社会人男性が「好印象」に感じる 女子からの今どきLINE4選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-18 06:00
投稿日:2019-06-18 06:00
 モテる女は、LINEもスマートなもの。恋愛経験豊富なモテ女は、LINE1通でもしっかりと好印象を持たせます。
 今回は東京のアラサー男性たちに、最近「好感が持てた女性からのLINE」を聞いてきました。

1. 顔文字や絵文字を真似するとかわいい

(C)コクハク
(C)コクハク

「付き合って3ヶ月の彼女が、僕が使う顔文字や絵文字をけっこう真似してLINEを返してくるんですよね。これが可愛くて…自分も返信に気を使わないし、身内ネタ感もあって好きです」(28歳・広告代理店)

 相手に気を使わせないLINEを演出するテクですね。彼氏の顔文字に加えて「♡」をつけてくるあたりも女子感が演出できていてさすがです。

2. 文字数やトピック数は相手に合わせる

(C)コクハク
(C)コクハク

「LINE無精の僕が、この子とだけはなぜかLINEが続くんだよなあっていう女の子がいて……。なんでか考えて見たんですが、そういえばこの子、いつも僕のLINEの長さになんとなく合わせてくれているような気がして。

 長いLINEはなんとなく返すのを後回しにしてしまうけど、この子のLINEはなぜか返しやすくて、いつの間にか返信率が上がってるんですよね」(26歳・サブスク関係)

 気になる人とくだらないLINEを続けたい時は、相手の熱量に合わせていくとカレからの返信率が上がるかも。男子たちが雑談LINEを切りたくなる一つの原因に、LINEが長引いていくうちにいつの間にかトピックがどんどん増えていくということもあるようです。

 短文な相手には短文LINEを。長文好きなカレなら長文でもいいのかもしれません。

3. モテる女はスタンプ重課金

(C)コクハク
(C)コクハク

「最近合コンで知り合った女の子、僕がなんとなく打ったスタンプに、同じ種類のスタンプを送り返してきてくれたんです。

 好きなバンドのスタンプだったので、こんなに偶然、趣味が合ったことにちょっと運命を感じてしまったというか……(笑)不覚ながら、ちょっと気になってしまいました」(28歳・バーテンダー)

 LINEのスタンプには意外とその人の価値観やセンスが出ます。好きなキャラだったり、かわいさや面白さに魅力を感じて購入していることが多い課金スタンプ。それがカブることで、なんとなく「趣味が合いそう」「価値観が似てそう」と思ってもらうことができそうです。

 高くても200円くらいなので、気になる人が使っているスタンプは即購入して真似してみてもいいかも?

4. 返信時間は1〜2時間後が好印象?

(C)コクハク
(C)コクハク

「返信の頻度って自分も悩む時あるけど、早すぎてもウザいし、遅すぎると忙しいのかな〜とか気を使うから、返す気失せちゃうんですよね。

 だから、1〜2時間後くらいにさくっとLINE返してくれる子が一番やり取りしててラクです。予定決めるのも間延びしないし、未読無視とかしないんだろうなと思って好印象」(25歳・印刷会社)

 10分以内の返信ばかり続けているのは、スマホ依存症みたいでちょっと微妙。でも社会人女子なら、連絡は間延びしすぎず、「気づいた時にサラリと返している」という感じが好印象です。そのジャストタイムが1〜2時間という時間のよう。

 相手の返す頻度に合わせるというのもアリですが、急かしている風を与えなければ、カレに返す時間の余裕を持たせて上げたほうがLINEしやすいと思ってもらえるよう。

  ◇  ◇  ◇

 リベラルな時代が来ても、やっぱり男子は自分を立ててくれる女子が好きなもの。

 LINEモテを狙うなら、文章やスタンプ、あらゆるものを利用してLINEも「カレに合わせにいく」のが、今どきなモテLINEといえるようです。

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ