社会人男性が「好印象」に感じる 女子からの今どきLINE4選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-18 06:00
投稿日:2019-06-18 06:00
 モテる女は、LINEもスマートなもの。恋愛経験豊富なモテ女は、LINE1通でもしっかりと好印象を持たせます。
 今回は東京のアラサー男性たちに、最近「好感が持てた女性からのLINE」を聞いてきました。

1. 顔文字や絵文字を真似するとかわいい

(C)コクハク
(C)コクハク

「付き合って3ヶ月の彼女が、僕が使う顔文字や絵文字をけっこう真似してLINEを返してくるんですよね。これが可愛くて…自分も返信に気を使わないし、身内ネタ感もあって好きです」(28歳・広告代理店)

 相手に気を使わせないLINEを演出するテクですね。彼氏の顔文字に加えて「♡」をつけてくるあたりも女子感が演出できていてさすがです。

2. 文字数やトピック数は相手に合わせる

(C)コクハク
(C)コクハク

「LINE無精の僕が、この子とだけはなぜかLINEが続くんだよなあっていう女の子がいて……。なんでか考えて見たんですが、そういえばこの子、いつも僕のLINEの長さになんとなく合わせてくれているような気がして。

 長いLINEはなんとなく返すのを後回しにしてしまうけど、この子のLINEはなぜか返しやすくて、いつの間にか返信率が上がってるんですよね」(26歳・サブスク関係)

 気になる人とくだらないLINEを続けたい時は、相手の熱量に合わせていくとカレからの返信率が上がるかも。男子たちが雑談LINEを切りたくなる一つの原因に、LINEが長引いていくうちにいつの間にかトピックがどんどん増えていくということもあるようです。

 短文な相手には短文LINEを。長文好きなカレなら長文でもいいのかもしれません。

3. モテる女はスタンプ重課金

(C)コクハク
(C)コクハク

「最近合コンで知り合った女の子、僕がなんとなく打ったスタンプに、同じ種類のスタンプを送り返してきてくれたんです。

 好きなバンドのスタンプだったので、こんなに偶然、趣味が合ったことにちょっと運命を感じてしまったというか……(笑)不覚ながら、ちょっと気になってしまいました」(28歳・バーテンダー)

 LINEのスタンプには意外とその人の価値観やセンスが出ます。好きなキャラだったり、かわいさや面白さに魅力を感じて購入していることが多い課金スタンプ。それがカブることで、なんとなく「趣味が合いそう」「価値観が似てそう」と思ってもらうことができそうです。

 高くても200円くらいなので、気になる人が使っているスタンプは即購入して真似してみてもいいかも?

4. 返信時間は1〜2時間後が好印象?

(C)コクハク
(C)コクハク

「返信の頻度って自分も悩む時あるけど、早すぎてもウザいし、遅すぎると忙しいのかな〜とか気を使うから、返す気失せちゃうんですよね。

 だから、1〜2時間後くらいにさくっとLINE返してくれる子が一番やり取りしててラクです。予定決めるのも間延びしないし、未読無視とかしないんだろうなと思って好印象」(25歳・印刷会社)

 10分以内の返信ばかり続けているのは、スマホ依存症みたいでちょっと微妙。でも社会人女子なら、連絡は間延びしすぎず、「気づいた時にサラリと返している」という感じが好印象です。そのジャストタイムが1〜2時間という時間のよう。

 相手の返す頻度に合わせるというのもアリですが、急かしている風を与えなければ、カレに返す時間の余裕を持たせて上げたほうがLINEしやすいと思ってもらえるよう。

  ◇  ◇  ◇

 リベラルな時代が来ても、やっぱり男子は自分を立ててくれる女子が好きなもの。

 LINEモテを狙うなら、文章やスタンプ、あらゆるものを利用してLINEも「カレに合わせにいく」のが、今どきなモテLINEといえるようです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ