やっぱり脈なし?男性が“恋愛対象外”の女性に送るLINE4選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-10 06:00
投稿日:2020-11-10 06:00
 気になる男性とLINEを交換したのはいいものの、その後のやりとりに脈が感じられないことってありますよね。実は、男性は「恋愛対象外」の女性に対して、わかりやすくサインを出していることがあります。そこで今回は、そんな男性から送られるLINEパターンについてご紹介します!

脈なしかも…男性が「恋愛対象外」の女性に送るLINE4選

1. 約束しようとしても日程が決まらない

 恋愛対象外の女性に対して、男性はとても冷たい態度をとりがち。特に、次のデートに誘おうと日程を決めようとしても、「確認しておく!」などの返信ばかりでなかなか予定が立てられない場合は要注意です。

 ここで押しすぎると男性に引かれてしまうこともあるため、しばらくLINE連絡は控えめにしておきましょう。

2. ドタキャンが多い

 予定を立てていたのにドタキャンされる状況が続いているなら、脈なしと考えていいかもしれません。そもそも、あなたに対して恋愛感情を持っているなら、その予定を忘れるはずはありませんし、どうしても忙しい場合には違う日程に変更できるかを聞いてくるでしょう。

 こういった場合には、あまりしつこく誘わず、「忙しいなら、時間ができた時にまた!」など気遣いを見せて、様子を見ましょう。

3. 未読スルー・既読スルー

 未読スルーや既読スルーが続く場合、あなたはその男性にとって恋愛対象外である可能性が高いかもしれません。未読スルーの場合は、「既読」にすると返信をしないといけないというプレッシャーから、LINEを開くのが面倒になっているだけの可能性も。

 また、既読スルーの場合は見ているにも関わらず返信をしていないので、少なくともあなたに気があるとは考えづらいでしょう。LINEの頻度を少なくして、返しやすいLINEをたまに送る程度にしましょう。

4. LINEが続かなくなった

 LINEでずっとやりとりをしていたのに、ある時からLINEが続かなくなってしまった場合には、何らかの原因で「恋愛対象外」になってしまった可能性があります。もともと相手はLINEが苦手ではないはずなので、たとえば「彼女ができた」「なにか気に入らないことをあなたが言ってしまった」などの理由があるのかもしれません。

 ここでも、押しすぎるのはNG。男性を気遣ったLINEを時々送る程度にするのが良いと思います。

恋愛対象外ではない? 単に「LINEが苦手」な可能性も

 女性と比べると、「LINEが苦手な男性」って多いんですよね。そんな男性の場合には、脈なしだと決めつけるのは早いかもしれません。以下のようなLINEが送られてきたら、要経過観察で様子を見てみましょう!

1. 会話が盛り上がらない

 LINEでいろいろな話題を振っているのに、会話が盛り上がらないことってありますよね。そもそもLINEなど小まめに返信するのが苦手な男性にとっては、そういった他愛もない話は「会って話せば良い」と思っている可能性もあります。

 LINEの返信には期待せず、デートの約束を取り付けて、相手のリアルな行動から気持ちを探るのが良いでしょう。

2. 返信がスタンプのみ

 こちらが送ったLINEに対して返信がスタンプだけだと、素っ気なさを感じてしまいますよね。でも、この場合にはあまり心配する必要はないかもしれません。

 もちろん、社交辞令でスタンプを送っている可能性もありますが、そもそも「返信をしよう」という気はあるはずです。また、単純に文章が苦手だから、スタンプでコミュニケーションをとろうとしているだけかもしれません。

 こちらもスタンプで返したり、短く返信しやすいLINEを送るようにして、相手にプレッシャーを与えないようにしてあげましょう。

3. 返信がいつも遅い

 せっかくLINEを送っているのに、いつも返信が遅いとヤキモキしてしまいますよね。LINEが苦手な男性にとっては、あなたが恋愛対象だとしても、返信の文章を考えることはそれ以上に面倒なことなのです。でも、時間が開いてもきちんと返信をしてくれているのであれば、脈なしと決めつけるのは早いです。この場合にも、直接会って男性の反応を見てみると良いと思います。

恋愛対象外から本命になるには「深い関係性を作ること」!

LINEに一喜一憂するよりは…(写真:iStock)
LINEに一喜一憂するよりは… (写真:iStock)

 まるで恋愛対象外の人に送るようなLINEが届いても、恋が終わったわけではありません。LINEだけで恋愛をするのではなく、まずは会って関係性を築いていくことが大切。

 目を見て、声を聞いて、表情を見て「脈あり」と感じたなら、いくらでも挽回の余地はあります。LINEばかり気にせず、リアルでの素敵な恋愛を目指してくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ