死んでも投げ銭はしない!セコい自分に生きがいを覚えるひと

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-24 23:32
投稿日:2020-10-16 06:00
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐってアレやコレやの大騒ぎでございます。メンタル心理カウンセラーであり、配信者としての顔も有する並木まきが、“ライブ配信にいるアレなひとびと”を解説するこちらの連載。第3回は「セコい自分に生きがいをおぼえるひとびと」でございます。

アレな人図鑑3:セコい自分に生きがいをおぼえるひと

お金は払いたくない(写真:iStock)
お金は払いたくない (写真:iStock)

 ライブ配信の世界は、言ってみれば「現ナマ」が飛び交う世界。投げ銭をもらってナンボの世界で生きるライバーと、推しのライバーに少しでも気に入ってもらおうという一心で、せっせと投げ銭をするリスナーの絶妙なバランスによって成り立っているのでございます。

 どちらの世界も「郷に入っては郷に従え」ですから、ライブ配信を楽しむならば、投げ銭文化を受け入れなければはじまりません。ところが、どこの世界にも「セコいひと」というのは生息しているもので……。ライブ配信界とて例外ではないのです。

居心地の悪さもどこ吹く風。我が道をいくセコリスナー

ライバーへの敬意はゼロ(写真:iStock)
ライバーへの敬意はゼロ (写真:iStock)

 最初のうちは、ライブ配信のお作法を知らずに無料で視聴ばかりしていたリスナーでも、さまざまな配信を見ていくうちに、配信者は投げ銭の対価として配信をしているというシンプルな仕組みに気づきます。よって「この人には、頑張ってもらいたいな」と思える配信者に出会えれば、予算の大小はあれども、投げ銭をして応援をするスタイルにたどり着きます。

 ところが、我が道を突っ走るセコいリスナーは、兎にも角にも「無料」で配信を楽しむことだけに重きを置き、投げ銭はしないくせに配信者への要求だけは一人前(あるいは、一人前以上)だったり、ただ毎日視聴しているというだけでコアなファンであるかのように振る舞ったりと、見るからにセコい行動を繰り返し、周囲を唖然とさせます。

 配信の世界に限らず、現実社会にもこういったセコい人物は存在しますが、スマホ画面という小さな世界においてもセコすぎる根性が際立つため、残念な印象は否めません。

 おそらく当人は「無料で視聴できる仕組みなんだから、その仕組みを最大限に活かさないと!」くらいの驚異のセコ根性でライブ配信を見ているのでしょうが、貴重な時間や知識を削って配信を提供しているライバーへの敬意はゼロと言えるでしょう。

 さらには往々にして、セコリスナーほど態度が大きく、勘違いな振る舞いが多いのも傾向で、せっかくの配信の場を乱す言動も目立つから厄介でございます。リスナーとして登録しているだけであれば名前も顔もわからないからと、少々傲慢に振る舞っても、ご自身の品格は落ちないと過信しているのでしょうが……。果たして、世の中はそんなに甘くできているのでしょうか。嗚呼、こういった傲慢セコリスナーばかりに気に入られてしまったライバーは悲劇でしかありません。

おわりに

 どんなにスモールビジネスであれ、与えた価値に対し対価が生じる仕組みに参加するならば、それを受け入れるのもマナーでありルールでしょう。

 しかしセコい自分に生きがいをおぼえてしまったひとびとは、「いかにお金をかけずに、お金をかけた人と同等、あるいはそれ以上に楽しめるか」が目的になっているようにお見受けします。そんなひとびとは今日もまた、セコさを貫くことを生きがいにしながら、いそいそとライブ配信の画面を開くのでございましょうね。

ライフスタイル 新着一覧


会話が途切れる瞬間が怖い…口下手な人にオススメの会話術
 会話のキャッチボールが続かなくて気まずい……。そんな嫌な汗が出るような空気を味わったことはありますか? きっと誰しも一...
ネットカフェの落し穴…女性が少しでも安心できる利用方法
 先日、ネットカフェで男性客が女性店員を人質にとり、個室に長時間立てこもるという事件が起きました。ネットカフェは本来はと...
23区内では初登場「ポケふた」ゲット大作戦 2021.6.24(木)
 先日ご紹介したポケモンマンホール通称「ポケふた」に、新しい仲間が加わりました。  ポケGO大好きかつ、マンホール...
ルール違反はダメにゃ!ボス“にゃんたま”が若頭に怒りの鉄拳
 ごはん場で出逢ったにゃんたまωにロックオン。  猫の世界では、ごはんを食べる順番は大概、ボスにゃんたま君からとい...
燃えるように美しい…炎の花「グロリオサ」の簡単アレンジ法
 ワタクシ、残念ながら子供に恵まれず、子供がいないゆえ他人の子供を可愛がっております。花屋とお花の講師をしていますが、生...
職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...