群れない一匹狼女子がモテる理由5つ♡ “ぼっち”とは違う?

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-11-15 06:00
投稿日:2020-11-15 06:00
 似た髪型や服装、メイクの「量産系女子」なんて言葉が流行っていますよね。このように、女性はなにかと「みんなと同じ」を好み、コミュニティを作りたがる習性があるそう。でも、中には、ひとり行動をしたがる「一匹狼女子」がいます。実は、この一匹狼女子って、意外にも男性にモテるんですよ。そんな彼女たちには、どんな魅力があるのかを見ていきましょう。

「一匹狼」ってどういう意味?「ぼっち」との違い

ひとりでも気にしない(写真:iStock)
ひとりでも気にしない (写真:iStock)

「一匹狼(いっぴきおおかみ)」とは、基本的に群れで行動する狼が、新しい群れを作る時に一匹だけ離れて行動することに由来した言葉です。人間の世界では、集団に属さずに自ら単独行動をとる人のことを指します。

「ひとりぼっち」との違い

「一匹狼」と似たような言葉に、「ひとりぼっち」があります。この二つの言葉の大きな違いは、自発的にひとりになっているかどうかでしょう。

 一匹狼は基本的に属する群れを持っていますが、ひとりぼっちは本当に一人きりの状態。単独行動をしているという状態は同じでも、一匹狼のほうがポジティブな印象ですね。

真逆な「量産系女子」

「一匹狼女子」と真逆なのは、「量産系女子」でしょう。彼女たちはメイクやファッションだけではなく仲間との連帯感を大切にしているため、みんなと同じであることに安心感を覚えます。本心はどうあれ「浮いてしまうのが怖い」と、人に合わせて行動をしてしまう人もいるようです。

あなたはどう? 一匹狼女子の5つの特徴

ファッションも自分目線で(写真:iStock)
ファッションも自分目線で (写真:iStock)

 他人の評価を気にせず、媚びない群れない「一匹狼女子」をかっこいいと思う女性は多いです。彼女たちに共通する特徴を見ていきましょう。

1. 自立心が強い

 一匹狼女子の大きな特徴は、自立心が強いこと。どんなことに対しても自分の力で乗り切ろうとするため、ストイックで努力家なのも魅力です。

 逆を返せば「甘え下手」でもありますが、そんな自分の生き方に自信や誇りを持っているため、仕事などにも常にポジティブに取り組みます。周りからの信頼も厚いでしょう。

2. 束縛を嫌う

 男女共に、恋人関係になると相手への束縛心を持つ人は多いですが、一匹狼女子は束縛を嫌がる習性があります。いつでもべったりする関係ではなく、ひとりの時間を大切にできる自立した恋愛を望むのです。

 また、これは女性同士の関係でも言えること。「友人だからいつでも一緒」という考えを、あまり好みません。

3. いつでも自分で判断する

 一匹狼女子は、たとえ周りが「白」と言っても、自分が「黒」だと思えば、その意見を曲げません。感じたまま、いつでも自分で判断するのです。

 そんな一面から「とっつきにくい人」だと判断されてしまうこともありますが、やるべきことはきちんとこなすため、評判が悪いわけではありません。

4.「ひとりぼっち」を気にしない

 多くの女性が苦手とする「ひとりぼっち」ですが、そもそも一匹狼女子は自発的に一人でいることを選んでいるので気にしません。女性同士の会話が面倒だと思えば、その場をさっと立つことも厭わないのです。

 そんな一匹狼女子体質は、ファッションにも反映されます。トレンドよりも、「自分に似合う」と思えるファッションを好んで身に着けるため、周りの女性とは一味違う魅力を持っています。

5. 仲間思いな一面がある

 一匹狼女子は、基本的には他人に興味を持ちません。そのため、どうでも良い噂話などに加わらない傾向にあります。

 冷めた人間に思われがちですが、実は仲間だと判断した人には、どこまでも忠実に心を開いて接するという一面も。困った時には、心強い味方となってくれるでしょう。

一匹狼女子がモテるのはなぜ? 5つの理由

打ち解けると可愛いところも(写真:iStock)
打ち解けると可愛いところも (写真:iStock)

 クールでに見られがちな「一匹狼女子」ですが、男性人気は高いよう。そこには、5つの理由がありました。ひとつずつチェックしていきましょう。

1. ギャップがプラスに働く

 一匹狼女子の第一印象は、「冷たそう」「暗そう」など、どちらかといえばマイナスイメージ。でも、ふとした時に見せるギャップを見て、ドキっとしてしまう男性も多いです。

 一般的に、「真面目そうなのに、実はフランク」「可愛いのに、しっかりしている」などのギャップは、恋愛においては有利に働くもの。普段、飄々としている一匹狼女子は、その分、ギャップ効果が倍増するはずです。

2. 個性が際立つ

「量産系女子」ではないですが、メイクやファッションだけではなく、イマドキの流行りを追っていると、自然と個性がなくなってしまいます。

 その点、一匹狼女子は自分が好きなもの、自分に似合うものを独自のセンスで嗅ぎ分けることができるため、個性が際立っています。これにより、初めて会った人に覚えてもらいやすくなったり、意識してもらえる確率が高まるのでしょう。

3. 心を許した人には一途に接する

 一人を好む一匹狼女子は、よく知らない人に対しては警戒心をあらわにします。しかし、心を許した人には一転して一途に接するのもモテる理由。

 男性は、「ほかの人には馴れ馴れしくしないのに、自分にだけ愛嬌が良い」のような“特別扱い”を好む傾向にあるため、そんな態度を見てキュンとくるのでしょう。

4. 男性に依存をしない

 自立心が強い一匹狼女子は、男性への依存心があまりありません。女性に寄りかかられると逃げたくなる男性は多いですが、経済的にも精神的にもひとり立ちをしている一匹狼女子のそういった態度に惹かれてしまうのも分かる気がしますね。

 支え合って生きていける関係を想像できるため、将来を見据えたお付き合いをしたいと思う男性も多いようです。

5. ミステリアスに映る

 さっきまでそこにいたと思ったのに、いつの間にかいなくなってしまう一匹狼女子。自らの恋愛や家族などのプライベートな話題を持ち出さないため、付き合いが長くなっても「そういえば、どこに住んでるんだっけ?」など、知らない部分をたくさん持っています。

 男性からするとそれがミステリアスに見えて、「もっと知りたい」と意識してしまうようです。

一匹狼女子にあなたもなる? 性別問わず人気の存在に♡

ひとりで立てる女性になりたい(写真:iStock)
ひとりで立てる女性になりたい (写真:iStock)

 クールで孤高の人のようにも思える「一匹狼女子」ですが、女性からは憧れの的であったり、男性からすると魅惑的に見えたりと、実は性別問わず人気の存在。

 そんな一匹狼女子に誰でもなれるか?というと、それは、もともとの性格もあるため、一概にそうとは言えません。ただ、大人になると、時にあえて群れないことが必要だったりもするため、一匹狼女子の生き方は参考になるはずです。

 ぜひ、一匹狼女子の特徴を捉えて、あなたの恋愛や私生活に活かしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ