ワケあり内縁妻の存在が発覚した彼氏…加奈子さんのケース#1

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-10-12 06:00
投稿日:2020-10-12 06:00
 うまくいっていた男性から突然別れを告げられた。大きな喧嘩もなく、急に嫌われるような原因もないのに、もう会えないと言われてしまった。そんなつらい経験はありませんか?なんだか腑に落ちない突然のサヨナラ通告、実は相手が虚言癖男だったという場合があるのです。加奈子さんが異業種交流会で知り合った、輸入自動車の営業マン・則夫がそうでした。

エリート営業マンが語った自宅に彼女を呼べない理由

衝撃の「嫁がいる」発言(写真:iStock)
衝撃の「嫁がいる」発言 (写真:iStock)

 デザイン事務所に入ったばかりの加奈子さん(仮名・23歳)は則夫(仮名・28歳)と意気投合し、週末ごとにデートするようになりました。則夫は営業成績優秀でセンスもよく、加奈子さんを車に乗せて「仕事の参考になるように」と海外輸入のインテリアショップに連れて行ったり、京都や奈良へ仏教建築を見に行ったりしてくれます。付き合って3カ月目には、「愛してる」「ずっと一緒にいたい」と言い合う仲になっていました。

 しかし則夫は一度も自分の家に加奈子さんを招こうとしないのです。不安になった加奈子さんが「あなたの部屋で過ごしたいな」と言ってみると、しばらく黙りこんだのちに則夫は驚くようなことを白状しました。

「それはだめなんだ。内縁だけど嫁がいる……黙っていてごめん」

傷つけたくないから別れようという提案

別れを提案されて…(写真:iStock)
別れを提案されて… (写真:iStock)

 則夫が妻帯者と知っていたら、もちろん付き合いませんでした。それを知らずに不倫の相手をさせられていたなんて、と加奈子さんは激しく動揺しました。

「そんな……ひどいよ。どうしてもっと早く言わなかったの?」

「毎回、今日こそ言おう、言わないと加奈ちゃんを傷つける、と悩んでた。でも会うと楽しくて、加奈ちゃんの顔を見るとどうしても言えなかったんだ」

「そんなのずるいよ。私と会いたいなら、奥さんと別れてよ。私は日陰でコソコソするような交際はいやなの!」

 ところが則夫の返事は加奈子さんにさらにショックを与えるものでした。

「ごめん、どうしても嫁から離れられない理由があるんだ。これ以上、加奈ちゃんを傷つけないためには、加奈ちゃんと別れるしかない…」

 愛し合っていると思っていた則夫から、別れという言葉が出てくるなんて信じられませんでした。どうしても別れられない理由とは何なのか、問いつめる加奈子さんに則夫は、ある場所に一緒に来てほしいと言ったのです。

内縁の妻が抱える複雑で悲痛な事情とは

少女は内縁の嫁の連れ子だという…(写真:iStock)
少女は内縁の嫁の連れ子だという… (写真:iStock)

 次の休日、則夫が加奈子さんを連れて行ったのは、とある児童養護施設でした。保護者がいない子供、親からの虐待に遭った子供たちが生活している、東京都下の施設です。庭のかたすみで、遊びの輪に加わらずに本を読んでいる10歳ぐらいの女の子を指して、則夫は言いました。

「あの子、嫁の連れ子なんだ。嫁が統合失調症で入院しているから、ずっと施設にいる。家で面倒を見てあげたいんだけど、俺が嫁と入籍してないと手続きがむずかしい。でも、嫁は、入院中に俺があの子に手を出すんじゃないかと反対してるんだ。俺がそんなことするはずないのに、被害妄想がひどくて……」

 則夫は肩を落としました。戸籍も血も繋がっていない則夫は、その子を家に連れ帰ることができないのです。少しでもその子の助けになればと、施設あてに毎月寄付をしていると言うのです。

孤独な子供の姿にかき立てられた同情心

寄付を申し出ても拒否されてしまう(写真:iStock)
寄付を申し出ても拒否されてしまう (写真:iStock)

 お母さんに会えないその子供の気持ち。

 病気のために子供に会えないお母さんの気持ち。

 寄付以外に何もできない則夫の気持ち。

 それぞれ想像するだけで胸が痛みました。別れるしかないと言った理由は、この女の子の将来を案じてのことだったのか……。同情した加奈子さんは、その後も則夫といっしょに施設の様子を見に出かけました。女の子は一人でいることが多く、加奈子さんは胸が締めつけられる思いで、園の外からその子を見守っていました。

 やがて加奈子さんは、「私も寄付がしたい」と則夫にお金を差し出しました。少しでも、あの淋しそうな女の子の助けになれば、と思ったのです。しかし則夫は、「俺の事情に加奈子を巻き込むわけにはいかない。それだけはだめだ」とお金を預かろうとしませんでした。

 次回に続きます。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ