結婚3年目の大ゲンカ、病院&実家避難も元夫のもとに帰った。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-27 18:14
投稿日:2020-10-20 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」連載です。

手を上げられても元夫との自宅に戻った理由

離婚そして、永すぎた春
離婚そして、永すぎた春

case2-2.椎名さとみさん(仮名/50歳)

 前回に続き今回もお話を伺った椎名さとみさんは、46歳で再婚。23歳のときの初婚相手である、大澄賢也さんを垂れ目にしたような感じの顔立ちの元夫と結婚3年目に大ゲンカをします。

 つかみ合いのケンカになり、“偶然”元夫の手がさとみさんの顔に当たったとのこと。さとみさんの鼻は曲がってみるみる腫れ上がるほどの惨事だったにもかかわらず、病院にもついてこず、謝罪もなく。

 そういった元夫の態度を目の当たりにして自宅に戻る気になれず、実家に帰ったときも先方から一度も連絡はなかったそうです。それでもみずから、元夫との自宅に帰った事情とはーー。

離婚を決意→独り立ちするには経済力が必要

夫には寝耳に水だった別れ話(写真:iStock)
夫には寝耳に水だった別れ話 (写真:iStock)

 当時、私は子どもがほしかったので、仕事をセーブしていたんです。家に戻ると決めた時点で彼への愛情は薄れていて離婚をしたかったのですが、離婚をするには独り立ちできる経済力が必要です。

 実家にずっとい続けるわけにはいかないので一度帰り、仕事に現役復帰しつつ、貯蓄を始めました。本格的に働き始めても、私のほうが家事分担は多めなので大変ではありましたが。

 結婚当初はどちらかの誕生日は別として、お金はある方が出す。家事は折半の予定でした。ですが仕事をセーブしたことで、なる予定のなかった専業主婦状態になったんです。1年間ほど家にいたので家事を担当していたら、その習慣が定着した、という感じでしょうか」

 その後、さとみさんは黙々と計画を実行。大ゲンカ後の2年後、結婚5年目に自分から離婚の意思を伝えたそうです。

「一緒にごはんを食べて楽しく笑い合うでもなく、冷めた雰囲気が漂っていたはずなのに、彼にとっては寝耳に水だったようです。私は逆に、『なぜ気づかなかったの!?』と思いました。

 そのとき初めて、3年前の大ゲンカで気持ちが冷めたことを打ち明けたんです。『病院についてきてほしかった。一言でいいから、ごめんねと言ってほしかった。その一言があれば、今が違っていたのに』と。

 私も働いているので、男性が働く大変さは理解しているつもりです。元夫は、仕事で疲れて話し合いを面倒くさいと思い、逃げていたのでしょう。私が戻った当日から何事もなかったかのようにお互い過ごしていたので、いつか自然に関係は修復できると考えていたのかもしれません。

 元夫は、私が本心を伝えて初めて、私の3年前の状況を慮(おもんぱか)ったようです。『別れたくない』と言われましたが、気持ちが戻らず私が28歳のときに離婚しました」

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ