ライブ配信では日常風景? “色恋営業”で投げ銭を集めるひと

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-24 23:32
投稿日:2020-10-02 06:00
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐってアレやコレやの大騒ぎでございます。メンタル心理カウンセラーであり、配信者としての顔も有する並木まきが、“ライブ配信にいるアレなひとびと”を解説するこちらの連載。記念すべき1回目は「色恋営業に走りたがるひとびと」でございます。

アレな人図鑑1:色恋営業でギフトをかき集めたがるひと

恋心につけ込んで投げ銭を稼ぐ(写真:iStock)
恋心につけ込んで投げ銭を稼ぐ (写真:iStock)

 ライブ配信主であるライバーは、リスナーからのギフトをもらってナンボの世界。配信事務所に所属する公式ライバーには、厳しいノルマを課せられている人も少なくありません。最初のうちは正攻法でギフト集めに精を出していたライバーでも、だんだんと焦りが芽生えた結果、色恋営業にシフトする話も多いのでございます。

「ギフトを投げてもらうなら、色恋が一番手っ取り早い!」と豪語するライバーさんもいまして、それはまるで【密着歌舞伎町24時】(こんな感じのテレビ番組がありましたよね?)の様相です。

 とは言っても、ライブ配信は基本的に「デジタル」の人間関係で成り立っていますので、ひと口に色恋と言っても、デジタルの世界だけで完結する上級者もいます。「アレ」な感じに映りがちなのはやはり、リアルな世界にデジタルな人間関係を落とし込むツワモノでございましょう。

 それはもう魑魅魍魎(ちみもうりょう)の極みと言えるくらいの凄まじさ。配信上で狙いを定めたリスナーに対し、ダイレクトメールを送信しまくり、LINEの交換をせがみ、さらにはデートに持ち込んで、若さや美貌、イケメンをウリに「あなただけが、自分にとって特別な人」感を演出しながら、巧みに投げ銭を集めるのです。

毎日見ることで好意が高まる「ザイオンス効果」

「ザイオンス効果」というマジック(写真:iStock)
「ザイオンス効果」というマジック (写真:iStock)

 ところで「ライブ配信とは、なんぞや?」という人には、なぜ配信上での色恋営業が成り立つのか不思議でならないのでしょう。会ったこともない相手から色恋営業を持ちかけられても、そこには物理的な距離があることから「デジタルを通じた色恋営業を本気にするなんて、限られた人の話なのではないか?」と感じて当然です。

 しかし、ここにライブ配信固有のマジックがあるのです。配信はスマホで見る人も多く、リスナーは、ライバーと個人間でオンライン通話を楽しんでいるかのような錯覚に陥りやすいのです。そしてこの仕組みは、見ている人からライバーに対する心の壁が取っ払われやすい効果もあることから、何度か特定のライバーの配信を見ているうちに、さもその人と毎日テレビ電話で話しているかのような親しみを覚えやすいというわけ。

 さらに配信中には、リスナーからのコメントを通じた双方向コミュニケーションも成り立つので、まるで古くからの友人と、日課のテレビ電話を楽しんでいるかのような特殊な感覚を覚えやすいのです。

 また、ライブ配信者は毎日コツコツと配信をするのが基本スタイルなので、同じ顔を毎日見ているうちに、旧知の間柄であるように錯覚しやすいうえに、同じ相手に繰り返し接触することで好意が高まる「ザイオンス効果」も生まれるのです。

 なんともまぁ、色恋営業が成り立ちやすい仕組みですよね。

おわりに

 どんな世界でも、どのようなやり方で上を目指そうとも、それは個人の自由。さりとて、人間としての品格を失ったかのような行動に出てしまえば、やっぱり「アレな人」として映るのも事実でございましょう。

 もちろん、真っ当な方法でライブ配信を楽しんでいる方々もたくさんいらっしゃいますが、一方で「アレ」な人たちもゴロゴロ生息しているのが、ライブ配信界のリアルでございます。

ライフスタイル 新着一覧


あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...