深夜いきなりアポも…イケメンからの“要注意LINE”の特徴3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-02-26 20:23
投稿日:2019-08-24 06:00
 イケメンは国宝、天然記念物。イケメンからのLINEは、たとえ目の前にそのイケメンがいるわけでもなくとも胸が高なるのが女子のサガです。
 ですが、イケメンのLINEにはいくつかの特徴があります。もちろんすべてのイケメンに当てはまるものではないかもしれませんが、こんなLINEがイケメンから来た時は要注意!なポイントをお教えします。イケメンからの地雷LINEは、あんまり本気にしちゃいけません……。

深夜の当日アポ…イケメンじゃなかったら迷惑行為!

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンは「当日アポイント」が得意な人が多いです。常にあちらへこちらへひっぱりだこなイケメンは、誘われる予定が多すぎるせいなのか、先の予定を明確に決めたがらないところがあります。マイペースな人も多く、自分が行動したいと思った瞬間に行動するので、迷惑な時間に当アポしてくるイケメンも。

 イケメンからの深夜の当日アポ、自分の予定次第ではもう布団に入ってスマホをいじっているタイミングでも、「ちょうど今ヒマしてた〜!」なんて返したくなってしまうかもしれませんが……イケメンのタイミングにこちらがコミットしてあげたところで、特に見返りはないので要注意です。

 イケメンからしたら何人か連絡したうちの一人でしかないので、タイミングが合っても「僕たちすごく、タイミングが合うね☆」なんてことにはなりません。その日のテンションであなたに連絡が来るだけなので、舞い上がって明日も早いのに遊んだりしたところで、イケメンが気に入ってくれるわけでもなんでもないのです……。

気が向いた時にしかLINEが来ない…

(C)コクハク
(C)コクハク

 イケメンにマイペースな人が多いのは、ある程度、傍若無人な態度を取っていても「顔の尊さ」ゆえにその態度を許されることが多いからでしょう。

 だからなのか、LINEの頻度も非常にマイペースなのがイケメンLINEの特徴。暇な時は秒速でLINEが返って来る時もありますが、そうかと思えば1、2カ月も未読スルーの末、やっとLINEが返ってくるなんてことも。

 久しぶりのLINEに喜んでしまう人も多いかもしれませんが、その喜びはイケメンからしたら「こいつ、ちょろいな〜」と思うまでのこと。だって長い間LINEをシカトしていたのに、起こられるどころか喜ばれるんですから。

 イケメンからの唐突なLINEに喜びすぎるのは、自分の価値を下げるだけです。冷静に返信し、その日の当アポに乗ったりしないようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ