社会人男性が「好印象」に感じる 女子からの今どきLINE4選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-18 06:00
投稿日:2019-06-18 06:00
 モテる女は、LINEもスマートなもの。恋愛経験豊富なモテ女は、LINE1通でもしっかりと好印象を持たせます。
 今回は東京のアラサー男性たちに、最近「好感が持てた女性からのLINE」を聞いてきました。

1. 顔文字や絵文字を真似するとかわいい

(C)コクハク
(C)コクハク

「付き合って3ヶ月の彼女が、僕が使う顔文字や絵文字をけっこう真似してLINEを返してくるんですよね。これが可愛くて…自分も返信に気を使わないし、身内ネタ感もあって好きです」(28歳・広告代理店)

 相手に気を使わせないLINEを演出するテクですね。彼氏の顔文字に加えて「♡」をつけてくるあたりも女子感が演出できていてさすがです。

2. 文字数やトピック数は相手に合わせる

(C)コクハク
(C)コクハク

「LINE無精の僕が、この子とだけはなぜかLINEが続くんだよなあっていう女の子がいて……。なんでか考えて見たんですが、そういえばこの子、いつも僕のLINEの長さになんとなく合わせてくれているような気がして。

 長いLINEはなんとなく返すのを後回しにしてしまうけど、この子のLINEはなぜか返しやすくて、いつの間にか返信率が上がってるんですよね」(26歳・サブスク関係)

 気になる人とくだらないLINEを続けたい時は、相手の熱量に合わせていくとカレからの返信率が上がるかも。男子たちが雑談LINEを切りたくなる一つの原因に、LINEが長引いていくうちにいつの間にかトピックがどんどん増えていくということもあるようです。

 短文な相手には短文LINEを。長文好きなカレなら長文でもいいのかもしれません。

3. モテる女はスタンプ重課金

(C)コクハク
(C)コクハク

「最近合コンで知り合った女の子、僕がなんとなく打ったスタンプに、同じ種類のスタンプを送り返してきてくれたんです。

 好きなバンドのスタンプだったので、こんなに偶然、趣味が合ったことにちょっと運命を感じてしまったというか……(笑)不覚ながら、ちょっと気になってしまいました」(28歳・バーテンダー)

 LINEのスタンプには意外とその人の価値観やセンスが出ます。好きなキャラだったり、かわいさや面白さに魅力を感じて購入していることが多い課金スタンプ。それがカブることで、なんとなく「趣味が合いそう」「価値観が似てそう」と思ってもらうことができそうです。

 高くても200円くらいなので、気になる人が使っているスタンプは即購入して真似してみてもいいかも?

4. 返信時間は1〜2時間後が好印象?

(C)コクハク
(C)コクハク

「返信の頻度って自分も悩む時あるけど、早すぎてもウザいし、遅すぎると忙しいのかな〜とか気を使うから、返す気失せちゃうんですよね。

 だから、1〜2時間後くらいにさくっとLINE返してくれる子が一番やり取りしててラクです。予定決めるのも間延びしないし、未読無視とかしないんだろうなと思って好印象」(25歳・印刷会社)

 10分以内の返信ばかり続けているのは、スマホ依存症みたいでちょっと微妙。でも社会人女子なら、連絡は間延びしすぎず、「気づいた時にサラリと返している」という感じが好印象です。そのジャストタイムが1〜2時間という時間のよう。

 相手の返す頻度に合わせるというのもアリですが、急かしている風を与えなければ、カレに返す時間の余裕を持たせて上げたほうがLINEしやすいと思ってもらえるよう。

  ◇  ◇  ◇

 リベラルな時代が来ても、やっぱり男子は自分を立ててくれる女子が好きなもの。

 LINEモテを狙うなら、文章やスタンプ、あらゆるものを利用してLINEも「カレに合わせにいく」のが、今どきなモテLINEといえるようです。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表の筆者にとって、今回のテーマはごく当たり前のことなの...
山崎世美子 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
「別れても元彼のことで頭がいっぱい......」「忘れられない……」など、辛い未練に苦しんだ経験がある女性も多いのではな...
恋バナ調査隊 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
 女性なら誰もが「素敵な恋愛をしたい」と、願っているでしょう。しかし、実際には仕事やプライベートが忙しく、恋愛に消極的に...
恋バナ調査隊 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 先月、「東大女子」を議題にある話題が世間を騒がせました。東京大学のサークルの中で、東大女子はサークル入部ができない「#...
ミクニシオリ 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ