深夜いきなりアポも…イケメンからの“要注意LINE”の特徴3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-02-26 20:23
投稿日:2019-08-24 06:00
 イケメンは国宝、天然記念物。イケメンからのLINEは、たとえ目の前にそのイケメンがいるわけでもなくとも胸が高なるのが女子のサガです。
 ですが、イケメンのLINEにはいくつかの特徴があります。もちろんすべてのイケメンに当てはまるものではないかもしれませんが、こんなLINEがイケメンから来た時は要注意!なポイントをお教えします。イケメンからの地雷LINEは、あんまり本気にしちゃいけません……。

深夜の当日アポ…イケメンじゃなかったら迷惑行為!

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンは「当日アポイント」が得意な人が多いです。常にあちらへこちらへひっぱりだこなイケメンは、誘われる予定が多すぎるせいなのか、先の予定を明確に決めたがらないところがあります。マイペースな人も多く、自分が行動したいと思った瞬間に行動するので、迷惑な時間に当アポしてくるイケメンも。

 イケメンからの深夜の当日アポ、自分の予定次第ではもう布団に入ってスマホをいじっているタイミングでも、「ちょうど今ヒマしてた〜!」なんて返したくなってしまうかもしれませんが……イケメンのタイミングにこちらがコミットしてあげたところで、特に見返りはないので要注意です。

 イケメンからしたら何人か連絡したうちの一人でしかないので、タイミングが合っても「僕たちすごく、タイミングが合うね☆」なんてことにはなりません。その日のテンションであなたに連絡が来るだけなので、舞い上がって明日も早いのに遊んだりしたところで、イケメンが気に入ってくれるわけでもなんでもないのです……。

気が向いた時にしかLINEが来ない…

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンにマイペースな人が多いのは、ある程度、傍若無人な態度を取っていても「顔の尊さ」ゆえにその態度を許されることが多いからでしょう。

 だからなのか、LINEの頻度も非常にマイペースなのがイケメンLINEの特徴。暇な時は秒速でLINEが返って来る時もありますが、そうかと思えば1、2カ月も未読スルーの末、やっとLINEが返ってくるなんてことも。

 久しぶりのLINEに喜んでしまう人も多いかもしれませんが、その喜びはイケメンからしたら「こいつ、ちょろいな〜」と思うまでのこと。だって長い間LINEをシカトしていたのに、起こられるどころか喜ばれるんですから。

 イケメンからの唐突なLINEに喜びすぎるのは、自分の価値を下げるだけです。冷静に返信し、その日の当アポに乗ったりしないようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 07:48 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 最近、周りで非常にざわざわするトピックがあります。その感染力は、新型コロナウィルスに引けを取らぬ勢いで、出会う人、出会...
しめサバ子 2020-03-29 06:00 ラブ