深夜いきなりアポも…イケメンからの“要注意LINE”の特徴3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-02-26 20:23
投稿日:2019-08-24 06:00
 イケメンは国宝、天然記念物。イケメンからのLINEは、たとえ目の前にそのイケメンがいるわけでもなくとも胸が高なるのが女子のサガです。
 ですが、イケメンのLINEにはいくつかの特徴があります。もちろんすべてのイケメンに当てはまるものではないかもしれませんが、こんなLINEがイケメンから来た時は要注意!なポイントをお教えします。イケメンからの地雷LINEは、あんまり本気にしちゃいけません……。

深夜の当日アポ…イケメンじゃなかったら迷惑行為!

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンは「当日アポイント」が得意な人が多いです。常にあちらへこちらへひっぱりだこなイケメンは、誘われる予定が多すぎるせいなのか、先の予定を明確に決めたがらないところがあります。マイペースな人も多く、自分が行動したいと思った瞬間に行動するので、迷惑な時間に当アポしてくるイケメンも。

 イケメンからの深夜の当日アポ、自分の予定次第ではもう布団に入ってスマホをいじっているタイミングでも、「ちょうど今ヒマしてた〜!」なんて返したくなってしまうかもしれませんが……イケメンのタイミングにこちらがコミットしてあげたところで、特に見返りはないので要注意です。

 イケメンからしたら何人か連絡したうちの一人でしかないので、タイミングが合っても「僕たちすごく、タイミングが合うね☆」なんてことにはなりません。その日のテンションであなたに連絡が来るだけなので、舞い上がって明日も早いのに遊んだりしたところで、イケメンが気に入ってくれるわけでもなんでもないのです……。

気が向いた時にしかLINEが来ない…

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンにマイペースな人が多いのは、ある程度、傍若無人な態度を取っていても「顔の尊さ」ゆえにその態度を許されることが多いからでしょう。

 だからなのか、LINEの頻度も非常にマイペースなのがイケメンLINEの特徴。暇な時は秒速でLINEが返って来る時もありますが、そうかと思えば1、2カ月も未読スルーの末、やっとLINEが返ってくるなんてことも。

 久しぶりのLINEに喜んでしまう人も多いかもしれませんが、その喜びはイケメンからしたら「こいつ、ちょろいな〜」と思うまでのこと。だって長い間LINEをシカトしていたのに、起こられるどころか喜ばれるんですから。

 イケメンからの唐突なLINEに喜びすぎるのは、自分の価値を下げるだけです。冷静に返信し、その日の当アポに乗ったりしないようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ
FILM
 離婚とは、争いです。離婚するか否かからどんな条件で離婚するかまで、夫婦間での激しい交渉、もとい争いが繰り広げられます。...
七味さや 2020-06-26 06:00 ラブ
FILM
 好きな人や恋人ができるのは、本来とても幸せなことです。しかし、好きだからこそ嫉妬心が芽生え、苦しんでしまう人も少なくあ...
恋バナ調査隊 2020-06-26 06:00 ラブ