結婚3年目の大ゲンカ、病院&実家避難も元夫のもとに帰った。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-27 18:14
投稿日:2020-10-20 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」連載です。

手を上げられても元夫との自宅に戻った理由

離婚そして、永すぎた春
離婚そして、永すぎた春

case2-2.椎名さとみさん(仮名/50歳)

 前回に続き今回もお話を伺った椎名さとみさんは、46歳で再婚。23歳のときの初婚相手である、大澄賢也さんを垂れ目にしたような感じの顔立ちの元夫と結婚3年目に大ゲンカをします。

 つかみ合いのケンカになり、“偶然”元夫の手がさとみさんの顔に当たったとのこと。さとみさんの鼻は曲がってみるみる腫れ上がるほどの惨事だったにもかかわらず、病院にもついてこず、謝罪もなく。

 そういった元夫の態度を目の当たりにして自宅に戻る気になれず、実家に帰ったときも先方から一度も連絡はなかったそうです。それでもみずから、元夫との自宅に帰った事情とはーー。

離婚を決意→独り立ちするには経済力が必要

夫には寝耳に水だった別れ話(写真:iStock)
夫には寝耳に水だった別れ話 (写真:iStock)

 当時、私は子どもがほしかったので、仕事をセーブしていたんです。家に戻ると決めた時点で彼への愛情は薄れていて離婚をしたかったのですが、離婚をするには独り立ちできる経済力が必要です。

 実家にずっとい続けるわけにはいかないので一度帰り、仕事に現役復帰しつつ、貯蓄を始めました。本格的に働き始めても、私のほうが家事分担は多めなので大変ではありましたが。

 結婚当初はどちらかの誕生日は別として、お金はある方が出す。家事は折半の予定でした。ですが仕事をセーブしたことで、なる予定のなかった専業主婦状態になったんです。1年間ほど家にいたので家事を担当していたら、その習慣が定着した、という感じでしょうか」

 その後、さとみさんは黙々と計画を実行。大ゲンカ後の2年後、結婚5年目に自分から離婚の意思を伝えたそうです。

「一緒にごはんを食べて楽しく笑い合うでもなく、冷めた雰囲気が漂っていたはずなのに、彼にとっては寝耳に水だったようです。私は逆に、『なぜ気づかなかったの!?』と思いました。

 そのとき初めて、3年前の大ゲンカで気持ちが冷めたことを打ち明けたんです。『病院についてきてほしかった。一言でいいから、ごめんねと言ってほしかった。その一言があれば、今が違っていたのに』と。

 私も働いているので、男性が働く大変さは理解しているつもりです。元夫は、仕事で疲れて話し合いを面倒くさいと思い、逃げていたのでしょう。私が戻った当日から何事もなかったかのようにお互い過ごしていたので、いつか自然に関係は修復できると考えていたのかもしれません。

 元夫は、私が本心を伝えて初めて、私の3年前の状況を慮(おもんぱか)ったようです。『別れたくない』と言われましたが、気持ちが戻らず私が28歳のときに離婚しました」

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ