“お前”と呼ぶ男性の隠れた心理6選! 彼はどんな気持ちなの?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-09-22 06:00
投稿日:2020-09-22 06:00
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」という言葉ですが、実は男性の隠れた心理が込められているようなんです。

「お前」と呼ぶ男性をどう思う?女性の意見

そんな男性の深層心理は?(写真:iStock)
そんな男性の深層心理は? (写真:iStock)

 あなたは「お前」と呼ばれた時、どんな気持ちになりますか? 顔には出さなくても、女性の心の中では複雑な感情が生まれることもありますよね。まずは、女性の意見を見ていきましょう。

下に見られているようで不快

「お前」と呼ばれるのを、不快だと感じる女性は多くいます。彼氏であればまだしも、あまり親しくない間柄の男性から「お前」と呼ばれると、「なんでそんなに偉そうなの!?」と、ついイラっとしてしまうことも。今や廃れた文化とも言える「男尊女卑」を、どこかしらで感じてしまうのかもしれませんね。

特になんとも思わない

 男性との関係性とは関係なく「お前」と呼ばれることを、特に何とも思わないという女性もいます。その多くは自分の父親や男兄弟などから「お前」と呼ばれてきた経験があったり、もしくは「呼び方うんぬんはどうでも良い」と思っているおおらかでざっくばらんな女性が多いです。

男っぽくて嬉しい

 多くの女性が少なからず不快感を感じるのに対して、逆に「男っぽくて嬉しい」という意見も。ただしこれは、彼氏や気になる男性から言われた時限定。やはり、親しくない男性からの「お前」という言葉は、ちょっと馴れ馴れしいと感じてしまう女性が多いのではないでしょうか。

「お前」と呼ぶ男性の隠れた心理6選

ポジティブな理由ならいいけれど…(写真:iStock)
ポジティブな理由ならいいけれど… (写真:iStock)

 男性との会話の中で「お前」と呼ばれると、良くも悪くもなんらかの感情が生まれます。でも、「お前」と呼ぶ男性の感情も、実はさまざま。隠れた心理を見ていきましょう。

1. 独占欲の現れ

 お付き合いを始めてから、彼が急に「お前」と呼ぶようになったのであれば、その多くは独占欲の表れから、そう呼んでいる可能性が高いです。男性は彼女のことを「自分の所有物」だと思いたい傾向にあります。その気持ちが、「お前」という言葉で表に出てしまうのです。

2. 怒りなどの感情の高ぶりから

 普段はきちんと名前で呼んでくれるのに、喧嘩をした時など怒りに任せて「お前」と呼んでしまう男性もいます。

 その瞬間、不快に思ってしまう気持ちはわかりますが、感情をコントロールできなかっただけのこと。つい呼んでしまった男性側も「しまった!」と、心の中では思っているかもしれません。あえて受け流して、喧嘩の原因となったことを解決させた方が良い場合が多いですね。

3. 恥ずかしさから名前やあだ名で呼べない

「お前」と呼ぶ男性は、恥ずかしさや照れから名前やあだ名で呼べない可能性もあります。長年連れ添った夫が、妻のことを「おい」とか「母ちゃん」と呼ぶのと同じ感じです。

 この場合、本当は名前で呼びたいと思っている男性も多いです。女性が自分から「こうやって呼んで欲しい」「なんて呼びたい?」など促してあげることで、スムーズに「お前」から脱出できると思います。

4. 女性を下に見ている

 男性の中には女性を下に見ているがゆえ、「お前」と呼ぶ方もいます。これは、たとえば年上の上司であったり、立場が明らかに上の男性に見られることが多いです。

 こう言った物言いをする男性は、プライドが高い場合がほとんど。明らかに見下されている場合もあるかもしれませんが、中には愛着を持って「仕方がないな」「放っておけない」というような感覚で「お前」と呼ぶ場合もあるみたいです。

5. 親しい間柄だと思っている

 男友達から、「お前」と呼ばれた経験がある人も多いでしょう。でも、どんな状況であっても、初対面の人に「お前」と呼ぶ人はほとんどいません。つまり、「お前」と呼ぶのは、あなたのことを親しい間柄だと思っている心理の表れでもあるのです。

 しかし、相手があなたに対して感じている距離感と、自分が感じる距離感は違うもの。不快だと感じるのであれば、勘違いされないように一線を引いたほうが良いかもしれませんね。

6. 男らしさをアピールしたい

 多くの男性は、女性よりも優位に立ち、男らしく強くありたいと思います。この感情が、「お前」と言う言葉に集約されているのかもしれません。

 知り合いなど、ほかの男性の前だけでそういった言い方をする場合には、「俺の彼女だ!」と牽制したい気持ちもあるのかもしれませんね。比較的、嫉妬深い男性によく見られる態度です。

 ついムッとしてしまう人もいるかもしれませんが、そこは一歩引いて男性を立ててあげると、心の中で感謝されるはずですよ。

男性がどんな気持ちで「お前」と呼ぶのか想像してみて♪

言いたいことは早めに伝える(写真:iStock)
言いたいことは早めに伝える (写真:iStock)

 アメリカの心理学者の研究によると、お互いに名前を呼び合うカップルはそうでないカップルに比べて関係が長続きするという結果が出ているそう。

 彼氏が「お前」というタイプの男性だったとしても、もしも「名前で呼んで欲しい」と気持ちがあるのであれば、できるだけ早いうちにしっかり伝えることも大切です。

 でも、その前に「どんな気持ちで彼は『お前』って言うのかな?」と想像してみると、彼の気持ちにもっと寄り添えるかもしれません。ぜひ、お互いを思いやって、大切な呼び方を決めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ