やかされることもあります。

 もしもモテる男性の場合には、女性社員から嫉妬されたり、嫌がらせなどを受けるケースもあります。

5. 別れた時、気まずい

 社内恋愛の一番のデメリットは、別れてしまった時かもしれません。もしも、「公認の仲」だった場合には、本人たちだけでなく周りにも気を使わせることになるでしょう。

 その結果、「職場にいづらい」という理由から、転職を考える人も少なくありません。

社内恋愛のメリットはたくさん! 運命の人は身近にいるかも?

頼りになる同僚だったのが…(写真:iStock)
頼りになる同僚だったのが… (写真:iStock)

「出会いがない」とぼやいている人の中には、社内に目を向けていない人も多いでしょう。社内恋愛を敬遠している人にとっては、職場の男性は恋愛対象外と考えているかもしれませんね。

 しかし、社内恋愛のメリットを知れば、意識も変わるのではないでしょうか? 見方が変われば、近くに運命の人がいることに気づけるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ