群れない一匹狼女子がモテる理由5つ♡ “ぼっち”とは違う?

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-11-15 06:00
投稿日:2020-11-15 06:00
 似た髪型や服装、メイクの「量産系女子」なんて言葉が流行っていますよね。このように、女性はなにかと「みんなと同じ」を好み、コミュニティを作りたがる習性があるそう。でも、中には、ひとり行動をしたがる「一匹狼女子」がいます。実は、この一匹狼女子って、意外にも男性にモテるんですよ。そんな彼女たちには、どんな魅力があるのかを見ていきましょう。

「一匹狼」ってどういう意味?「ぼっち」との違い

「一匹狼(いっぴきおおかみ)」とは、基本的に群れで行動する狼が、新しい群れを作る時に一匹だけ離れて行動することに由来した言葉です。人間の世界では、集団に属さずに自ら単独行動をとる人のことを指します。

「ひとりぼっち」との違い

「一匹狼」と似たような言葉に、「ひとりぼっち」があります。この二つの言葉の大きな違いは、自発的にひとりになっているかどうかでしょう。

 一匹狼は基本的に属する群れを持っていますが、ひとりぼっちは本当に一人きりの状態。単独行動をしているという状態は同じでも、一匹狼のほうがポジティブな印象ですね。

真逆な「量産系女子」

「一匹狼女子」と真逆なのは、「量産系女子」でしょう。彼女たちはメイクやファッションだけではなく仲間との連帯感を大切にしているため、みんなと同じであることに安心感を覚えます。本心はどうあれ「浮いてしまうのが怖い」と、人に合わせて行動をしてしまう人もいるようです。

あなたはどう? 一匹狼女子の5つの特徴

 他人の評価を気にせず、媚びない群れない「一匹狼女子」をかっこいいと思う女性は多いです。彼女たちに共通する特徴を見ていきましょう。

1. 自立心が強い

 一匹狼女子の大きな特徴は、自立心が強いこと。どんなことに対しても自分の力で乗り切ろうとするため、ストイックで努力家なのも魅力です。

 逆を返せば「甘え下手」でもありますが、そんな自分の生き方に自信や誇りを持っているため、仕事などにも常にポジティブに取り組みます。周りからの信頼も厚いでしょう。

2. 束縛を嫌う

 男女共に、恋人関係になると相手への束縛心を持つ人は多いですが、一匹狼女子は束縛を嫌がる習性があります。いつでもべったりする関係ではなく、ひとりの時間を大切にできる自立した恋愛を望むのです。

 また、これは女性同士の関係でも言えること。「友人だからいつでも一緒」という考えを、あまり好みません。

3. いつでも自分で判断する

 一匹狼女子は、たとえ周りが「白」と言っても、自分が「黒」だと思えば、その意見を曲げません。感じたまま、いつでも自分で判断するのです。

 そんな一面から「とっつきにくい人」だと判断されてしまうこともありますが、やるべきことはきちんとこなすため、評判が悪いわけではありません。

4.「ひとりぼっち」を気にしない

 多くの女性が苦手とする「ひとりぼっち」ですが、そもそも一匹狼女子は自発的に一人でいることを選んでいるので気にしません。女性同士の会話が面倒だと思えば、その場をさっと立つことも厭わないのです。

 そんな一匹狼女子体質は、ファッションにも反映されます。トレンドよりも、「自分に似合う」と思えるファッションを好んで身に着けるため、周りの女性とは一味違う魅力を持っています。

5. 仲間思いな一面がある

 一匹狼女子は、基本的には他人に興味を持ちません。そのため、どうでも良い噂話などに加わらない傾向にあります。

 冷めた人間に思われがちですが、実は仲間だと判断した人には、どこまでも忠実に心を開いて接するという一面も。困った時には、心強い味方となってくれるでしょう。

一匹狼女子がモテるのはなぜ? 5つの理由

 クールでに見られがちな「一匹狼女子」ですが、男性人気は高いよう。そこには、5つの理由がありました。ひとつずつチェックしていきましょう。

1. ギャップがプラスに働く

 一匹狼女子の第一印象は、「冷たそう」「暗そう」など、どちらかといえばマイナスイメージ。でも、ふとした時に見せるギャップを見て、ドキっとしてしまう男性も多いです。

 一般的に、「真面目そうなのに、実はフランク」「可愛いのに、しっかりしている」などのギャップは、恋愛においては有利に働くもの。普段、飄々としている一匹狼女子は、その分、ギャップ効果が倍増するはずです。

2. 個性が際立つ

「量産系女子」ではないですが、メイクやファッションだけではなく、イマドキの流行りを追っていると、自然と個性がなくなってしまいます。

 その点、一匹狼女子は自分が好きなもの、自分に似合うものを独自のセンスで嗅ぎ分けることができるため、個性が際立っています。これにより、初めて会った人に覚えてもらいやすくなったり、意識してもらえる確率が高まるのでしょう。

3. 心を許した人には一途に接する

 一人を好む一匹狼女子は、よく知らない人に対しては警戒心をあらわにします。しかし、心を許した人には一転して一途に接するのもモテる理由。

 男性は、「ほかの人には馴れ馴れしくしないのに、自分にだけ愛嬌が良い」のような“特別扱い”を好む傾向にあるため、そんな態度を見てキュンとくるのでしょう。

4. 男性に依存をしない

 自立心が強い一匹狼女子は、男性への依存心があまりありません。女性に寄りかかられると逃げたくなる男性は多いですが、経済的にも精神的にもひとり立ちをしている一匹狼女子のそういった態度に惹かれてしまうのも分かる気がしますね。

 支え合って生きていける関係を想像できるため、将来を見据えたお付き合いをしたいと思う男性も多いようです。

5. ミステリアスに映る

 さっきまでそこにいたと思ったのに、いつの間にかいなくなってしまう一匹狼女子。自らの恋愛や家族などのプライベートな話題を持ち出さないため、付き合いが長くなっても「そういえば、どこに住んでるんだっけ?」など、知らない部分をたくさん持っています。

 男性からするとそれがミステリアスに見えて、「もっと知りたい」と意識してしまうようです。

一匹狼女子にあなたもなる? 性別問わず人気の存在に♡

 クールで孤高の人のようにも思える「一匹狼女子」ですが、女性からは憧れの的であったり、男性からすると魅惑的に見えたりと、実は性別問わず人気の存在。

 そんな一匹狼女子に誰でもなれるか?というと、それは、もともとの性格もあるため、一概にそうとは言えません。ただ、大人になると、時にあえて群れないことが必要だったりもするため、一匹狼女子の生き方は参考になるはずです。

 ぜひ、一匹狼女子の特徴を捉えて、あなたの恋愛や私生活に活かしてくださいね♡

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?