LINEで好感度アップ♡ モテる女子が知っている“9つの法則”

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-05 06:00
投稿日:2020-11-05 06:00
 連絡ツールとして便利なLINEですが、男女間のLINEでは既読スルーや未読スルー、返信内容や送る頻度など、悩みがたくさんありますよね。実は、モテる女子はLINEを上手にフル活用して、男性からの好感度をアップしているんです。そこで今回は、そんな「LINEで好感度を上げる法則」についてご紹介します。

LINEで好感度アップ! モテる女子が知ってる法則9つ

法則1. 長くも短くもなく返信しやすい内容を送る

 同じLINEでも文章が長すぎると重く感じるし、短すぎると素っ気なく見えてしまうもの。顔の見えないツールだからこそ、関係性がそこまでできていないうちは慎重に送ることが肝心です。

 ベストなのは、ちょうど良い長さの文章で終わりに答えやすい疑問形が入っているLINEです。返信しやすいですし、テンポよく会話が進むことで「この子と気が合うな」と思ってもらえる可能性大ですよ♡

法則2. LINEのアイコンは自分アピールの場所

 モテる女子は、LINEのアイコンをフル活用しています。あえてナチュラルで自然体な写真をアイコンにしたり、お料理中の写真で家庭力をアピールしたり。また、普段の印象とは違ったギャップを狙うのもありでしょう。もし、今、適当に撮った写真を選んでいるのであれば、一度見直してみることをおすすめします。

法則3. 気遣いLINEは男心を鷲掴みにする

 男性は、気遣いのできる女性に弱いです。自分を気遣った内容のLINEが送られてくると「俺のことをよく見てくれている」「気遣いができる女性」といった印象を持つでしょう。

 外で戦う男性は、女性に癒され、優しく励まされたいもの。気遣いLINEは、そんな男性の心を鷲掴みにするのです。

法則4. スタンプの頻度は控えめに

 スタンプを使って楽しくクスッと笑えるようなLINEを送るのも良いですが、スタンプの連投に「どう返したらいいかわからない」「うざい」といった印象を持つ男性も多いようです。スタンプを送るなら、控えめにしましょう。

法則5. 敬語に少しタメ語を混ぜる

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 敬語で会話している相手には、LINEでは少しタメ語を混ぜるようにしてみましょう。堅苦しい雰囲気が緩和されて、一気に親近感がわきます。ただし、中には馴れ馴れしいと感じる男性もいるため、関係性ができてから使うようにするのがコツですよ。

法則6. できるだけ早く共通の話題を見つける

 LINEって、盛り上がる場合とそうでない場合がありますよね。モテる女子は、LINEを早く盛り上げて楽しいコミュニケーションができるように、共通の話題を見つけるのが得意です。

 食事や趣味、スポーツ、映画、小さい頃の話や出身地など、会話の端々から敏感に共通点を見つけ、LINEでその話題を投げかけるのです。心理学でも、共通点がある人には好意や親近感をもちやすいと言われているので、参考にしてみると良いですよ♪

法則7. 答えやすい相談で男性を頼る

 男性は、頼られるのが好きな人が多いです。そこで、相手が得意とする分野で、簡単に答えられそうな相談を持ちかけてみましょう。そして、教えてもらったら、しっかりと感謝を伝えます。得意分野の知識が役に立ち、なお且つ相手に感謝されて嫌な気持ちになる人はいないはずです。

法則8. 返信のテンポは相手に合わせる

 LINEでは、テンポ感も重要! LINEの返信頻度は、相手の生活習慣や性格によって異なります。LINEをしながら返信のペースを感じ取って、相手に合わせて返信するようにしましょう。

 こうすることで好感度もアップしますし、LINEを負担に感じさせません。気軽にLINEのやりとりができる仲になれるはずですよ。

法則9. 楽しさを伝える

 彼とのLINEが楽しいと感じたら、素直にそのことを伝えましょう。心理学でも、「好意の返報性」といって、好意をもらった人には同じ好意を持って返したくなる効果が得られるそうです。

 好感度アップはもちろん、男性に意識してもらえる確率が高まるでしょう。もしかしたら恋心が芽生えるかもしれませんよね。これも、モテる女子が自然にしているテクニックです。

LINEを上手に活用して好感度をアップしよう♡

LINEテクで意中の彼のハートをゲット♡(写真:iStock)
LINEテクで意中の彼のハートをゲット♡ (写真:iStock)

 たかがLINE、されどLINE。ちょっとしたことが、人の好感度に大きく影響するのです。ぜひこの記事を参考にしながら、相手が笑顔になるような素敵なやりとりをして好感度をアップさせてくださいね♡

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ