結婚3年目の大ゲンカ、病院&実家避難も元夫のもとに帰った。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-27 18:14
投稿日:2020-10-20 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」連載です。

手を上げられても元夫との自宅に戻った理由

離婚そして、永すぎた春
離婚そして、永すぎた春

case2-2.椎名さとみさん(仮名/50歳)

 前回に続き今回もお話を伺った椎名さとみさんは、46歳で再婚。23歳のときの初婚相手である、大澄賢也さんを垂れ目にしたような感じの顔立ちの元夫と結婚3年目に大ゲンカをします。

 つかみ合いのケンカになり、“偶然”元夫の手がさとみさんの顔に当たったとのこと。さとみさんの鼻は曲がってみるみる腫れ上がるほどの惨事だったにもかかわらず、病院にもついてこず、謝罪もなく。

 そういった元夫の態度を目の当たりにして自宅に戻る気になれず、実家に帰ったときも先方から一度も連絡はなかったそうです。それでもみずから、元夫との自宅に帰った事情とはーー。

離婚を決意→独り立ちするには経済力が必要

夫には寝耳に水だった別れ話(写真:iStock)
夫には寝耳に水だった別れ話 (写真:iStock)

 当時、私は子どもがほしかったので、仕事をセーブしていたんです。家に戻ると決めた時点で彼への愛情は薄れていて離婚をしたかったのですが、離婚をするには独り立ちできる経済力が必要です。

 実家にずっとい続けるわけにはいかないので一度帰り、仕事に現役復帰しつつ、貯蓄を始めました。本格的に働き始めても、私のほうが家事分担は多めなので大変ではありましたが。

 結婚当初はどちらかの誕生日は別として、お金はある方が出す。家事は折半の予定でした。ですが仕事をセーブしたことで、なる予定のなかった専業主婦状態になったんです。1年間ほど家にいたので家事を担当していたら、その習慣が定着した、という感じでしょうか」

 その後、さとみさんは黙々と計画を実行。大ゲンカ後の2年後、結婚5年目に自分から離婚の意思を伝えたそうです。

「一緒にごはんを食べて楽しく笑い合うでもなく、冷めた雰囲気が漂っていたはずなのに、彼にとっては寝耳に水だったようです。私は逆に、『なぜ気づかなかったの!?』と思いました。

 そのとき初めて、3年前の大ゲンカで気持ちが冷めたことを打ち明けたんです。『病院についてきてほしかった。一言でいいから、ごめんねと言ってほしかった。その一言があれば、今が違っていたのに』と。

 私も働いているので、男性が働く大変さは理解しているつもりです。元夫は、仕事で疲れて話し合いを面倒くさいと思い、逃げていたのでしょう。私が戻った当日から何事もなかったかのようにお互い過ごしていたので、いつか自然に関係は修復できると考えていたのかもしれません。

 元夫は、私が本心を伝えて初めて、私の3年前の状況を慮(おもんぱか)ったようです。『別れたくない』と言われましたが、気持ちが戻らず私が28歳のときに離婚しました」

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ