お見合い結婚と恋愛結婚の違いは?メリットとデメリット比較

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-03 06:00
投稿日:2020-11-03 06:00
 “お見合い結婚”と聞くと、親が結婚の相手を決めるような封建的な結婚をイメージしがち。しかし、現代の日本のお見合い結婚は、もっとシステマチックになっているんです。この記事では、“お見合い結婚”と“恋愛結婚”の違いについて、掘り下げてみたいと思います。

昔の話じゃない! 現代版のお見合いとは?

お見合いもひとつのきっかけでしかない(写真:iStock)
お見合いもひとつのきっかけでしかない (写真:iStock)

 現代の“お見合い結婚”事情って、一体どうなっているのでしょう? まずは、さまざまな“お見合い”の形について、まとめてみました。

現代版のお見合い結婚とその流れ

 現代版の“お見合い”は、結婚相談所やマッチングアプリを利用したり、婚活パーティーに参加したり、親の紹介で食事会をしながら縁談をしたりするのが中心。どれも、誰かに強制されるような古風なイメージとはまったく違い、本人達の意思が尊重されます。

【結婚相談所の流れ】

 結婚相談所の場合は、会員登録して自分のプロフィールを記入し、職員に紹介される人や条件がマッチした人と面会を重ねていきます。お互いに相性が良ければお付き合いを開始して、半年ほどで結婚に結びつく流れになっているのがオーソドックスのよう。

 また、結婚相談所に登録をする時には、住所・年齢・学歴などはもちろん、年収や家族構成などを申告します。そのため、面会する前から相手をある程度条件で絞り込めるのがメリットでしょう。

【マッチングアプリの流れ】

 マッチングアプリの場合は自分で登録して、気になった相手とコミュニケーションを行い、出会いのきっかけにするもの。恋愛結婚のような流れを踏めるので、ある程度、異性とのコミュニケーションに慣れている人向けと言えそうです。

 結婚相談所と似たシステムではありますが、大きな違いは、登録している人が結婚を目的としているとは限らないこと。中には、既婚者ということを隠して、遊び目的の相手を探す人もいるようですので、注意が必要です。

昨今のお見合い事情は?(写真:iStock)
昨今のお見合い事情は? (写真:iStock)

【婚活パーティーの流れ】

 婚活パーティーは、お互いに恋人が欲しいと思っている男女が集まって一緒に交流する流れ。意外に思うかもしれませんが、自治体が主体となっている婚活事業もあるポピュラーな方法です。

 Webで「婚活パーティー+市町村名」で検索すれば、さまざまな催しがヒットするので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。真剣な出会いを求める男女が集まるため、カップルになるケースも多いようです。

【親の紹介で食事会】

 ひと昔前のお見合いと同じような段取りで、親同士の紹介での縁談もあります。しかし、現代の場合は親が強制力を持つことは少なく、お付き合いの際はお互いの意思が重要視されるようです。職場に異性がいない……など、これまで出会いの場がなかった方にとっては、貴重なきっかけになるでしょう。

お見合い結婚の割合・推移・離婚率

 昭和初期には、親の決めた相手と結婚する“お見合い結婚”が多数を占めていました。それが時代の流れと共に、“恋愛結婚”が主流の流れに変わっていき、2015年では恋愛結婚が87.7%を占めています。この時点でお見合い結婚は5.5%となり、少数派になっていることが伺えます。(参考:第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査))

 また、この調査のデータとは別に「お見合い結婚の離婚率は10%で、恋愛結婚の離婚率は40%」という数字が、お見合い業界での通説となっているようです。しかし、調べたところ、この数字は出典元が曖昧で正確なデータなのか定かではありませんでした。 

お見合い結婚と恋愛結婚はどちらが幸せ? それぞれのデメリット

婚前交渉は基本NG(写真:iStock)
婚前交渉は基本NG (写真:iStock)

 “お見合い結婚”と“恋愛結婚”、どちらを選べば幸せになれるのでしょうか? デメリットを比較してみました。

お見合い結婚のデメリット:婚前交渉できない

 お見合い結婚の一番のデメリットは、お付き合いの段階で婚前交渉できない場合があるということです。特に結婚相談所では、「真面目な交際」を掲げているところが多く、性的な目的での入会を防ぐために婚前交渉を禁止している場合も多数あります。女性にとっては「安心して使える」システムではありますが、実はこれが大きなデメリットになる可能性が……。

 恋愛結婚とは違って、性交渉のない状態でのお付き合いからの結婚となってしまうため、夫婦になり、いざ妊活を始めた時に困難に直面することもあるようです。離婚の原因に「性的不調和」がランクインすることもあるくらいなので、性に関しては背を向けずに向き合うことも必要なのかもしれません。

恋愛結婚のデメリット:結婚につながらない場合も

 恋愛結婚の大きなデメリットは、お互いの生き方を尊重するあまり、結婚につながらない場合もあるということです。たとえば、女性側は早く結婚したかったけれど、男性側はもっと安定してから結婚したいと思っている……など、考え方に差が出て別れてしまうケースも。

 これは当然仕方のないことではあるのですが、別れた後にとても傷つきますし、年齢を意識してお付き合いをしていた場合は時間が大きな痛手になります。

お互いの認識をすり合わせておくことが大切

 お見合い結婚を成功させるうえで、「恋愛感情をどの程度重視するかどうか」も重要なポイントになるのではないでしょうか。

 中には、たとえタイプではない相手だったとしても、お互いの理想とする生活や条件が一致していることで結婚へと向かうカップルもいます。しかし、どちらかが愛情を持った恋愛から結婚をしたいと思っているのに、相手が条件だけを見ていれば、うまくいかなくなる場合もあるでしょう。それこそが「相性」や「価値観」でもあるため、結婚前にお互いの認識をすり合わせておくと安心かもしれません。

 結婚とは、長い人生を共に過ごすパートナーを選ぶということ。苦楽を共にし、一緒に頑張っていこうと思える相手か、心地良い関係性が作れるかを見極めるのも大切です。

お見合いをきっかけに恋愛をして結婚をするのもあり!

結婚してからの方が大事だから…(写真:iStock)
結婚してからの方が大事だから… (写真:iStock)

「お見合い結婚”と“恋愛結婚”は、どちらがいいのか」とよく言われますが、正解はありません。もしも出会いがないと悩んでいるなら、「お見合いをきっかけに恋愛をして結婚をする」ということも、もちろん可能です。

 現代はさまざまなお見合い方法があるので、自分の理想と現実を見比べながら、かけがえのないパートナーを見つけられたらいいですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ