23歳で職場結婚、ラブラブ恋人同士だったのに5年後に離婚。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-21 23:04
投稿日:2020-10-13 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」連載です。

20代の結婚がうまく行かなかった理由とは

幸せのカタチは人の数だけある(写真:iStock)
幸せのカタチは人の数だけある (写真:iStock)

case2-1.椎名さとみさん(仮名/50歳)

 今回、お話を伺った椎名さとみさん(仮名/50歳)は、フリーアナウンサー・木佐彩子さん似の美女。事前情報で年齢を聞いてはいましたが、お会いして驚きました。決してお世辞ではなく、肌がきめ細かく髪もつややかで、カラダは華奢。30代半ばにしか見えないのです。

肌の老化の主な要因は紫外線

冬でも日焼け止めは必須(写真:iStock)
冬でも日焼け止めは必須 (写真:iStock)

 本連載は40歳オーバーで結婚した男女にスポットをあてて、「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」と、お伝えすることが主旨。ですが、早速話を逸脱して実年齢より若く見える秘訣を聞くと、「いえいえ、そんなことはありませんが……」と、謙遜しながら答えてくれました。

「一番気をつけているのは、紫外線にあたる前に日焼け止めを塗ることを徹底すること。飲む日焼け止めも併用しています。美容に関する接客業に就いているため、手を抜くとお客様への説得力がなくなるので」

 顧客への「説得力」。たとえるならデパートコスメを買う際、お肌の美しい販売員さんから商品をオススメされると、購買意欲がわくということでしょう。さとみさんは化粧品販売員ではありませんが、彼女であれば筆者はぜひ、接客していただきたいと思いました。

 先日、別件取材のために花房火月先生のご著書『だから差がつく! やっぱり美人は、かかりつけの美容皮膚科を持っていた』(雷鳥社)を拝読していたときのこと。「肌の老化の外的な要因は7~8割が紫外線であり、年齢による衰えは、わずか2~3割です」との記載がありました。よく見聞きする言葉ではありますが、「今日が一番若い日」であり、「若い日」をなるべく持続させるためには、日焼け止めは最強の味方といえるかもしれません(美容医療や美容整形を除く)。

価値観の違い、感情の共有の難しさ

お互いの感情が理解でない(写真:iStock)
お互いの感情が理解でない (写真:iStock)

 話を結婚に戻します。さとみさんは46歳のときに、4歳年上で50歳の男性と再婚しました。初婚は23歳のとき。元夫は4歳年上の27歳。大澄賢也さんを垂れ目にしたような感じの顔立ちで、さとみさん好みだったそうです。2人は社内恋愛で交際1年後に結婚しましたが、5年後のさとみさんが28歳のとき、離婚しました。離婚の原因は?

「経験者ならわかっていただけるかもしれませんが、離婚する理由は1つだけではなく、複数の要因が絡み合っているんです。あえて挙げるのであれば、うち1つは『価値観の違い』でしょうか。

 夫婦は生活を長くともにすると、『一番の親友』や『戦友』のような存在になっていくといいますよね。私たちもラブラブな恋人同士という関係を超えたのですが、そのときに感情の共有ができなかったんです。彼がなぜ笑い、どういうときに怒るのかが理解できなかった。

 当時の私は、お腹を抱えて笑うこともあまりなかったと記憶しています。そして、『なにかが違う』という感覚が、無意識のうちに澱(おり)のように溜まっていったんです。お互い様だったのかもしれませんが……」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ