LINEで好感度アップ♡ モテる女子が知っている“9つの法則”

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-05 06:00
投稿日:2020-11-05 06:00
 連絡ツールとして便利なLINEですが、男女間のLINEでは既読スルーや未読スルー、返信内容や送る頻度など、悩みがたくさんありますよね。実は、モテる女子はLINEを上手にフル活用して、男性からの好感度をアップしているんです。そこで今回は、そんな「LINEで好感度を上げる法則」についてご紹介します。

LINEで好感度アップ! モテる女子が知ってる法則9つ

法則1. 長くも短くもなく返信しやすい内容を送る

 同じLINEでも文章が長すぎると重く感じるし、短すぎると素っ気なく見えてしまうもの。顔の見えないツールだからこそ、関係性がそこまでできていないうちは慎重に送ることが肝心です。

 ベストなのは、ちょうど良い長さの文章で終わりに答えやすい疑問形が入っているLINEです。返信しやすいですし、テンポよく会話が進むことで「この子と気が合うな」と思ってもらえる可能性大ですよ♡

法則2. LINEのアイコンは自分アピールの場所

 モテる女子は、LINEのアイコンをフル活用しています。あえてナチュラルで自然体な写真をアイコンにしたり、お料理中の写真で家庭力をアピールしたり。また、普段の印象とは違ったギャップを狙うのもありでしょう。もし、今、適当に撮った写真を選んでいるのであれば、一度見直してみることをおすすめします。

法則3. 気遣いLINEは男心を鷲掴みにする

 男性は、気遣いのできる女性に弱いです。自分を気遣った内容のLINEが送られてくると「俺のことをよく見てくれている」「気遣いができる女性」といった印象を持つでしょう。

 外で戦う男性は、女性に癒され、優しく励まされたいもの。気遣いLINEは、そんな男性の心を鷲掴みにするのです。

法則4. スタンプの頻度は控えめに

 スタンプを使って楽しくクスッと笑えるようなLINEを送るのも良いですが、スタンプの連投に「どう返したらいいかわからない」「うざい」といった印象を持つ男性も多いようです。スタンプを送るなら、控えめにしましょう。

法則5. 敬語に少しタメ語を混ぜる

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 敬語で会話している相手には、LINEでは少しタメ語を混ぜるようにしてみましょう。堅苦しい雰囲気が緩和されて、一気に親近感がわきます。ただし、中には馴れ馴れしいと感じる男性もいるため、関係性ができてから使うようにするのがコツですよ。

法則6. できるだけ早く共通の話題を見つける

 LINEって、盛り上がる場合とそうでない場合がありますよね。モテる女子は、LINEを早く盛り上げて楽しいコミュニケーションができるように、共通の話題を見つけるのが得意です。

 食事や趣味、スポーツ、映画、小さい頃の話や出身地など、会話の端々から敏感に共通点を見つけ、LINEでその話題を投げかけるのです。心理学でも、共通点がある人には好意や親近感をもちやすいと言われているので、参考にしてみると良いですよ♪

法則7. 答えやすい相談で男性を頼る

 男性は、頼られるのが好きな人が多いです。そこで、相手が得意とする分野で、簡単に答えられそうな相談を持ちかけてみましょう。そして、教えてもらったら、しっかりと感謝を伝えます。得意分野の知識が役に立ち、なお且つ相手に感謝されて嫌な気持ちになる人はいないはずです。

法則8. 返信のテンポは相手に合わせる

 LINEでは、テンポ感も重要! LINEの返信頻度は、相手の生活習慣や性格によって異なります。LINEをしながら返信のペースを感じ取って、相手に合わせて返信するようにしましょう。

 こうすることで好感度もアップしますし、LINEを負担に感じさせません。気軽にLINEのやりとりができる仲になれるはずですよ。

法則9. 楽しさを伝える

 彼とのLINEが楽しいと感じたら、素直にそのことを伝えましょう。心理学でも、「好意の返報性」といって、好意をもらった人には同じ好意を持って返したくなる効果が得られるそうです。

 好感度アップはもちろん、男性に意識してもらえる確率が高まるでしょう。もしかしたら恋心が芽生えるかもしれませんよね。これも、モテる女子が自然にしているテクニックです。

LINEを上手に活用して好感度をアップしよう♡

LINEテクで意中の彼のハートをゲット♡(写真:iStock)
LINEテクで意中の彼のハートをゲット♡ (写真:iStock)

 たかがLINE、されどLINE。ちょっとしたことが、人の好感度に大きく影響するのです。ぜひこの記事を参考にしながら、相手が笑顔になるような素敵なやりとりをして好感度をアップさせてくださいね♡

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ