こんなLINEは地雷? イケメンからの“要注意LINE”の特徴3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-08-24 08:43
投稿日:2019-08-24 06:00
 イケメンは国宝、天然記念物。イケメンからのLINEは、たとえ目の前にそのイケメンがいるわけでもなくとも胸が高なるのが女子のサガです。
 ですが、イケメンのLINEにはいくつかの特徴があります。もちろんすべてのイケメンに当てはまるものではないかもしれませんが、こんなLINEがイケメンから来た時は要注意!なポイントをお教えします。イケメンからの地雷LINEは、あんまり本気にしちゃいけません……。

深夜の当日アポ…イケメンじゃなかったら迷惑行為!

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンは「当日アポイント」が得意な人が多いです。常にあちらへこちらへひっぱりだこなイケメンは、誘われる予定が多すぎるせいなのか、先の予定を明確に決めたがらないところがあります。マイペースな人も多く、自分が行動したいと思った瞬間に行動するので、こんな迷惑な時間に当アポしてくるイケメンも。

 イケメンからの深夜の当日アポ、自分の予定次第ではもう布団に入ってスマホをいじっているタイミングでも、「ちょうど今ヒマしてた〜!」なんて返したくなってしまうかもしれませんが……イケメンのタイミングにこちらがコミットしてあげたところで、特に見返りはないので要注意です。

 イケメンからしたら何人か連絡したうちの一人でしかないので、タイミングが合っても「僕たちすごく、タイミングが合うね☆」なんてことにはなりません。その日のテンションであなたに連絡が来るだけなので、舞い上がって明日も早いのに遊んだりしたところで、イケメンが気に入ってくれるわけでもなんでもないのです……。

気が向いた時にしかLINEが来ない…

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンにマイペースな人が多いのは、ある程度、傍若無人な態度を取っていても「顔の尊さ」ゆえにその態度を許されることが多いからでしょう。

 だからなのか、LINEの頻度も非常にマイペースなのがイケメンLINEの特徴。暇な時は秒速でLINEが返って来る時もありますが、そうかと思えば1、2カ月も未読スルーの末、やっとLINEが返ってくるなんてことも。

 久しぶりのLINEに喜んでしまう人も多いかもしれませんが、その喜びはイケメンからしたら「こいつ、ちょろいな〜」と思うまでのこと。だって長い間LINEをシカトしていたのに、起こられるどころか喜ばれるんですから。

 イケメンからの唐突なLINEに喜びすぎるのは、自分の価値を下げるだけです。冷静に返信し、その日の当アポに乗ったりしないようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ