ホストとはここが違う!“出張ホスト”にハマるとどうなるの?

内藤みか 作家
更新日:2020-10-22 06:00
投稿日:2020-10-22 06:00
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をしてくれる出張ホストへと流れているようです。出張ホストにハマると、どんなことが起きるのかをお伝えします。

マンツーマンでのサービス

ふたりっきり(写真:iStock)
ふたりっきり (写真:iStock)

 出張ホストは、女性客と1対1でサービスを行うのが基本です。ホストクラブと違い、密状態にならないことに安心感があるのか、近ごろ人気が急上昇し、新しい運営サイトもどんどん出現しています。

 この人気に加え、コロナ感染対策のために、1日に1人しか予約を受けなくなった出張ホストもいるため、ランキングに入るような人気出張ホストの中にはすぐ満員になり、予約が取りづらい状況になっている人も。指名する女性客が増えたうえに予約できる数が減ったので、なかなか会えない状況になっているのです。

シャンパンの代わりは……?

シャンパンタワーはもう古い?(写真:iStock)
シャンパンタワーはもう古い? (写真:iStock)

 ホストにハマると、シャンパンやシャンパンタワーという、わかりやすいアイテムで愛情表現をすることができます。そして他の女性客と貢いだ額の勝ち負けも争いやすいのです。けれど出張ホストにはそれらがありません。どのようにして女性客は愛情表現をしているのでしょうか。

 出張ホストサイトの中には、ホストにアイテムをプレゼントすることで愛情を伝えられるところもあります。けれどアイテムはそれほど高額ではなく、どちらかというと動画配信者が配信中にもらうアイテムと似たような感覚のものなので、大金を貢いだという感じにはなりません。

高額の予約が必要に……

そりゃ稼げるほうを選ぶよね(写真:iStock)
そりゃ稼げるほうを選ぶよね (写真:iStock)

 では出張ホストは、ホストより安く遊べるのでしょうか。それは少し違います。人気の出張ホストの場合、予約枠の奪い合いが起き、その枠を勝ち取るために、より高額の予約を入れるようになるからです。

 多くの出張ホストの場合、予約を受ける受けないは出張ホスト本人が判断しています。たとえば同じ日に複数の予約が入った場合、先着順ではなく、より高額を払ってくれるお客様を優先することもあるでしょう。2時間の指名と8時間の指名だったら8時間のほうが稼げるからです。

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ