結婚相談所でうまくいかない女性が見直すべきポイント3つ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-03 06:00
投稿日:2019-04-03 06:00
 結婚相談所でありがちなのが、「お見合いをこなせばこなすほど、うまくいかない」という事態。結婚相談所のブラックホールにハマる前に、見直すべきポイントは何なのか、今一度考えてみましょう。

結婚相談所でうまくいかないなら、見直すべきポイント

条件は合ってるはずなのに(写真:iStock)
条件は合ってるはずなのに (写真:iStock)

 結婚相談所の1番のメリットは、初対面の男性に聞きづらい「年収、年齢、仕事、家庭環境、離婚歴」などのスペックを、会う前に知ることができること。

 条件を提示すれば、マッチングシステムによってふるいにかけられた男性と的確に会うことができるため、今すぐ結婚したい女性にとってはとても効率が良い気がします。

 でも、「互いに条件が合う」とAIに太鼓判を押されているにも関わらず、なぜうまくいかないのか、見直すべきポイントがあると思うのです。

誰もがいつかは老ける

 いざ、お見合いの申し込みがあり見てみると、いわゆる「おじさん」だということにがっかりする女性は多いようです。

 でも、申し込みをしてくれた男性は、女性が指定した条件に適合しているということを忘れてはいけません。会う気にもならない理由は1つ。ただ「見た目」だけ。他の条件はバッチリでも、見た目だけでムリだと判断しているのです。

 いつかは誰もが老けるのです。「見た目より中身」、よく言われる言葉ですが、ムリだと判断する前に、もう一度良いところやスペックの良さを確認してみましょう。

結婚相談所の3高男性には注意

 結婚相談所において注意が必要なのは、高学歴・高収入・高身長の「3高男性」に加えて、年齢が30〜40歳と、比較的「若い男性」。

 なぜなら、一般社会でモテない要素がないからです。なぜ、ハードルが高い結婚相談所にまで来ているのか、なぜ今まで独身なのか、謎ですよね。

 結婚相談所に登録している友人に聞いたところ、このような高スペックな男性には100人以上の女性が群がることが多いそう。中には、人気の状態を保ちながら1年以上結婚相談所に居座り続ける男性もいるのだとか。結婚相談所という狭い世界での「モテ」を楽しんでいるのかもしれませんね。

 いずれにせよ、数多くの女性から選ばれるというハードルの高さを考えると、そういった男性に時間をかける価値があるのか、見直した方が良いポイントかもしれません。

結婚相談所での出会いにドキドキ感を求めてはダメ

 男性と会ってみたものの「可もなく不可もなく」という感想で、真剣交際に辿り着かない方も多いでしょう。でも、「可もなく不可もなく」ということは、良くも悪くも「普通」だということ。普通の何がいけないのか?そこをもう一度考えるべきです。

 そんなあなたは、もしかしたら、「ドキドキ感」をお見合いに求めているのでは?

 そもそも、結婚相談所のメリットは、一般的な恋愛の「恋に落ち、どちらかが告白し、紆余曲折あり、その後結婚する」、この過程を一気に飛び越えて結婚が成立できることにあるのです。

 お見合いをした時にチェックすべきは「ドキドキ感を持てるか」ではなく、「データでは見ることができないその他の条件はどうか」。例えば、親の老後についてどう考えているのか、持ち家がある方なら自分の職場と近いか、一人暮らし経験はあるか、など。

 その結果、一緒に暮らせるか、良い夫&パパになりそうかどうか、などを判断することが大切ではないでしょうか。

もっと良い男性はいるかもしれないし、いないかもしれない

良いところを見つけていくことが大切(写真:iStock)
良いところを見つけていくことが大切 (写真:iStock)

 満を持して、結婚相談所の扉を叩いた友人がいます。話を聞けば聞くほど、結婚したい男女の気持ちと企業の利益がマッチしているシステムだなぁ、と思う今日この頃。

 でも、そんな彼女は未だ結婚相談所を卒業できていません。まさに結婚相談所のブラックホールにハマりつつあります。

 結婚相談所と一般的な恋愛との唯一の共通点は、「もっと良い男性はいるかもしれないし、いないかもしれない」ということ。

 粗探しをするのではなく、「自分が望むスペックを満たしているのだから、好きになれるように良いところを見よう」という考えを持つことが大切ではないかな?と、思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 大好きな彼氏と突然連絡が取れなくなったら、不安になってしまいますよね。この間会った時は普通に接していたのに……と、訳が...
孔井嘉乃 2019-11-20 06:00 ラブ
FILM
「美醜格差」という言葉が囁かれて久しい昨今、容姿の良さと性格の良悪に因果関係はあるのでしょうか。筆者自身、CA、モデル、...
蒼井凜花 2019-11-20 10:58 ラブ
FILM
「彼氏にするなら、頼り甲斐のある年上男性が良い!」そう思う女性は多いでしょう。でも、実は年下彼氏には良さがたくさんあるん...
FILM
 独身の人や婚活している人は、どうしても結婚がゴールというイメージになりがちですが、実は結婚してからの方が終わりなき長い...
田中絵音 2019-11-19 06:00 ラブ
FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ