なんで?どうして? 考えても「意味ナシ」な異性からのLINE

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-10-14 06:00
投稿日:2020-10-14 06:00
 恋人や気になる人とLINEしていると「これ、どういう意味? 意味深すぎる……」と手が止まってしまうことってありませんか? しかし多くの場合、男性は女性が考えるほど細かいところに配慮せず行動してしまう生き物です。こちらからすると「!?」なLINEも、男性からすると「何も考えていなかっただけ」。それなら最初から一喜一憂したくないですよね。

LINEの頻度が少ないのは浮気しているから?

「彼のLINEの頻度が少ない」ということを不安に感じてしまう人も多いでしょう。なぜ返信が遅くなってしまうのか、「恋人相手のLINEの頻度が1日1通以下派」の男性に意見を聞いてみました。

「単純に、付き合っているのに文章でわざわざコミュニケーションする理由が分からない。浮気してるでしょ? と疑われることもあるけど……。本命とのコミュニケーションですら絞りたいのに、浮気なんて面倒すぎてできない」(30歳・IT系企画)

「逆に世の中の“カップルはLINEするもの”という流れに反論したい。誰とでもそうなんだけど、予定を決めるとか以外で連絡を取り続けることがしんどい」(29歳・広告代理店)

 LINEの頻度が少ない男性はインドア派で自分の趣味が多い人、友だちが少ない人など。普段から人と密にコミュニケーションをする習慣のない人にLINEのコミュニケーションを求めるのは難しそう。

「浮気しているから」「私のことが大切じゃないから」などと勘ぐってしまいますが、相手はそこまで考えていません。が、考えてくれない人ではあるので、価値観が合わないなら長く付き合うのも難しいかも。

「?」を返してくれないのは私に興味がないから?

 それなりの頻度でLINEしているのに、彼から質問されることが少なくて、LINEを続けるのが大変なこともありますよね。男性はどう考えているのでしょうか。

「彼女とのLINEは続けなきゃいけないものだと思っているので、手が自動で返していて内容を覚えていないことも多いかも。ぼーっと返しているので、なにか質問するまで頭が回っていない」(27歳・マーケター)

「そもそも、普通の会話の中でも人の話に突っ込んで質問するのが苦手。脈絡のない話だと特にそうなる」(32歳・デベロッパー)

「?」が返ってこないことにも、男性的には「理由なし」です。返事が返ってくるだけ、努力してくれているんだなと思った方がいいのかも。

文章量が少ないのは怒ってるから?

 いつもは普通に返してくれるのに、質問に対して返答が薄かったり、急にLINEの文章が短くそっけなく感じる時。なにか地雷を踏んでしまったのでしょうか?

「本当になにかイラッとしたことがあって、意識的にやる時もあると思うけど、そういう時はもっと怒ってる感じにすると思う。男だし、なんとなく察してとかは思わないから、何気なく短く送ってる時は急いでいるか、眠いか」(33歳・商品開発)

 本当に地雷を踏んでいる時もあるようですが、覚えのない時はやっぱり「意味なし」の可能性が高そう。

そもそもLINEがマメな人の方がレア…?

一喜一憂しちゃうけど…(写真:iStock)
一喜一憂しちゃうけど… (写真:iStock)

 忙しい社会人だと、そもそもLINEでの会話に気を配ることが難しいという人もいるようです。LINEの頻度、細やかなコミュニケーション。しっかりやってくれる人の方が少ないということで、逆にそこが雑だからといって、男性に他意はほとんどないようです。

 あまり男性とのLINEで一喜一憂すべきではないということではありますが、それも難しいという人は、なるべくやり取りを密にしてくれるマメな人を見つけるしかないのかも……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 女性の恋は「減点方式」だといわれています。一般的にアプローチを受ける側である女性は、複数の選択肢から選ぼうとすると減点...
七味さや 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアッ...
恋バナ調査隊 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ